人のモチベーションを下げる上司の言動への対処法9選を管理職が解説

モチベーション
「普通に話せばいいものを、わざわざモチベーション下げる言い方しなくても・・」

「上司の仕事は管理やチームワークを良くすることじゃないの?」

「とにかく自己中、気分屋、都合の良いように記憶がすり替わってやる気失せる」



このように上司の言動や行動にモチベーションが下がっている人も多いのではないでしょうか。




「その言い方でやる気でないでしょ」と精神的に疲れてしまう上司も事実存在します。




そこで本章では管理職がお勧めする人のモチベーションを下げる上司の言動への対処法9選について解説していきます。




さらに職場で仕事のモチベーションを下げる上司がいることで起こる2つの弊害も紹介しているので、参考にしてみてくださいね。



スポンサーリンク



人のモチベーションを下げる上司の言動への対処法9選を管理職が紹介!



結論から言うと、モチベーションを下げる上司の対処法はポジティブな事柄に変換することです。



ネガティブな発言同士では何の生産性も生みだしませんし、自分の仕事がしやすい環境を整える上でも上司を上手に使うことが重要です。



そこで本章では管理職がお勧めする!人のモチベーションを下げる上司の言動への対処法9選について紹介していきます。



以下の順に沿って解説していきます。


  • それって意味あるの?
  • 前にも言ったよね
  • 前例はあるの?
  • 〇〇はできてるのにどうして?
  • いやー面倒くさい
  • 責任取るのはこっちだからな
  • この会社ダメだなー
  • 仕事なんだからやれ
  • 昔は〇〇だったのに今の人は




言われたことあると感じている人も多いでしょうから、ぜひ対処法を覚えて実践してみてくださいね。



それって意味あるの?


今回のプロジェクトを成功させるために、企画を考えてきたので確認お願い致します。


どれどれ、全然だめだね、このやり方意味あるの?もっと真剣に考えなきゃ。



悩んで考えてきた提案書や企画書も「意味あるの?」と一言で無下にされた気持ちになりますよね。



中身の質にも問題があるケースはあるかもしれませんが、上司であれば具体的な改善案を提示してほしいもの。



そして「意味あるの?」はそこまでの過程全てを否定することになってしまいます。




提案書や企画書の内容は「結果」のためダメ出しも必要かもしれません。



ですが、そこに至るプロセス、過程に対しては評価をしてあげてほしいものです。



相談を持ち掛ける際に、「メリット」をきちんと相手に提示しましょう!




結論から話すことで、やる意義をイメージしながら聞き手も反応が変化していきます。


前にも言ったよね


申し訳ありません。先方と確認したはずなのですが、問題が起こっておりまして・・・


だから前にも言ったよね?何で同じことを繰り返せるの?


もはや恐怖しか生まれませんね(笑)



確かに怒られるようなことをしている人にも問題はあるかもしれません。



ですが、「前にも言ったよね」と過去のことを言われ自分を振り返ると自己肯定感が下がり何度も同じミスを繰り返してしまうことに繋がりかねません。



しかもこの手の上司はストレス発散のためのはけ口にしていることも。








ミスしたくないなと思うときほどミスしてしまうのは不思議なものですよね。



前回教えてもらった〇〇は実践したこと、その上で何が足りなかったのか質問してみてください。




教えられたことができていなかった場合は、腹が立つかもしれませんが事実として自分の非を認めて陳謝しましょう。



そして「一度確認したことで申し訳ありません、きちんと対応したいのでもう一度教えてください」と質問してください。



上司の指示通りに行動して、問題が起こるようであればそれは上司の指示が適切でなかった証明になります。


前例はあるの?



