仕事で大変な時に誰も助けてくれない人の特徴と対処法を管理職が解説

業務改善
「社会人、大人になると誰も助けてくれないもの?」

「誰も助けてくれないような私って無価値ですか?」

「こんなに助けてくれない会社だと思わなかったし、仲間じゃなかったと気付いた」



このように困って助けを求めているのに理不尽な思いをされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。



誰も助けてくれないと「私のことそんなに助けたくない?何が原因?」と不安になるものです・



そこで本章では管理職が仕事で大変な時に誰も助けてくれない人の特徴と対処法について徹底解説してきます。



さらに私自身、助けれもらえなかったことで気付いた3つの真実も紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク



仕事で大変な時に誰も助けてくれない人に共通する3つの特徴



結論から言うと 「強がる人」「素直じゃない人」「自分よがりな人」 は誰にも助けてもらえない傾向が強いでしょう。




結局、日ごろの自分が合わせ鏡のように周りに評価されて対応が返ってくるということです。





本章では仕事で大変な時に誰も助けてくれない人に共通する3つの特徴について下記を解説していきます。

  1. 普段から他人を助けない自分主義
  2. 一人で何でもやろうと無理している
  3. 弱みを見せられない・素直じゃない




もしあなたが「誰にも助けてもらえない」と感じているのであれば、チェックしてみてくださいね。


普段から他人を助けない自分主義



それぞれが違う仕事を担当し持ち回りのことを責任もって対応していますよね。



言ってしまえば、他人の仕事は他人のモノ、自分の仕事は自分のモノと完全に分けている方もいます。



私の勤めている社内でも、「自分の仕事以外は担当じゃないので」とハッキリ断る人がいるぐらいです。




いざその人が大変になった時に周りに言われていたことは「あなたの仕事は私の担当じゃないので」でした。




自分が言葉にしたことはそのまま帰ってくるものですね。



手伝ったり助けない人に手は差し伸べられないということです。


一人で何でもやろうと無理している



職場に一人はいますよね、意地をはって無理をしてでも一人で何でもやろうとする人。



「一人で出来るから大丈夫でしょ」と誤解されて、結局助けられません。








一方でミスを繰り返す、忘れ物をしてしまうなどあまり仕事ができない人の方が助けられているケースが多いのではないでしょうか。



例えばテストで赤点を取る生徒には補修があるように、先生も落ちこぼれの学生を一生懸命フォローします。



ある意味では仕事ができない人は周りの人間が何とかしてくれると潜在的に分かっているのかもしれません。



一人で何でもやろうとしている人は今までの経験上、一人で何とかできてきたから他人の助けについて不慣れとなってしまうわけです。



弱みを見せられない・素直じゃない



人に弱み、悩みや問題、課題を見られたくない、大丈夫じゃなくても「大丈夫」と言ってしまう方いますよね。



状況が分からなければ助けようがありませんし、言わなければ伝わらないものです。



「仕事できていると思っていたらそんなことになってたの?」なんてことは管理職の方であれば経験されていることでしょう。



部下の「大丈夫」を全て鵜吞みにしてしまうと、先に手を打てた問題が大きくなって対応に苦労することも少なくありません。



「大丈夫」しか言わない人には何がどう大丈夫なのか確認しておきましょう。




そして人は相手の弱みを見て人となりがようやく理解でき、距離感がグッと縮まります。



会社と言えど、好き嫌いで付き合い方はプライベートのように判断されるので理解者がいないと助け船も出せません。


大人になると仕事では誰も助けてくれないのが当たり前?管理職の私が学んだ3つの真実



30代、管理職のリアルな意見としては「大人になると仕事は誰も助けてくれないのが当たり前」ということです。



私自身、20代の時に「助けてくれる」と勝手に期待していましたが、周りは自分のことに必死で結局一人で解決せざるを得ませんでした。



口では良いことを言う人もたくさんいますが、行動にうつせる人は本当に一握りと理解した瞬間でもありましたね。



そして助けてもらえなかった経験から得た3つの真実について紹介したいと思います。



  • 何事も自己責任
  • 潰れないように転職の選択肢を持つ
  • ギブアンドテイクは成立しない




もし同じように助けてもらえなかったことで苦しんでいる方がいれば、最後まで読んでもらうことで気が楽になりますよ。


何事も自己責任



会社は利益を追求する組織の集団です。



言ってしまえば人生の貴重な時間を売ってお金に変えているということ。



残念ながら会社に成果を持たせられない人間は、会社にとって価値ないと判断されてしまいます。



なので、皆自分の立場や状況を守るために必死なため他人に目を向けられる人はわずかでしょう。



始めるのも自分、終わらせるのも自分、全て自己責任の精神で取り組むことでスキルや技術も磨かれます。



自分の身は自分で守れる力を持っているからこそ、他人を助けられるものです。




責任を負えないのであれば、むやみやたらに人に突っ込むことはやめましょう。


