転職は不安で仕方ないのが当たり前?転職活動中と内定後の対処法とは

転職活動
「スキルも能力もない私が本当に転職できるのか不安でいっぱい」
「大抵不採用だと思うし、仕事が決まらない不安に耐えられないかも」
「転職活動中と内定後の不安を対処する方法が知りたい」


このように新しい環境で働きたい意欲と不安で一歩踏み出せない気持ちで揺れ動いている方も多いのではないでしょうか。


また正社員で働けるのか、自分なんかを雇用してくれるのかとネガティブになりがちですよね。


そこで当記事では転職は不安で仕方ないのが当たり前?転職活動中と内定後の対処法について徹底解説していきます。

さらに転職が不安で仕方ない方が行動に移すことを躊躇う3つの原因も紹介しているので参考にしてみてくださいね。



スポンサーリンク



転職は不安で仕方ないのが当たり前?不安は常に付きまとうものです。


結論から言うと不安は常に付きまとうもの。



ある不安を解消出来たらまた違う不安がやってきます。

不安は誰にでも大なり小なり横にいるものです。


大事なことは不安から逃げることではなく、不安と一緒に歩んでいけるかどうか。


言い換えれば不安があるからこそ行動できる、不安に飲み込まれないために頑張れるのが人間です。



仮に不安が無くなったらどうでしょうか?


