転職する勇気が出ない、転職したいけど怖い人がすべき2択の解決法

転職活動
「次の職場が合うかどうか不安で、転職する勇気が出ない」

「気になる会社の応募締め切り日が近いのに応募する一歩が踏み出せない」

「誰か転職する勇気を持つ方法を教えてください!」


このように今の職場を離れたいのに、中々行動に移せず日々が過ぎてしまっている方も多いのではないでしょうか。


今の環境や立場を捨てて、新しい環境に飛び込むには勇気がいるものです。


そこで当記事では転職する勇気が出ない、転職したいけど怖い人がすべき2択の解決法について徹底解説していきます。

さらに転職に踏み切る勇気が持てたらやるべき3つの準備も紹介しているので、転職を成功させたい方は参考にしてみてくださいね。



スポンサーリンク



転職する勇気が出ない、転職したいけど怖い人がすべき2択の解決法を徹底解説!

転職の勇気が出ない人ほど「失敗」「後悔」など転職をネガティブに捉えます。


特に転職後に「後悔するかも」という不安が歩みを止めてしまうため、後悔を上手に使うことで不安を解消できます。


それでは具体的な転職する勇気が出ない、転職したいけど怖い人がすべき2択の解決法について下記を解説していきます。

  • 転職した場合の「後悔」を想像する
  • 転職しなかった場合の「後悔」を想像する
  • 転職した・転職しなかった場合の「後悔」を比較する


転職した場合の「後悔」を想像する


やるべき2択の一つ目は「転職した場合の後悔を想像する」です。


転職したことで後悔しそうなことを考えてみてください。

  • 前の会社の方が人間関係が良くて和気あいあいとしていた
  • 今までは好き勝手できたけど、マニュアル通りの仕事しかできない
  • 収入が前職よりも下がって、社風が合わない


転職したことで過去に執着したくなるほどの後悔を感じるでしょうか。

転職しなかった場合の「後悔」を想像する


やるべき2択の二つ目は「転職しなかった場合の後悔を想像する」です。


転職しなかった時に後悔しそうなことを考えてみてください。

  • 新しい自分に出会えたかもしれない
  • もっと成長してスキルが身に付いたかもしれない
  • 不満を抱えたまま仕事をせずにいれたかもしれない


転職しなかったことで未来の希望を失うほどの後悔を感じるでしょうか。

転職した・転職しなかった場合の「後悔」を比較する


ここまで確認してもらった2つの後悔がありましたね。

  • 転職した場合の後悔
  • 転職しなかった場合の後悔


あなたにとってどちらの方が後悔の念が強いでしょうか。


もし転職した場合の後悔が強いのであれば、今の会社で頑張り続ける選択も一つです。


一方で転職しなかった場合の後悔が強いのであれば、今の会社から離れた方が良いでしょう。


このように転職の勇気が出ないのであれば、「後悔」を比較して決めていけば進むべき方向性が見出せます。

転職する勇気が出ない、転職したいけど怖い5つの心理とは

「不安・心配・後悔」など未来に対してネガティブな情報が頭をめぐると一歩踏み出すことは恐くなっていきます。


では具体的な転職する勇気が出ない、転職したいけど怖い5つの心理について下記を解説します。

  • 転職先がちゃんと決まるのかという不安
  • 同じ問題に悩まされるのではないかという恐怖
  • 今の立場、役職を捨てる価値があるのかという心配
  • 家族の理解が得られないかもしれないという疑心
  • 自分の人生はこんなものという諦め