部下が何かに挑戦する際に上司が「前例があるの?」と後ろ向きで反対にも聞こえる意見を述べてくるケースがあります。





新しいことへの抵抗感があって、ミスでもされたら自分の評価が下がるから想定できることだけ実行したい保身型の上司もいます。



裏を返せば会社の成長を願っていない、安全な場所にいたいことにも繋がりますよね。




同じことだけ繰り返して競合他社に勝てれば誰も苦労しませんから。



このように損をしたくない上司に対しては以下のポイントが有効的です。



社内でこれまで前例のなかった事業を調べてみてください。

そして前例がなかったことに挑戦したことで、成功している事例を上司に伝えていきます。




「それはそれ」と頑なに拒んでくる場合にはリスクがどのくらい少ないか、数字で語りましょう。



夢物語やロマンを語って納得するタイプではないので、客観的な根拠をきちんと伝え上司にどのくらいの恩恵が見込めるのか把握させていきます。



「これは旨い話かも」と分かると、コロッと態度を変えて飛び込んできますよ(笑)



張り合う必要はなく、上手にこちらのレールに乗せちゃいましょう。


〇〇はできてるのにどうして?



同期や社歴が近い人間と成果を比べる上司、嫌ですよね。







私の会社でも「あいつは契約取ってきてるのに、同じ年数働いていて何でお前は契約取れないんだろうな」と嫌味な上司は存在していました。



自分でも後ろめたい気持ちがあるのにわざわざ追い込む必要どこにあるの?と目を疑う光景でした。



結果ではなく成果が出ないやり方にフォーカスして指導してあげないと、改善できるものを責めても成果は生まれません。



もし同じように人と比較されてモチベーションが下がっているのであれば以下のように対処してください。



少し黙った後、「〇〇さんは流石ですね、見習って追いつけるよう精進します」と伝えましょう。




少し黙ることで「あっ、マズいこと言ったかな?」と思わせることができます。



比べられるのは嫌ですと素直に伝えられればいいですが、成果が出ていない後ろめたさもあるので言いづらいですよね。



同じ温度感で対応すると、火に油を注ぎかねませんので大人の対応がベターです。



いやー面倒くさい


はぁー、この仕事面倒くさい、だるい、やりたくないなー



このように独り言でネガティブワードを連発している上司いますよね。



聞きたくないのに聞こえてきますし、上司がこんな調子では部下も悪影響です。



この手のタイプの上司はかまってちゃんが多く仕事に意味が見出せていません。




そしてネガティブワードを黙って聞いていては部署内の雰囲気が悪くなるばかり。




かと言って上司は注意しづらい、ですのであえて以下のように突っ込んでいってください。



企画書などあれば修正や確認の依頼をするなど、現在取り組んでいる仕事の質問や上手くいく方法について相談しに行く。




どこかで自分は頑張らなくてもいいスイッチが入っている上司ですから、こちらから仕事の流れに巻き込んでいきます。



部下が頑張っているのに手抜きに思われるのは恥ずかしいですし、もっと上の人に報告されたら困るでしょう。



仕事をやらなければいけない状況を演出し、やらなきゃスイッチをこちらから押していきます。



責任取るのはこっちだからな



何かミスをした際に「責任を取るのは私なんだぞ」と圧力をかけてくる上司もいます。



「いやいや責任を取れるから上司なんでしょ」と言いたいところですが(笑)