前に進むための意志も意味も存在しない世界、何の喜びも張り合いもない人生はつまらないですよね。


そのため人生を豊かにするためには不安が必要不可欠と言えます。

転職が不安で仕方ない方が行動に移すことを躊躇う3つの原因とは

不安で行動ができない人の主な原因は不安が抽象的で具体性がないことです。


そして頭の中だけで想像が膨らんでいき、いつしか抜け出せなくなってしまいます。


本章ではまず転職が不安で仕方ない方が行動に移すことを躊躇う3つの原因について下記を解説していきます。

  • 転職が正しい選択なのか確証が持てない
  • 転職活動で評価してもらえる自信が持てない
  • 理想の転職先に巡り合えるか分からない


転職が正しい選択なのか確証が持てない


本当に転職しても良いタイミングや時期なのか、やっぱり3年は続けた方がいいのかとあれこれ悩んでいませんか。


転職したいと頭では思いながらも正しい選択なのか確証が持てないから行動に迷いが生まれます。


このような完璧主義者ほど転職タイミングを逃しずるずると会社に依存してしまうのです。


今まで生きて生きて「これだ」というタイミングにどれだけ巡り合えたでしょうか。


その時感じなかったとしても後から「あれがターニングポイントだった」と感じる人の方が大半です。


要するにタイミングは自ら作ってターニングポイントにして行くしかありません。



学校の授業のように困っていたら教えてくれるわけではないのです。

転職活動で評価してもらえる自信が持てない


誰かに誇れるような能力やスキルもない自分が転職活動で評価してもらえるわけないと自信を失ってしまうと不安に陥ります。

ただ能力やスキルは目に見える形あるものもあればそうでないものもあるのです。


資格などは分かりやすいスキルですが、コミュニケーションや交渉といった対人能力は目に見えません。


ですから、まずは自分自身と向き合うことから始めなければなりません。


そして他人と比較することも止めましょう、意味がありません。


強みや長所が分からなければ、近しい友人や家族に聞くことをおすすめします。


第三者から得た情報は客観的な事実が含まれます。

理想の転職先に巡り合えるか分からない


理想の転職先に巡り合える人は全体の割合の中でも少ないでしょう。


特に人気の企業には応募も殺到しますし、採用人数よりも不採用人数は何十倍もいます。

ただ世の中の多くの方が第一希望の仕事ができているわけではないのです。



興味のあることができている人は正直言って一部でしょう。


それよりも入社した会社でどのように楽しんで取り組むことができるのか、そこを見つけられる人が長続きします。

結局、つまらなくするのも面白くするのも自分次第ということです。


言ってしまえば不安は行動することでしか解消されません。


行動しなければ良い会社か悪い会社かの判断も尽きませんからね。



転職が不安で仕方ないあなたへ!今すぐ転職すべき人と現職を続けた方が良い人の違いとは


自分が転職に向いているのか、向いていないのか基準があれば知りたいですよね。


そこで本章では今すぐ転職すべき人と現職を続けた方が良い人の違いについて下記を解説していきます。

  • 今すぐ転職すべき人の3つの特徴
  • 現職を続けた方が良い人の3つの特徴


今すぐ転職すべき人の3つの特徴


今すぐ転職すべき人の3つの特徴は以下になります。

  • 既に学びたいことがない
  • プライベートに悪影響を及ぼしている
  • 仕事の頑張りと給料が見合わない


数年勤めていると、ある程度仕事をやり切った感をお持ちの方も多いはず。


そうなると「何のために仕事をしているんだろう」とプライベートにまで悪影響を及ぼしかねません。


既にこの仕事においては学ぶことは学びきったということです。

また頑張っても頑張っても給料が上がらないなら頑張る必要はありません。


報酬という評価を用意するのはあなたの仕事ではなく会社の仕事です。

現職を続けた方が良い人の3つの特徴


続いて現職を続けた方が良い人の3つの特徴は以下になります。

  • 後ろ向きな理由で転職を考えている
  • 仕事で成果を出したことがない
  • 仕事は最低限でいい、転職の目的がない


上記に共通することは「仕事で結果が出ていない」ということです。


結果が出ていない中で「つまらない」「面白くない」「やりがいがない」と判断するのは間違いです。



このような後ろ向きな転職をすると、大抵現職に出戻りをしたがりますが戻る席は残されていません。



要するに転職の目的が何もないのであれば、継続的な努力が見込めませんよね。


現職でそこそこお給料が貰えているのであれば、ダラダラ楽しく過ごすことだって幸せの一つです。


転職が不安で仕方ないあなたへ!転職活動中の3つの対処法とは

転職活動をしていると不安が具体的なものに変わっていきます。


目的を見失わないようにしっかりと不安を解消しておきたいところ。


それでは転職が不安で仕方ないあなたへ!転職活動中の3つの対処法について下記を解説していきます。

  • 得意・不得意を分析して活躍できる環境を探す
  • 転職して何を手に入れたいのかを明確にする
  • やった後悔とやらなかった後悔を比べる


得意・不得意を分析して活躍できる環境を探す


仕事で力を発揮し、活躍するためには好きなことではなく得意なことを選ぶことです。


活躍してから好きなことはいくらでもできます。


ですが、活躍できなければ選択肢すら持てないまま誰かの指示で動くことしかできません。

まずは自分の得意・不得意を理解して活躍できる転職先を探していきましょう。


得意なことや強みが分からなければ、過去にうまくいった仕事を思い返してみてください。


うまくいった共通点があるはずで、その共通点があなたの得意分野と言えるでしょう。

転職して何を手に入れたいのかを明確にする


転職活動は上手くいくことよりも上手くいかないことが大半です。


不採用通知を見る度に心が折れそうになる瞬間もあるでしょう。


「本当に転職できるのか?」
という不安に押しつぶされそうになることもあるかもしれません。

転職して何を手に入れたいのか、その目的だけは忘れないでください。



不安になると転職が目的になってしまい、本来の目的がブレてしまいます。



目的さえ見失わなければ、強い意志を持って転職活動が行えます。

やった後悔とやらなかった後悔を比べる


後悔の価値を事前に決めておくことで、不安を軽減できます。


転職する後悔と転職しない後悔、どちらがあなたにとって後悔が重いでしょうか。

「あの時〇〇をしておけば」という後悔を減らすことが大切です。


転職活動も同じように、挑戦していれば未来が変わったかもしれないということもあるでしょう。


「失敗するかも」「転職できるか分からない」など行動していないことに不安を感じるもの。


だからこそ後悔しないよう行動することで不安を解消できるのです。


転職が不安で仕方ないあなたへ!内定後の3つの対処法とは

入社後は業務内容や人間関係など会社内部のことが気になるのが本音ですよね。


入社出来たは良いものの、果たして自分に合った環境なのか不安に感じるところ。


それでは具体的な転職が不安で仕方ないあなたへ!内定後の3つの対処法について下記を解説していきます。


  • 在籍している社員に職場の雰囲気や仕事の話を聞く
  • 人間関係を見極める質問をする
  • キャリアアップの段取りを整理する


在籍している社員に職場の雰囲気や仕事の話を聞く


入社後の不安点は職場の雰囲気や業務内容に馴染めるかどうかですよね。

在籍している社員に職場の雰囲気や仕事の話を積極的に聞いてみましょう。


話を聞いてイメージして、実際に現場で感じていくことで不安が解消できます。


結果的に在籍している社員とコミュニケーションも取れますし、中途採用者は積極的な行動が求められます。

人間関係を見極める質問をする


転職時に一番不安を感じるのは社内の人間関係ですよね。



一人か二人は嫌な人もいることは理解していますが、職場内が仲が良いに越したことはありません。

職場の人間関係を見極める上で「休日に仕事仲間で出かけるのか」聞いてみてください。


数人でもいれば、仲間と呼べる人間関係を築いていける可能性が高いでしょう。


仕事の満足度は人間関係のストレスが大きく影響してくるので、仲間がいれば離職率も低くなります。


人間関係の良い職場の5つの条件
について以下でまとめているので参考にしてみてください。


キャリアアップの段取りを整理する


何かしらの目的があって転職してきたはずです。


職場に馴染むことも大事ですが、キャリアアップの段取りを整理しましょう。

  • 教育担当者に業務内容のコツや注意点を確認する
  • 過去のキャリアで活かせることが何かを明確にする
  • いつまでにどんな結果を出すか予定しておく


ポイントはどうなりたいのかを期日を決めて取り組むことです。


締切りがないといつまでもダラダラメリハリなくできてしまいます。


自ら質・仕事の質の向上を図るためにキャリアプランを作っておくことをおすすめします。



スポンサーリンク
スポンサーリンク




まとめ ~転職の不安で仕方ない!不安を力に変えるにはコレが必要~


以上、転職は不安で仕方ない件について様々な情報を解説してきました。


冒頭でもお伝えしましたが、不安は一つ乗り越えてもまた新しい不安が押し寄せてくるものです。

不安を力に変えるには不安の解釈を変換する必要があります。



不安=ネガティブに捉えるのではなく、ポジティブに変換していきましょう。


不安を感じているということは、挑戦できている、向き合えている、そして新しい自分に変わっていくということ。


解釈が変われば、不安は共に歩んでいけますからね。


コメント