転職活動の面倒くさいことから逃げると後悔する理由と対応策とは

転職活動
「転職したいのにめんどくさがりだから、重い腰が上がらない」

「履歴書も何度も書いて、面接も何回もして考えるだけで面倒くさい」

「仕事も疲れる中でどうやったら面倒くさいことを乗り越えられるの?」


このように現状を変えたくて行動したい気持ちがあるのに、現状維持に留まっている人も多いのではないでしょうか。


何かと準備することもありますし、考えれば考えるほど動けなくなるものです。


そこで当記事では転職活動の面倒くさいことから逃げると後悔する理由と対応策とはについて徹底解説していきます。

さらに転職活動が面倒くさいと嫌になってしまう5つの原因も紹介しているので、参考にしてみてくださいね。




スポンサーリンク



転職活動が面倒くさいと嫌になってしまう5つの原因とは


結論から言うと、転職活動はすぐに成果や数字として反映されないから面倒くさいと感じるのです。


上手くいく保証もない中で、メリットが明確に分かりづらいという点が挙げられます。


それでは具体的な転職活動が面倒くさいと嫌になってしまう5つの原因について下記を解説していきます。

  • 応募する企業ごとに志望動機を考える
  • 履歴書や職務経歴書の作成作業
  • 面接日の日程・スケジュール調整
  • いちいちスーツに着替えないといけない
  • 条件に見合う求人探しの連続


応募する企業ごとに志望動機を考える


転職は1社ですぐに決まるとは限らないため、数多く応募する人が大半でしょう。

応募数が多ければ多いほど、企業ごとに志望動機を考えて構成しなければいけません。


そして志望動機を考えるために企業リサーチなどあらゆる情報も必要になってきます。


「御社じゃなければ」ということが伝わる内容にしなければなりませんからね。


志望動機は簡単そうに見えて、考えて伝えなければならないため手間のかかる作業です。

履歴書や職務経歴書の作成作業


履歴書や職務経歴書の作成作業は何度も何度も同じ内容を書き続けなければなりません。


今ではWEBシートで対応できる会社も増えましたが、手書きを大事にしている企業もまだあります。

さらに自己PRのために経験したことやスキルなど、自分史をまとめなければなりません。


一度作成してしまえば使い回しもできますが、改めて自身と向き合いながら作成していく過程が大変だと感じる人もいるでしょう。

面接日の日程・スケジュール調整


現在も在職中で転職活動をしている人は面接の調整に一苦労するでしょう。


就業後の面接、休日を使った面接、合間をぬった面接などスケジュール管理に苦労します。

場合によっては面接日のキャンセルなど先方に迷惑をかけてしまう日もあり得ますよね。


別日で面接をしてもらって不採用だったら「リスケして印象悪かったかな?」と思ってしまいます。


今の仕事を調整しながら、別の仕事も請け負うようなものですから体力的にも精神的にも疲れてしまうことが増えるでしょう。

いちいちスーツに着替えないといけない


現在の仕事の出社スタイルがスーツじゃない場合、面接のためにスーツを持参しなければいけません。


会社にリクルートスーツを持っていくわけにもいきませんし、着替える場所も慎重に選ばなければなりません。

コインロッカーに入れたらお金もかかりますし、着替えはトイレなど労力もかかってきます。


スーツを運ぶ、スーツを着るを面接の度にするだけでも疲れてしまいます。

条件に見合う求人探しの連続


年齢、スキル、経験、勤務地、福利厚生、収入などあらゆる条件をもとに求人を探しますよね。

転職は採用され会社が決まるまで、条件に見合う求人を探し続けなければなりません。


場合によっては既に応募期間が終わっていることもあるでしょう。


そして新しい求人のチェックを何度もしなければなりません。


「これも見た」「またこれかよ」と同じ求人ばかり目にして、探すこと自体が面倒くさいと感じるのです。

転職活動の面倒くさいことから逃げると後悔する3つの理由とは

転職活動は面倒なことの連続ですが、妥協して転職先を選ぶと後悔する可能性が高いでしょう。


本章では転職活動の面倒くさいことから逃げると後悔する3つの理由について下記を解説していきます。

  • リサーチが足りずに条件や待遇の悪い会社を選んでしまう
  • 前職を退職した原因をまた繰り返してしまう
  • モチベーションもやる気も失いキャリアアップができない