ミスをしたときのことが頭によぎってしまい委縮してしまう人もいるでしょう。









「この人は自分の評価の事しか考えていない」と自分が大事にされていないことに孤独感さえ覚えてしまいます。



このようなネガティブワードには以下のようなポジティブワードで返して状況を好転させましょう。



「ミスしてしまい申し訳ありません。ただ・・〇〇部長がいてくれる安心感で新しいことにも挑戦でき、今回の失敗を次に活かしていきます」




相手を立てながら、反省の意を示しているのでこれ以上責めることは自分の立場を悪くします。



そして「あなたが上司でいてくれて良かった」と伝わって嫌な気持ちになる人はいません。



なぜなら上司は普段から褒められることは少ないからです。



「そんなこと言いたくない」と思われる方もいるかもしれませんが、自分が仕事しやすい環境を作るために上手に利用していけばいいのです。



この会社ダメだなー


この会社にいても未来ないなー、終わってる。


業績が悪くなるのも時間の問題でしょ。


このように勤め先の会社に対して愚痴や批判的な発言を口にする上司もいます。



何年か先の未来の人が、そのような発言をしていたら不安になりますし転職すら考えてしまうぐらいやる気も削がれるというもの。



なぜそのような発言に至るかと言うと、自分の思い通りになっておらず納得いかないことに対して感情のコントロールができていないからです。



そんなこと言ったってやるしかないと思えているのは案外、部下の方かもしれませんね、



「何言ってるんですか、〇〇部長がいるじゃないですか!さぁ今日も仕事しましょう」




このように私たちはあなたを頼りにしていることを伝え、話をすぐにすり替えましょう。




最もやってはいけないNG行動は同調して会社の愚痴や批判をすることです。




ネガティブな発言をしたところで状況が良くなるわけではありません。



それなら「これだけ結果を出したから言わせてもらいますが」の方がよっぽど格好いいですし、あなたのためでもあります。



なぜなら優秀な社員を手放したくない会社はあなたの意見を尊重するからです。



仕事なんだからやれ



部下がやりたくなさそうな発言や表情をしている時に説得するため「仕事なんだからやれ」と命令をする上司いますよね。



「仕事なんだからやれ」は部下にとって都合の言い訳にしか聞こえてきません。



  • 自分がやりたくない仕事だからって押し付けてくるなよ
  • あーブラック企業お決まりの正当化が始まったな
  • 自分の苦労を人に押し付けるな



たった一言で部下をこのように感じてしまうでしょう。



ただ仕事をきっぱりと断ってしまうと「やる気がない」「根性がない」と精神論に持っていかれます。



出来ないというだけでは生産性がない議論になってしまいまるからね。



自分の意見+なぜそれが必要なのかを上司に質問しましょう。




その仕事がどのように利益に繋がるのか、教えてもらってください。



具体的な例が上がらないことも含めて、改善案を用意することも忘れずに。



大事なことは「できない」ではなく「どうしたら良い仕事に繋がるのか」です。



やっちゃいけない!部下をモチベーションを下げる・やる気を奪う上司の6つの行動



本来、部下は気にかけてもらえるだけで「大切にされている」「期待してくれている」とプラスの感情が働いていつもより頑張ってしまうものです。



ですが、上司のある行動で部下のやる気が失われることも。



本章ではやっちゃいけない!部下をモチベーションを下げる・やる気を奪う上司の6つの行動について徹底解説していきます。


  • 人前で必要に責める
  • 話を最後まで聞かずに指示する
  • 立場によって接し方が違う
  • 業績悪化を部下のせいにする
  • 役職を利用して圧力を与える
  • 方向性や発言に一貫性がない




管理職で部下の指導をされている方は最後まで読むことをおすすめします。


人前で必要に責める



わざわざ人前で説教や叱責をして権力を誇示する上司もいます。



周りの人に見られながら怒られたら恥ずかしさと虚しさでモチベーションも下がりますよね。




「何かミスしたら皆の前で怒られる」と部下が感じてしまうと、価値を高める仕事ではなく「怒られないための仕事」に変わってしまい良い成果に結びづらくなるでしょう。



さらに心が委縮してしまうと、正しい判断能力も低下しかねないため心身共に部下を潰しかねません。


話を最後まで聞かずに指示する



部下が上司に仕事の相談を持ち掛けた際に「何が言いたいの?結論は?」と発言をされたらネガティブな感情を抱いてしまうことにも繋がります。



話の内容によっては「時間もないんだからもっと情報を整理して話を持ってこい」と怒られかねません。



話を最後まで聞かずに遮ってしまうことで部下が感じる感情は以下のようなことがあります。


  • 基本的に自分の話に関心、興味がないんだろう
  • 話術がない自分にガッカリする
  • またダメだしするんだろうな、話に行きたくない
  • 結局否定するのかよ、話していてやる気失せる




