転職後に仕事ができない人の特徴と仕事ができない中途社員への接し方とは

転職活動
「転職してきた新しい人が仕事ができない人なんだけど、どう接したらいいの?」

「転職後に仕事ができないとレッテル貼られる人の特徴は?」

「中途採用者って即戦力じゃないの?」


このように転職してきた新しい人に悩んでいるかもしれません。


特に思った以上に仕事ができない人との接し方をどうしたらいいのか、悩んでいる方も多いかもしれません。


そこで当記事では転職後に仕事ができない人の特徴と年齢別の仕事ができない中途社員への接し方を徹底解説していきます。


また転職後に仕事ができない人がやりがちな行動も紹介しているので参考にしてみてください。


スポンサーリンク



転職後に仕事ができない人の5つの特徴を紹介

結論から言うと転職後に仕事ができないと思われる仕事の原因はその姿勢から感じ取られます。


実際に仕事に慣れる前に「仕事ができない」レッテルを貼られてしまう人もいるでしょう。


それでは具体的な転職後に仕事ができない人の5つの特徴について下記を紹介していきます。

  • 自発的な行動が見られず主体性がない
  • 新しい会社の社風やルールに適応しようとしない
  • 過去の経験に頼って相談・意見を求めない
  • 周りと連携が取れないコミュニケーション力
  • 入社前の想像と入社後のギャップに苦しむ


自発的な行動が見られず主体性がない


自ら進んで考え行動できない、言われたことだけやっている中途社員は評価されづらいでしょう。


「あの人言わなきゃ仕事しないし、聞きにも来ないし何なの?」と動かない人は悪い方向で想像されてしまうのが正直なところ。


仕事は与えられるものではなく、生み出して価値を作る・高めるもの。

自分から提案する、必要な情報を取りに行くなど主体的な行動が必要です。


こういった経験値を高めていくことで信頼されて、大きな仕事を任せてもらえるようになっていきます。


ただそこにいるだけの人は自然と周りからも距離を置かれ放って置かれてしまうでしょう。

新しい会社の社風やルールに適応しようとしない


転職後の会社は前職と異なる社風やルールが存在します。


環境が変われば人も変わりますし、その人たちが形成する社風やルールに合わられないと仕事もスムーズに捗りません。

歩み寄ろうとする姿勢が見らずにミスしてしまうと「何しに来たの?」と思われてしまうでしょう。


仕事の進め方は会社それぞれのやり方がありますし、前職の経験が通用しないこともあります。


馴染もうと努力する姿が見えないと、いざという時に味方になってもらえませんからね。

過去の経験に頼って相談・意見を求めない


前職の経験だけに頼ってしまい、転職先の職場で相談・意見を求めない人はやはり問題を起こしたりミスをします。


過去には「これで通用した」と思えることも、転職先では通用しないことも多々あるからです。

自分のプライドを優先して相談しに来ない人と思われると良い情報を得れる可能性が減っていきます。


確かに過去の経験が必要になってくるシーンもあるでしょう。


ですが、今求められていることは転職先の会社のやり方でどのように成果を出すか。


ある程度、周りから受け入れてもらえて初めて自分なりの仕事の進め方が受容されていくものです。

周りと連携が取れないコミュニケーション力


コミュニケーションが取れていないということは相手もあなた自身を知る機会を失ってしまいます。

  • あの人は何を考えているのか分からない
  • みんなと距離を取って何がしたいんだろう
  • 話す機会も少ないから仕事の進行状況が掴めない


上記のように思われてしまうと、何かあった際に誤解を招きやすくなってしまいます。


人となりが分からなければ、周りは憶測や想像で勝手にその人を評価するため悪い噂が立つこともあります。


ミスした時にサポートしてくれる人がいなければ、問題は収束せず広がっていく一方です。


入社前の想像と入社後のギャップに苦しむ


「こんなはずじゃなかった」と歩みを止めてしまう人ほど、仕事ができません。


何かしら入社後はイメージとのギャップがあるにせよ、目の前に起きていることには真摯に対応していかなければなりません。


でないと、周りからは「適応力がない」「やる気がない」「成長する意思が見えない」とレッテルを貼られてしまうでしょう。

転職後、仕事ができない人の特徴的な5つの行動とは

仕事ができない人ほど、自分を大きく見せたり、できる風を取り繕うのに必死な人が多いです。


これから解説するやりがちな行動をしている人がいたら要注意。


それでは転職後、仕事ができない人の特徴的な5つの行動ついて下記を解説していきます。

  • わざと難しい言葉遣いを使ってマウントを取ろうとする
  • 淡々としていて身振り手振りの表現がない
  • 人よりも早く行動しようとする
  • 人が知らないような話をする
  • 気難しい表情が多い