リサーチが足りずに条件や待遇の悪い会社を選んでしまう


転職活動を面倒に感じて妥協してしまうと、リサーチが足りずに条件や待遇の悪い会社を選んでしまいます。

「面倒くさいな~」と思いながら求人を探すことは判断力を鈍らせるのです。


その結果、いつも通りの感覚なら入社しないような会社を選んでしまうのです。


もうこれくらいでいいやという妥協で選んだ会社には何かしら問題がありますからね。


場合によっては前職よりも悪い環境に身を置くことになりかねません。


前職を退職した原因をまた繰り返してしまう


転職活動を面倒に感じて妥協してしまうことで、前職を退職した原因をまた繰り返してしまいます。


例えば面接時に前職を辞めた理由について聞かれることもあると思います。

「正直に言ったら面倒になるかな」と本音を隠すことで同じ原因を持つ会社かどうか判断がつかなくなるのです。


もしあなたの転職理由が「会社に評価されない」のであれば、以下を参考にしてみてくださいん。


モチベーションもやる気も失いキャリアアップができない


もう転職活動面倒だから、とりあえずこの会社でいっか、疲れたぁ。


このような理由で転職先を選んでしまっては、モチベーションもやる気も失いキャリアアップができません。

なぜなら本来の転職目的を見失ってしまうからです。


転職活動前は希望に満ちていたであろう理由を忘れてしまい、転職することが目的になってしまうからと言えます。


面接時に感じることは一時的に解消できるかもしれませんが、長い目で見れば大きいものを失っているでしょう。

転職活動の面倒くさいことから逃げると妥協した結果で終わるだけ


転職することは沢山の準備が必要なことは、多くの人が理解されているかと思います。


そしてなぜ「面倒くさい」と感じるかと言うと以下の原因が挙げられるでしょう。

  • 一生懸命頑張ったからと言って希望通り転職できるわけではない
  • 目に見えるような成果が分かりづらい
  • 頑張りが数字で反映されるわけでもなく、誰にも評価されない


要するに分かりやすいメリットを感じづらいから面倒くさいとなってしまうわけです。


例えば100m走ってくださいと言われても「嫌だよ」としかなりませんよね。


ですが、100m先に10万円あるから走ったらあげるよと言われたら頑張るわけです。

人はそのぐらい得と感じることがあれば頑張れる生き物と言えます。



一方で「面倒くさい」と必要なことを行ったらどうなるでしょう。


当然ですが、妥協した行動には妥協した結果がついて回ります。

  • あの時頑張っていればこんなことには
  • どうしてこんな思いをしなきゃいけなんだ


誰かのせい、環境のせいではなく、全ての結果は自分のせいです。


転職は本来前向きな理由のはずなのに、これでは後悔しか生まれません。


転職活動で後悔したくない方
は以下を読むことをおすすめします。



では次節より転職活動の面倒くさいことを乗り越えるために何をすべきかについて解説していきます。

転職活動の面倒くさいことから逃げないための3つの対応策を解説!


面倒くさいことを乗り越える方法は、面倒くさいと感じない仕組みを作ることです。


面倒くさいと感じる瞬間を減らすことが一番の近道と言えます。


それでは転職活動の面倒くさいことから逃げないための3つの対応策を解説!について下記を解説していきます。


  • すぐ作業できるように環境を整える
  • 転職活動で何が手に入るのかを思い出すこと
  • 最悪の結果を想定する


すぐ作業できるように環境を整える


例えば転職活動で「PCを開く」ことすら億劫に感じる時がありませんか。


イマイチやる気が乗らない、モチベーションが上がらない時にどうしても作業をしたくなくてウダウダしてしまうこともあるでしょう。

面倒くさいと感じることほど、すぐに取り組める環境を整えることが大事です。


仮に朝のランニング前に着替えるのが面倒くさいと感じたら、寝る前からランニングウェアで寝ればいいのです。


転職活動の作業でPCを開くのが億劫、履歴書を書きたくないのであれば全てスマホで完結させることもできますよね。


いかに自分が面倒くさいと感じる動作・行動を排除して簡単にしていくかがポイントです。


転職活動で何が手に入るのかを思い出すこと


転職活動が面倒くさいと感じる心理として「すぐに結果が出ない」ことにあります。


色々な準備をしても結果が出るまでに時間もかかりますし、成果が数字にも現れないため分かりづらいですよね。

だからこそ「何のために転職活動を始めたのか」を忘れないでください。


こんなスキルが欲しい、年収を上げたいなど良い会社で働いて何かを得たいからですよね。


この欲求に面倒くさい気持ちが負けてしまっては、欲しいものも手に入りません。



段々と妥協する転職活動になるリスクだってあるのです。


数年後「あの時、面倒くさいことを頑張ったおかげで今がある」と思えるように未来の自分から今を見ていきましょう。

最悪の結果を想定する


基本的に最悪の結果に至ることはほぼありません。


転職は中途採用募集のタイミングにもよりますし、探せばいくらだって仕事もあるわけです。


ただ最悪の結果を想定しておくと、次に本当に必要なアクションが明確になります。

しかも最悪を想定していることで不採用でもストレスを感じづらいメリットもあります。


面接を受けるたびに、いちいちメンタルが落ち込んでいては転職活動が苦痛でしかありませんからね。


大事なことは上手にこなすことではなく「どうしたら失敗しないか」というリスクヘッジを行うかです。



スポンサーリンク
スポンサーリンク



まとめ ~転職活動を面倒くさいと感じるのは自分で決めてないから~


以上、転職活動が面倒くさいと感じることについて様々な情報を解説してきました。


まとめとして転職活動が面倒くさいと感じるぐらいの人は自分の意志で決められてないのではないでしょうか。

  • 会社の評価制度が納得できない、これ以上は無理
  • この仕事つまらないな、もういいや
  • 本当仕事ができない人ばっかりでやる気が失せる
  • 上司も馬鹿だし、会社の方向性も共感できないから無理


このように環境のせい、周りの人間のせいなど何かに転職の原因を押し付けていませんか。


確かに言いたい気持ちも分かりますし、悔しい思いも理解できます。


ですが、自分以外の何かのせいで決めた転職活動は意思も弱く中だるみするものです。


「新しい分社にチャレンジしたい」「もっと社会貢献を実感したい」など自分にプラスになる理由でなければ転職活動はうまくいきません。


「自分の意志で自分の動機で転職活動をしているんだ」と自己決定の気持ちを忘れないでくださいね。

コメント