結局、話を遮ってしまうことで部下は当然のごとく委縮して仕事に邁進できませんよね。


立場によって接し方が違う



自分より立場が上の人と話すときだけペコペコして、ごまをすっているのに部下の前では強気できつい言い方ばかりしていたら萎えますよね。



このように自分より立場が上・下で判断して接し方を変える人を見るとモチベーションが下がります。





不公平な態度を見ると「あの人何なの?」と猜疑心迄生まれてしまうもの。



何かあった時に自分に不都合が生じるようであれば助けてくれないんだろうなと部下は不安になります。




誰にでも公平で、気にかけてくれる上司であれば見ていてくれている安心感でやる気が上がることもあります。


業績悪化を部下のせいにする



部署内が思ったような成果が出なかった際に「君のあの仕事のせいで目標に届かなかった」と部下のせいにする上司にはついていきたくないですよね。



基本的に部署の成果が出ない責任を取らなければならないのは上司の役割です。



「私の指導が至らなかったがために、目標に辿り着けなかった」と矢面に立って部下を守る姿に「この人のためにも頑張ろう」と思えるものです。



この人は肝心な時に見捨てる人と部下から慕われなくなったら誰も頼りにしませんよね。




役職を利用して圧力を与える



自分の立場を利よして権力や力づくで部下を従わせようとする上司では、士気が下がるでしょう。




「今回の企画なんですが、〇〇のようにやりたいんですけど」と相談しに行きますよね。



そこで「そのやり方はいいから。君は私が考えたこの方法でやってくれればいいから」と言われたら考えるだけ無駄と雰囲気も悪くなります。



このように圧力で押し付ける上司は仕事を円滑に進めたいのではなく「忠実な駒」として部下を判断している可能性が高いでしょう。



会社は個人ではなく組織で取り組むもの、上司の指示一つで仕事の質が良くも悪くも変わってしまうのです。




またイライラしながら圧力をかけてくる上司の心理について以下でまとめているので、参考にしてみてくださいね。




方向性や発言に一貫性がない



指示が二転三転する、進行していた仕事をひっくり返してくる上司いますよね。



「もぅ気分で仕事しないでよ・・・」と一貫性がないと部下の士気も下がるというもの。




指示された仕事に対して部下も予定やスケジュールを組んでいるわけですから、乱されて仕切り直しになったら「計画性がない」とため息も出てしまいますよね。



さらに「どのやり方が正解なの?」と方向性を見失いかねません。



このような上司は論理的な判断基準が定まっておらず、その場しのぎの仕事でここまで来ているので周りの人間が振り回されていることに気が付かないのです。


昔は〇〇だったのに今の人は



「自分たちのころはもっと大変だった、今の人たちは随分楽してるのに何でできないんだろうね」と過去の話を持ち出してくる上司には困りますよね。



何年も何十年も前の話をされて、反応もしづらいですし言われたところでやる気が出るものでもありません。



過去の事象にフィルターがかかっていると、今頑張っている部下と向き合えているとは言い難いでしょう。


上司になると人に褒められなくなりますから、褒めて欲しい気持ちの表れなのかもしれませんね。


職場で仕事のモチベーションを下げる上司がいることで起こる2つの弊害



モチベーションを下げる上司がいると自分のいる会社は大丈夫なのだろうかと心配になってしまう方もいるでしょう。



続いては下記の職場で仕事のモチベーションを下げる上司がいることで起こる2つの弊害について解説していきます。



  • 離職率が高まって社員が不安になる
  • 生産性が落ちて会社の利益が減る


離職率が高まって社員が不安になる



モチベーションが下がると「自分はここにいて何がしたいんだろう」「もっと他に良い職場があるのでは」と退職する社員も出てきます。



一人退職する社員が出てくると連鎖するように我慢していた他の社員も辞めていくケースは珍しくありません。



そして次第に「この会社、離職率高くないか?」と「守ってもらえない会社」と不安になり始めてしまいます。



誰しもストレスを感じたまま働きたくはありませんし、ましてや尊敬できない上司と一緒に仕事をすることは勿体ないと感じる人もいるでしょう。



モチベーションを下げる上司がいると、優秀な社員を手放してしまうことに繋がるのです。



生産性が落ちて会社の利益が減る



社員のモチベーション・やる気は会社の業績に関わるもの。