行動できずに悩んでいる方は客観的に確認していきましょう。

転職先がちゃんと決まるのかという不安


転職活動は自分でどのように納得できるかどうかです。


転職の条件が決まり、満たされている会社を受けたとしても必ず採用されるわけではありません。


特に資格もない、実績もない、能力もない、スキルもないと自覚している方ほど、次の転職先が決まるかどうか不安になってしまうもの。


選べる選択肢が少なくなればなるほど、限られた中で勝負しなければなりませんからね。


そしてネックに感じるケースが多いのが「年齢」です。



未経験業種であれば年齢を重ねて人件費がかかる社員より、若くて人件費のかからない人材を採用したがります。


確かに年齢は一つの線引きにはなっていますが、「絶対」ではありません。


結局諦めるかどうかは自分次第、本気になってみると相手の受け取り方も変わりますからね。

同じ問題に悩まされるのではないかという恐怖


人間関係、社内環境、業務内容と様々な悩みを抱えて転職を考え始めます。

ただ果たしてこの悩みが新しい転職先で解決できるのかという不安もあるでしょう。


転職して今よりも状況が悪化したらどうしようと失敗ばかりが頭によぎってしまうのです。


求人には業務詳細が詳しく掲載されていますが、実際に働いてみると異なることは必ず出てきます。

  • また社風や上司とウマが合わないかもしれない
  • 休日出勤や残業が増えるかもしれない
  • 今よりも給料が下がるかもしれない


このように「〇〇かもしれない」を連想してしまうことで、転職に一歩踏み出す勇気が出ません。


転職に成功より失敗のイメージが強くなると、ためらってしまいますからね。

今の立場、役職を捨てる価値があるのかという心配


転職した先では既に役職に就いている、ポストがある人がいるということ。

現職である程度のキャリアを築けていたとしても、白紙からのスタートです。



引き抜きなど事前に役職が用意されているケースもあるでしょう。


ただ多くの方は中途採用者として、今までの評価はリセットしてからのスタートです。



年下の上司に気を遣う、時には叱られることもあります。


今の会社で評価を受けている人ほど、新しい環境で一から頑張ることができるのか、覚悟が試されます。

家族の理解が得られないかもしれないという疑心


既婚者、またお子さんや家族がいる方ほど、転職のハードルを高く感じてしまいがち。

  • 転職したいけど、世間体に厳しい奥さん許さないだろうな
  • 今の仕事から転職して年収下がったら食べさせていけない
  • 本当はやりたいこともあるけど、現実を考えたら安定が一番か


本人のやりたいことよりも家族が求めているのは安定したお給料でしょう。


そして、きっと話しても転職の意志を伝えても理解してもらえないかもしれないと頭の中で結論付けてしまいます。


仮に何とか家族の理解を得られて、転職が失敗したらという不安もぬぐい切れません。


自分だけならまだしも、収入が途絶えたら家族も食べていけなくなりますからね。


勇気を出したいけど、自分のやりたいこと以上に家族を考え転職をためらう人は多いかもしれません。

自分の人生はこんなものという諦め


転職したい気持ちを心の片隅に持っている人は多いですよね。


ただ「結局、自分の人生はこんなもの」と諦めモードに入っている人は妄想したまま終わるでしょう。


行動した先の「失敗」を許容することができず、失敗を恐れている人ほど一歩踏み出せません。


そもそも変化を求めず、毎日同じことを繰り返したい人もいます。


ですが、自分のことを自分で「この程度」と決めてしまった時点で成長する気がないわけです。


白馬の王子様が迎えに来ないように、未来は自己決定によって変わります。



本心は違うとしても最初からネガティブなゴールを決めていては行動擦れ起こせません。

転職する勇気が出ない、転職したいけど怖い人必見!後悔しない3つの転職マインド!