わざと難しい言葉遣いを使ってマウントを取ろうとする


あなたの会社にも横文字のカタカナを使うのが好きなビジネスマンはいませんか。


わざと難しい言葉遣いを織り交ぜながら、仕事の話の主導権を握ろうとしているわけです。

難しくて表現をしながら、結果も伴わなかったらただの見かけ倒しです。


しかも、自分なりの表現に拘る人ほど相手に分かりやすく簡単に説明することが苦手なタイプも多いのです。


もしあなたの周りでもマウントを取ってくるがいて困っていたら、以下のまとめを参考にしてみてくださいね。


淡々としていて身振り手振りの表現がない


新しい会社でピシっとしていてちゃんとしようと思っているかもしれませんが、逆効果。


表現力が乏しい、淡々としていると相手に意図が伝わりづらいのです。


真面目過ぎる人ほど「結局何が言いたいの?」と言われている姿を見かけたりしませんか。


それに「取引先にもそのテンションで接するの?」と不安になりますよね。


特にサービス業や営業職などお客様や取引先との関係性が重要になってくる職種ほど相手方からクレームを貰うことになりかねません。

人よりも早く行動しようとする


即答で仕事の応対ができる人は仕事のできる人の特徴です。


ただ素早い行動、人より早く動こうとバタバタしている人ほど大事なことを見落としがち。


いつもバタバタしている人は計画的に仕事ができていないと思われてしまいます。


「もっと余裕を持って落ち着いて仕事をして」と周りに思われている可能性は高いでしょう。


焦っているようにも見えますし、ミスしたときによく考えて行動していないとレッテルを貼られます。

人が知らないような話をする


人が知らない話をする場合はプレゼン力、簡単にわかりやすく話す力がないと他人にとっては無駄な時間になります。

興味・関心が持てない話をだらだら聞かされるのはいい迷惑でしかありません。


「どうだ?凄いだろう?」みたいに皮肉にも見えてしまいますよね。


自分の話ばかりして人の話を聞かない人ほどやりがちな行動と言えます。

気難しい表情が多い


気難しい表情が多い人は「余裕がない人」と見られてしまいます。


渡した仕事を気難しい表情で取り組んでいる姿を見ると「この仕事も大変なの?」と思いますよね。


しかも気難しい表情で真面目風を装っているように見えますが、周りが近づきたがらないので教える人も徐々に減っていきます。


いくら経験値があったとしても新しい会社のやり方を覚えるのに時間がかかってしまって「使えない」認定されてしまうでしょう。

転職後、仕事のできない人を受け入れてあげる環境作りも大事!


転職後の中途採用者に即戦力を期待する気持ちも分かりますが、すぐにできてしまう人の方が稀です。



新しい環境に飛び込む、既に出来上がっているコミュニティに入るのは勇気がいりますよね。


在籍している人は職場に慣れているからいいかもしれませんが、入ってきた人は毎日が新鮮且つ緊張の連続。


「新しく入ってきた人なんだけど」と否定することは簡単です。



ですが、その人が活躍できるような場所を整えてあげることも在籍社員の仕事ですよ。

転職後の中途採用者を受け入れてあげる環境作りにも目を向けてあげてください。


他人に原因を求めることは、いわば足を止めて考えない行為。


これから共に働く仲間として長く勤めてくれるほど、会社にも社員にもメリットはありますよね。


ただでさえ人手不足で仕事量ばかり増えて給料が上がらない世の中です。


負担を減らす、利益を増やして給料も賞与も増えた方が幸せになる人は増えますよ。



多くの方が間違っている部下の指導法
について、以下でまとめているので参考にしてみてください。


仕事ができない中途社員の接し方を立場別に徹底解説!


それでは具体的に仕事のできない中途社員の方にどのように接すればいいのか、確認していきましょう。


内容は下記の通りです。

  • 中途採用が年上の場合
  • 中途採用が同い年の場合
  • 中途採用が年下の場合



次節より一つずつ詳しく解説していきます。

中途採用が年上の場合


一見扱いづらいように見える年上の人ですが、経験や知恵があります。


そして年上というプライドもありますから、そこを上手に転がしてあげることがポイント。


「こういうときは今までどういう風に仕事を進めてましたか?」と頼ってあげるベースは年上の方も嬉しいものです。


それに年齢は上でもどこかで指示をしなければならない瞬間も訪れます。


あとは「流石です!」と褒めることもポイントと言えます。


きちんと従ってくれるように自尊心をコントロールしてあげるコミュニケーションが良いでしょう。


中途採用が同い年の場合


一番近しい存在で仲良くなれることもあれば、ぶつかることが増えるのが同い年。


こっちはため口であっちは敬語という世界線で仕事をしているのでフラストレーションも溜まるかもしれません。

指示ばかりするのではなく自分で意思決定するように導いてあげましょう・


自分で決めたこと、約束事を守りたいのが人間の本質です。


「こうして!」ではなく「どうしたい?」と聞いてあげることで、その人を尊重することにも繋がります。

中途採用が年下の場合


年下となるとあれやこれやと言いたくなる気持ちもありますが、場合によっては拗ねてしまいます。



こじらせてしまうと厄介ですし、やらされている感を持たれては成長の速度も遅くなります。

ある程度の裁量権を渡して、本人に仕事の責任感を持たせましょう。


そして相談する・報告するというルーティンワークを作って信頼関係を築いていくとこちらの話も受け入れやすくなるでしょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




まとめ ~中途採用でも活躍できる人は〇〇な人~


以上、転職後に仕事ができない人の特徴について様々な情報を解説してきました。


とはいえ、では転職後に仕事ができる人とはどんな人なのでしょうか。

中途採用でも活躍できる人は「愛想のよい人」です。


理由は愛想のよい人はミスが許されますし、頭も良く見えます。



志望理由や企業研究はみんなしてきますし、面接側も同じことを聞き続けますよね。


選ぶ側も全てをその瞬間に把握することはできませんし、ニコニコして愛想のよい方であれば会社でもうまく立ち回ってくれると思うのです。


人からの「愛され力」こそが最も転職先で必要な能力かもしれませんね。

コメント