意欲が高ければ自発的に行動し、生産性も高まります。



ですが、モチベーションが下がっている会社では「頑張ったところで・・・」と言われたことだけ最低限こなすような社員ばかり生まれてしまいます。







そして会社の利益が下がれば貰える給料や賞与にも影響が出てくるということ。



モチベーションが下がることによって自分事ではなく他人ごとに捉えてしまい、その影響は他の社員にも及びます。



腐ったミカンではないですが、ネガティブな感情は伝染していくものです。


上司はモチベーションを上げることが本来の仕事!良い上司の3つの判断基準とは



そもそも論として上司がどうして部下より高い給料を貰えるかと言うと「部下がやった仕事の責任」を取るからです。



同時に「部下を指導する」という立場があるから上司と言えますよね。



このようにモチベーションを下げる上司は本来の役割を見失っている可能性があります。



良い上司の3つの判断基準は以下の通りです。


  • 良い上司が持っている能力
  • 良い上司の条件
  • 良い上司か確か



良い上司が持っている能力



上司は以下の能力を兼ね備えていなければなりません。


  • 誰に任せるべきなのかを的確に指示できる=マネジメント能力
  • 部下が働きやすくなって組織に利益を還元する=環境配備



もしあなたが「やって覚えろ」などと教育、指示を放棄する上司に出会っているのであれば危険信号です。



やりながら覚えるのであれば、上司はいりませんからね(笑)



無責任で行動で示してくれない、働いていない上司の元で働いても得られるものは少ないでしょう。



良い上司の条件



さらに良い上司の条件の一つとして間違ったことを部下が指摘してもきちんと認めてくれることです。



人間なので完璧な人、ミスをしない人はまずいませんよね。



そして自分の判断ミスを認めらえない上司はいつか部下を疲弊させてしまいます。



良い上司はアンテナの感度も高いため、認めるからこそ行動や言動が変われるものです。


良い上司か確かめる方法



もしあなたが「この上司大丈夫かな?」と心配であれば、上司の考えの上をいく発言をして上司の反応をテストすることも一つです。



上司の発言や行動よりも正当性があった場合、認めてくれるのが良い上司です。





「私の方が上なんだから私の言うことを聞きなさい」とコントロールしてくる上司とは正反対ですね。



そして部下が意思決定できると分かり、自分の考えた方法で成果が出るとモチベーションが勝手に上がっていくものです。



また大事なことはどこの会社で働くのではなく「この会社で何をしたいか」です。




上司はどこに会社にも存在しますし、良い人もいれば悪い人もいるでしょう。



上司によって仕事のパフォーマンスが左右されるのではなく、自分で切り開く力を身につければどこにいても成果を出せて評価が得られますよ。



スポンサーリンク
スポンサーリンク




まとめ ~ストレスを力に変える考え方が大事~



以上、人のモチベーションを下げる上司の言動への対処法9選について様々な情報を解説していきました。



そしてモチベーションを下げる上司へのストレスによって委縮してしまい、普段ならしないようなミスを連発してしまい落ち込んでいる方も少なくありません。



強く注意されたこと、言われたくないことに対するストレスを力に変えられないと失敗やミスを増やしてしまうことに繋がってしまいます。




ストレスをネガティブに捉えてしまてしまう前に、ストレスの先にある成長に目を向けましょう。





まず自分にストレスがかかったら身体の反応を認識してください。


  • 心臓がキューっとなる
  • 胃がキリキリしてくる
  • 変な汗をかく
  • 耳がキーンとなる




このように自分の大事な何かが脅かされたときに身体に変化が現れます。



そして、どうでもいいことに対しては何も感じませんよね。



つまり脅かされている大事な何かについて考えることが大切です。



そしてストレスから自分の大事なものが分かったら、これを守るために今この瞬間にどんな行動がとれるのかを考えてみてください。




さらに、ここからは守るための行動をスタートしていきます。



このように傾向と対策が意識することでストレスを力に変えていきましょう。



他人に話して相談しても、それは一時的な回復にしかつながりません。




自己判断、自己防衛能力を身につけることでモチベーションを下げる上司とも上手な付き合い方ができるでしょう。


コメント