もう転職できない?つらい人が何が悪いか分からない原因と対処法を解説

転職活動
「求人見つけて応募すれば不採用の繰り返しで私は社会から必要ないってこと?」

「ここまで転職活動が長引くとは・・・精神的もつらいです」

「もう自分の何が悪いのか分からなくなってきた、助けて欲しい」


このように転職活動が思い通りにうまくいかず限界を迎えているのではないでしょうか。


応募や面接で対策しても不採用では何をすれば良いのか出口が見えないですよね。


そこで当記事ではもう転職できない?つらい人が何が悪いか分からない原因と対処法を解説を徹底解説していきます。

さらに転職活動の何が悪いのか分からない人の心理も紹介しているので参考にしてみてください。



スポンサーリンク




もう転職できない?つらい人が何が悪いか分からない6つの原因とは

結論から言うと、主観的に自分を見過ぎていて客観的に分析できていないから原因が掴めていないのです。


悔しい気持ちも理解できますが、一度冷静になって振り返っていきましょう。


では具体的な転職できない人の何が悪いか分からない6つの原因について下記を解説していきます。

  • 条件が偏りすぎている
  • スキルや能力とのミスマッチ
  • 割り切り力が足りない
  • 転職の目的がハッキリしていない
  • 価値観が一致した企業選びができていない
  • 自分の強みと長所を勘違いしている


条件が偏りすぎている


転職できない人ほど、希望条件が偏りすぎていることがあります。


  • サービス業なのに土日は休みたい
  • 何が何でも定時には絶対に帰りたい
  • 仕事が終わらなくても残業は一切できない


このように自分本位の理由ばかりが先行していたら、採用側は使いづらいですよね。


「だったら自分で起業したら?」となってしまいますからね。


求めたい気持ちは理解できますが、全て満足できる職場は必然的に競争率が高くなります。



譲れないポイントを厳選していくことで、転職先の選択肢は増えていきますよ。


スキルや能力とのミスマッチ


自分が積み重ねてきたスキルや能力とミスマッチしていれば採用に辿り着くのは難しいでしょう。


求人情報にも実務経験や必要な資格など必要条項が書かれています。


この場合、経歴が長い人や具体的な成果を求められるケースが多いのです。


もし実績が釣り合っていなければ、基準を満たすことは難しいと言えます。

割り切り力が足りない


転職活動においては採用数よりも不採用数の方が圧倒的に多いですよね。


何十人、何百人と受けて採用されるのは数人か場合によっては一人です。

不採用通知をいつまでも引きづって切り替えができないと、次の行動に時間がかかります。


「なんで落ちたんだ」「あんなに面接の感触が良かったのに」と終わったことを思い続けても結果は変わりません。


不採用通知で落ち込まないメンタルの改善法
について以下で解説しているので参考にしてみてください。


転職の目的がハッキリしていない


転職の目的がハッキリしていないと行動発言にもブレが生じてきます。

そしていざ面接に行ったとしても「君は何がしたいの?」となってしまうでしょう。



なぜなら会社は利益を追求する場所なので、売上が立たなければ社員を食べさせることができません。


何のためにこの会社に来て、何を成し遂げたいのかが分からないと働くイメージが持てません。


価値観が一致した企業選びができていない


企業にはそれぞれ経営者や働いている社員が作り出す雰囲気やカラーみたいなものが存在します。



「理念」であったり「社風」という言葉で求人情報に掲載されていますよね。

お互いの価値観が一致しないと一緒に働きたいという基準から漏れてしまいます。


もし仮に入社したとしても価値観が合わない企業に働き続けることはお互いにメリットがありません。

自分の強みと長所を勘違いしている


主観的に考える強みや長所と他人から見た客観的な強みや長所は異なります。



個々が理解できていないと具体例をもった話しに説得力が生まれません。

意外と自分のことを分かっているようで分かっていない人が大半なのです。



強みも長所もないけど転職したいという方は以下のまとめを参考にしてみてくださいね。


もう転職できない?つらい人が何が悪いか分からない3つの心理とは


こんなに頑張ってるのに何で転職先が決まらないんだ・・・


不採用になる理由が全然分からない。どうして?