潰れないように転職の選択肢を持つ



良くも悪くも「誰も助けてくれない」状況は会社への執着心が無くなります。



助けてもらえなかったとネガティブに捉えたところで先には進みませんし、メンタルばかり辛くなっては悲しいですよね。



以下のように「気付けて良かった」とポジティブな物事に作り替えましょう。


  • 助けてくれる仲間ではなかった
  • 何かあったら守ってくれない会社だった



自分が本当に腰を据えて働くべき場所なのか、見極める良い機会です。


環境が人を作るように、悪いところには悪い人が良いところには良い人が集まるもの。



選択肢があることで余裕をもって仕事にも取り組めます。



もし退職することを望んでいるのであれば以下の退職前の3つの準備を読んで、しっかり対策を練ってみてくださいね。






ギブアンドテイクは成立しない



残念ながら期待した方が負けというもの。




そもそも「期待」は勝手に抱く幻想のようなものだということを理解しておかなければなりません。




例えば誰かに優しくしたり助けてあげたから、相手も同じように接してくれることを期待する方もいるでしょう。



私も同じように期待していましたが、いざ自分が大変になった時に相手は知らんぷり。



「助けてくれないのかぁ~」とかなりガッカリした記憶があります。



ただ「助けてくれる」と勝手に思い込んだのも自分自身
、そこからお返しなど期待することはやめましたね。


仕事で大変な時に誰も助けてくれない人が意識すべき3つの対処法



誰にも助けてもらえない人の特徴について解説してきました。



だからといって助けてもらえないことに諦める必要もありませんし、少しの心がけと行動で状況も変わるもの。



続いて仕事で大変な時に誰も助けてくれない人が意識すべき3つの対処法は下記の通りです。



  • 聞き上手になる
  • 周りを巻き込んだ仕事をする
  • 見栄を張らず自分を大きく見せない



聞き上手になる



直接的な手助けよりも人は「話を聞いてくれた」優しさに感謝することありませんか?



そしてアドバイスをする人より、聞き上手の周りに人は集まるもの。



多くの人はアドバイスを求めるのではなく、自分の気持ちや状況を理解してほしい、味方でいて欲しいと願っています。




そして「あの時忙しい中で話を聞いてもらったから返せなきゃ」と感じる方も少なくありません。




味方を増やすためには、あなた自身がその人の理解者になってあげることがポイントです。




周りを巻き込んだ仕事をする



人にアドバイスを聞きにいかない、求めずに自分でやる人は管理職の立場からすると損をしています。



確かに自分だけで仕事ができるのであればそれに越したことは無いでしょう。



ですが、立場によっては何かあった際に責任を取るのはあなたではないことを認識しておかなければなりません。



仕事の方向性、手段や段取りなど直属の上司に答え合わせの意味でも確認しておきましょう。




「聞きに行くの面倒」と思われるかもしれませんが、アドバイスを求めることで教えた人間は最後まで面倒を見ようとします。



さらに教えた以上はと気にかけてくれて、アドバイスした手前何かあればあなたを守ってくれることにも繋がるのです。


見栄を張らず自分を大きく見せない



「助けられなくても自分の力だけで乗り越えられますから」と虚勢を張ったり、自分の力以上に大きく見せることはやめましょう。



自分で自分にプレッシャーをかけてしまい、潰れかねません。



「あいつなら大丈夫でしょ」のレッテルを貼られてしまうと「出来て当たり前」が苦しくなる日がきます。




そして周りも何とかするだろうと助け舟も出さずに傍観するでしょう。




適度に弱みを見せることが人にサポートされるコツです。





「できない」といってしまうと仕事に対して否定的に取られてしまうので、「力を貸してくれませんか?」と素直にお願いしましょう。



人には良心や道徳心があるので、困っている人や助けを求めている人を無下にはしません。



スポンサーリンク
スポンサーリンク




まとめ ~助け合うことができない職場も存在する~



以上、仕事で大変な時に誰も助けてくれない人の特徴と対処法について様々な情報を解説してきました。



やはり「強がる人」「素直じゃない人」「自分よがりな人」は大変な時に誰も助けてくれない傾向が強いでしょう。




助けてもらえないと孤独感を感じ、会社内に「居場所」を見失ってしまいます。








もし「大変な時に助けて欲しい」と悩まれているのであれば、日ごろから他人の変化に敏感になって見返りを求めずに助けてあげましょう。



そして人の話の腰を折らずに相手の目を見て話を聞いてあげてください。




仕事を助けてあげることよりも、話を聞いてくれることで心がふっと楽になる方は多いです。



あなたが誰かを助けた分だけ、あなたを見る目が変わり対応も変化していくもも。



ただ職場の風潮的に助け合いをせず、それぞれの自己責任でやってくれという会社も中にはあります。




「誰がどうなってようが自分の仕事が回っていればいい」人たちの集団では期待しても疲れてしまうだけでしょう。


今の会社が生活の全てになってしまうと、どんどん自分を追い込んでしまいかねません。




やることをやっても、状況が好転しないのであれば転職という選択肢を持っているだけでも気持ち的に楽ですよ。


コメント