勇気ができないということは「勇気のでない思考」で物事を捉えているということ。


まずはネガティブに考えてしまう思考のスイッチを切り替えなければいけません。


転職する勇気が出ない、転職したいけど怖い人必見!後悔しない3つの転職マインドについて下記を解説していきます。

  • 何かのせいにせず、自分の意志で転職を決める
  • 何を得たくて転職を選んだのか、前向きな理由を持つ
  • 変化することが幸せになる近道と理解する


何かのせいにせず、自分の意志で転職を決める


「〇〇のせいで」と誰かのせい、環境のせいにした転職は必ず後悔します。



確かに嫌な人間関係もあれば、合わない職場、やりたくない仕事内容など理由はあるでしょう。

ただ後悔しないための転職には「前向きな自己決定」が必要不可欠です。


「もっと〇〇をしたい」「今よりも成長したい」など前向きな理由を持ち、自分の意志で転職を決めたと思うことが大切。


他人に決められたような道では、遅かれ早かれ長続きもしませんし、自主的に頑張れることも少ないでしょう。


その度に「〇〇のせい」にしてしまうと何もできなかった自分に後悔しか生まれません。

何を得たくて転職を選んだのか、前向きな理由を持つ


前途でもお伝えしたように後悔しない転職には前向きな理由が必要。


何を得たくて、この転職を選んだのか目的をきちんと理解しておきましょう。

  • 新しい環境で成長して違う自分に出会いたい
  • 数年後に実現したいことのためにスキルを身につけたい
  • 人間関係の良い環境でただただ楽しく働きたい


大きな目的でなく、身近な目的でもいいのです。


転職は逃げるためにしたのではなく、自分にとって必要なものがあったからと思えることが後悔しない方法です。


さらに逃げの転職で後悔する人がやりがちな3つの考え方について以下でまとめているので、参考にしてみてくださいね。


変化することが幸せになる近道と理解する


今の職場でやりがいや意義が感じられず、プライベートにまで悪影響が出ていないでしょうか。

  • こんな仕事をするための人生なのか
  • とにかく仕事がつまらない、この時間なんですか
  • 全然成長できている気がしない、時間を無駄にしているかも


毎日同じことを繰り返してしまうこと、変化のない日常は人生の停滞のサインです。



色々な人に出会う、新しい体験や経験を積む、違うコミュニティに入るなど変化し続けることが人生を豊かにしていきます。


転職も同じこと、今の環境で得られるものは学び切ったのではないでしょうか。


自分自身をアップデートしていくことで、新しい未来が切り開けますよ。

転職に踏み切る勇気が持てたらやるべき3つの準備

転職する勇気が出ない、転職したいけど怖い人がやるべき3つの準備とは

「よし!転職活動頑張ろう!」と思えたとしても、ちょっと待ってください。


勇気を出した転職活動を成功させる前に、やるべきことが存在します。


転職する勇気が出ない、転職したいけど怖い人がやるべき3つの準備について下記を解説していきます。

  • お金の不安がない転職活動の段取り
  • 数年後の自分を想像するキャリアプラン作成
  • 可能性を伝えるプレゼンの練習


お金の不安がない転職活動の段取り


転職活動に必要な資金がないと、納得いく転職先が選べなくなってしまいます。



おおよそ以下の3つに金銭的負担はかかるでしょう。

  • 転職活動中の生活費
  • 面接に向かうための交通費
  • 履歴書や作業時のカフェ代等


仮にスパッと会社を辞めて、転職活動を始める際に貯金を切り崩すことを想像してみてください。


転職時代もいつ決まるか分かりませんから、数か月職場が決まるまでに貯金が減っていくことがストレスに感じるでしょう。

なるべく今の仕事を続けながら転職先を納得して決めることをおすすめします。


生活費など余計な心配事がなくなれば、無理にでも会社を決める必要がなくなります。


納得した転職を実現させるためにはお金の不安がない状態が理想的ですよ。

数年後の自分を想像するキャリアプラン作成

ただ転職しただけでは、より良い自分を作り上げることはできません。

どんな風に過ごしていきたいのか、どう生きていきたいのかを想像していきましょう。


1年後、3年後と自分の将来像が描けたら、後は逆算した行動です。


1日ずつただ目標を叶えるために愚直に積み重ねてやっていくのみ。


この地道な努力こそが自分の価値を高める、また豊かな人生に向かう第一歩になるでしょう。



誰でもできる仕事のキャリアプラン作成方法については以下でまとめているので参考にしてみてくださいね。


可能性を伝えるプレゼンの練習


いざ面接を始めてみると不採用通知に落ち込みたくなる日も出てくるでしょう。



そもそも論として、たかだか数分~数十分で面接官も全てを見極めることは不可能です。


では一体何を見ているのかと言うと、基本的には第一印象で話を聞きたいかどうかが決まります。

志望動機は多くの方が同じようなことを言っている中で、差がつくことは印象が良いかどうかです。


印象には様々な種類があります。

  • 現在、在籍している社員との組み合わせ
  • 会社が大事にしている社風を体現してくれそう
  • 取引先や商談などで気に入られやすい


結局は芸能界と同じように、空席がなければその椅子に座ることができないということです。


ただ「雇ったら得だな」と可能性を見せることで状況を打破することができます。


人は可能性があると認識してから行動する生き物です。


「うちの会社で〇〇してくれそうだな」とイメージさせることが重要。


自分が商品だとして営業するような気持ちでプレゼント練習してみてくださいね。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




まとめ ~転職に一歩踏み出すために勇気の出る名言~


以上、転職する勇気が出ないことについて様々な情報を解説してきました。


転職が自分の人生を豊かにする上で選択すべき行動の一つと思えることが大事と言えます。



ただ分かっていてもネガティブに考えてしまい動き出せないという方もいらっしゃるでしょう。


最後に一つ勇気の出る名言をお伝えしていきます。



スティーブ・ジョブズはコカ・コーラの有名な経営者をappleに招く際に以下の口説き文句を使いました。

「このまま砂糖水を作り続ける人生か、それとも世界を一緒に変える人生か選びなさい」


この言葉で当時まだ認知度の低かったappleへ行くことを決めたそうです。


今の現代に置き換えて考えることもできますよね。

  • 愚痴や文句を言いながら年寄りになるまで同じ続けるか
  • 一度しかない人生で自分のやりたいことにチャレンジするか


本当に望んでいることに飛び込んでみてはじめて、様々な実感を得られるかもしれませんよ。

コメント