このように転職活動がうまくいかず悔しい思いをしている人はある勘違いをしているのです。


続いて何が悪いか分からない人の3つの心理について下記を解説していきます。

  • 思い通りに行くという思い込み
  • 不採用通知を自己否定と認識
  • 失敗を反省と捉えられない


思い通りに行くという思い込み


転職活動を頑張ったから、準備したからと思い通りに行くと思い込みがあるのではないでしょうか。



あなたが頑張っているように他の多くの転職希望者も同じように取り組んでいます。

思い通りに行くと思っている人ほど、起こった出来事と向き合うのが難しくなります。


そしてみんながやっている当たり前のことを建前にしてはいけません。



期待通りの結果に繋がらなかったとしても、そこで考えを止めてしまっては次に繋がらないのです。

不採用通知を自己否定と認識


数多くの企業に応募して、沢山の不採用通知を目にすることもあるでしょう。



その不採用通知を見るたびにまるで自分を否定されたような気持ちになるのも理解できます。

ただ不採用通知はあなたを否定するものではありません。


採用時期に欲しい人材の条件は多岐に渡ります。


社内の人間と相性はどうか、求めている年齢や経験など要項は様々で能力やスキルだけでは図れないものもあるのです。


不採用だったことを引きずっても過去は変えられません。



考えても答えが出ないものは割り切って次にどんどん行動しなければ無駄な時間ばかりが過ぎてしまいます。

失敗を反省と捉えられない


転職活動をしていれば色々うまくいかないこと、失敗もしますよね。



特に面接で言いたいことが言えなかったなど予定していたパフォーマンスが発揮できないこともあるでしょう。

失敗のまま終わらせてしまうと、結局何が原因だったのか分からないままです。


きちんと失敗の解釈を変える必要があります。



失敗は上手くいかない方法が1つ見つかった、または反省点が見つかったと次の行動に結びつけるようにしなければいけません。

企業が採用に求めるたった一つの理由はコレ!

元々、面接官をやっていた立場からの意見として不採用だった人の主な勘違いは以下になります。

  • 入社の意欲が足りなかったのかな
  • キャリアプランがちゃんと説明できなかった
  • ちゃんと受け答えがスムーズにできなかった


上記のように緊張で予定していたパフォーマンスが出せなかったことを原因にする人も多いです。


ただ面接側も緊張は理解した上で話が上手だから、
志望理由が素晴らしいから採用しているわけではありません。

「この人と一緒に働きたいな」と思えるかどうかに尽きます。


恋愛でもそうですが、年収が高いから良い会社に勤めているから好きな人と付き合えるわけではないですよね。


そして現在社内にいるメンバーとウマが合うか、経営陣の好みかどうかが優先されます。



だからこそ不採用通知だからといって落ち込む必要は全くないんです。


それぞれ企業が求めているカラーに合う「人物像」に引っかかるかどうかがポイント。


大事なことは「愛想がいい」「素直そう」といった性格的なもの。


愛想が良ければ社内外でもコミュニケーションが取れますし、素直そうな人は吸収や飲み込みが早いからです。


スキルや能力を気にしている人も多いかもしれませんし、条件的に必要なこともあります。


ただ人となりや価値観が合うなど人付き合いでの選ぶポイントが比重として高いでしょう。

転職できない?毎日つらい。何が悪いか分からない人の3つの対処法!

転職活動で毎日つらい思いをしたままだと、判断力も低下するため物事の整理がつきづらくなります。


その結果、普段なら解決できることも見えなくなってしまうということです。


では具体的な転職活動でつらくて何が悪いか分からない人の3つの対処法について下記を解説していきます。

  • 期間を決めてきちんと休みを取る
  • 何がしたくて転職活動を始めたのか振り返る
  • 物事の解釈を変える


期間を決めてきちんと休みを取る


心身共に疲れ果ててしまっている状態では正常な判断能力が低下してしまいます。

困惑している顔が面接の表情や姿勢にも影響を与えているかもしれません。


効果的に休むためには期間を決めてきちんと休みを取ることが重要です。



その期間は何も考えず何もしないこと、そして楽しいと思える時間を増やしてください。


気力も体力も元に戻れば、冷静に考えて新しいヒントが浮かび上がってきます。


リセット期間だと思って徹底して休むのです。

何がしたくて転職活動を始めたのか振り返る


転職活動が長引いてくると「早く決めなきゃ」という焦りから徐々に妥協が生まれます。

転職した後の目的よりも転職することが目的になってしまうのです。


転職活動は精神的も金銭的も余裕がなくなりますから、1日も早く働きたい気持ちは痛いほど理解できます。


ただ何をしたくて転職活動を始めたのか、その原点を見失ってはいけません。



とりあえずの感覚で行う後ろ向きな気持ちで転職先が決まっても後悔しか生まれないのです。


逃げの転職活動で後悔するたった一つの理由
を以下でまとめているので参考にしてみてくださいね。


物事の解釈を変える


転職活動がうまくいかない=自分がダメなやつという解釈を変える必要があります。



基本的に人間は物事が起こった後にどう受け取るかで次の行動が決まるのです。

ネガティブに受け取ればネガティブ情報を探してしまう習性があります。


短期的に見れば転職先が決まらないことをマイナスに捉えてしまうかもしれません。



まだ自分に合う転職先に出会えていないだけと考えることもできます。


さらに数年後の自分が「あの時があって今がある」と思えるとしたら、それはポジティブな出来事に変わっていきますよね。


全ては受け取り方次第、悪い方に考えれば「何が何だか分からない」となってしまうかもしれません。

解釈を変えれば目的を見失わずに必要な行動や思考が見えてきますよ。


スポンサーリンク
スポンサーリンク





まとめ ~何が悪いか分からない人ほど注意力が散漫している~


以上、転職できない毎日つらい人が何が悪いか分からないことについて様々な情報を解説してきました。


この「何が悪いか分からない」状態に行き着いた根本を理解しておかなければなりません。

LINEやInstagram、TwitterやYouTubeなど転職活動の合間で見ていませんか。


気晴らし程度に見ているかもしれませんが、合間でやってしまうと没頭力が下がります。


要するに集中状態が保てずに注意力が散漫になってしまうのです。


その結果何をすればいいのか整理が上手くいかずに負のループに陥ってしまいます。


余計なことを考えない時間をきちんと作って、向き合う力を落とさないようにしましょう。

コメント