20代初めての転職で不安な方へ!失敗しないための3つの準備を解説!

転職活動
「20代で初めての転職、どんな段取りで準備を進めるのが正解?」

「働きながら転職活動すべき?それとも退職してから転職活動すべき?」

「面接で受かりやすくするための準備があれば知っておきたい!」


このように転職活動は一体何から手を付ければいいか、四苦八苦している方もいらっしゃるのではないでしょうか。


新卒の就活と中途採用の転職活動では意味合いも変わりますし、間違った準備をしてしまうと無駄に転職活動を長引かせてしまうことに。


そこで当記事では20代初めての転職で不安な方へ!失敗しないための3つの準備について徹底解説していきます。

さらに20代初めての転職は在職中にするのと退職してするのどっちが正解?も紹介しているので参考にしてみてくださいね。



スポンサーリンク



20代初めての転職で不安な方へ!失敗しないための3つの準備とは


結論から言うと転職で失敗しないための準備は自分自身としっかり向き合うことです。



何が得意で不得意なのか、何を得たくて何を成し遂げたいのか、そのためにどんな仕事が必要なのかを知ることから始まります。


それでは20代初めての転職で不安な方へ失敗しないための3つの準備について下記を解説していきます。

  • 過去の経験・強みを把握しておくこと
  • 転職して何を得たいのか、目的を作る
  • 働く価値観を明確にしておく


過去の経験・強みを把握しておくこと


転職活動において過去の棚卸や整理が自己分析において非常に重要となります。



自分自身と向き合うことで何をアピールできるのか、活かせるのか、持っている力を発揮できる企業はどこなのかを判断できるようになります。


「自己分析が分からない」という方は以下の方法を参考にしてみてください。

A4ノートの半分に経験したこと、残りの半分に得意なこと成果が出たことを箇条書きしていきましょう。


成功例だけでなく失敗例も含め、社会人を経験して自分が何を得たのかを把握していってください。


書き出せたらある程度「何ができるようになったのか」ポイントが見えてきます。


そこから今の自分で挑戦できる企業選びをスタートしていくとミスマッチを防げますよ。

転職して何を得たいのか、目的を作る


今の職場や仕事が嫌だから何となく転職をしてしまうと、また転職を繰り返す確率はグッと上がります。


ただやみくもに転職をしてしまうと、20代という貴重な時間を無駄にしてしまう可能性すらあるのです。


だからこそ転職して何を得たいのか、目標をきちんと作るようにしてみてください。


  • 専門的なスキルを学んで将来のやりたいことに繋げたい
  • 成果をきちんと評価してもらえる環境でキャリアアップしていきたい
  • 今の自分に足りない能力を身につけて成長させたい


このように自分自身が何に重きを置いて社会人生活を生きていきたいのかを浮き彫りにして行きます。


目的意識が持つことで、転職先で何を実現したいのかが相手にも伝わりやすくなるのです。



特に20代の転職ではスキルや経験よりも意欲が重視されるケースも多いと言えます。


「なぜその企業じゃなきゃいけないのか」
という熱い想いが伝わりやすくなりますよ。

働く価値観を明確にしておく


いざ入社してみたら「思っていた職場と違う」というようなミスマッチを聞く機会もありますよね、


自分自身が持っている働く価値観と転職先の価値観が一致しないと合わない会社になってしまうものです。

  • 仕事を通してどんな時にやりがいや充実案を感じるのか
  • 仕事を通してどのように社会貢献していきたいか
  • 仕事だけでなく日常生活で大事にしていきたいものは何か


上記のように価値観を明確にしておくことで、実際に転職した際の仕事の満足度を高めることができます。


つまらなそうな顔、疲れた表情で仕事をするのか、または生き生きと充実した毎日を過ごせるか。


価値観が合うかということは働き方
だけでなく生き方に影響を与えるのです。


求人情報から企業が持つ価値観と自分が持つ価値観をきちんと照らし合わせていきましょう。


20代初めての転職で不安な方へ!企業リサーチで見ておきたい5つのポイント


求人は調べれば調べるほど、無数にあって一体何を基準にすればいいのか分からなくなってしまいますよね。


きちんと自分なりの基準を作らないと「ブラック企業だった」なんて後悔にも繋がります。



では具体的な企業リサーチで見ておきたい5つのポイントについて下記を解説していきます。

  • 評価制度が整っているか
  • 社内の人間関係が良好か
  • 指示系統がしっかりしているか
  • 若手に挑戦させる環境が整っているか
  • 自分の時間やプライベートを大事にできるか


評価制度が整っているか


仕事をする上で評価制度がしっかりと明確になることはモチベーションに繋がります。


  • 上司や経営者の好き嫌いで評価が決まらないか
  • 年功序列でなく成果に対して昇進できるか
  • 成果に見合った給与や報酬は貰えるのか


この辺りは気にしてみておくと良いでしょう。


頑張って働いても割に合わない、結果を残しているのにお気に入りだけ評価されてしまっては働く意欲も失われてしまいます。


ちゃんと正当な評価をしてもらえるのかどうかはきちんと把握しておかないと、後々損をすることに繋がりますよ。

社内の人間関係が良好か


職場の働きやすさは人間関係が大きな割合を占めています。


どんな仕事でも嫌なことはありますが、仲間が数人いるだけで頑張ろうと思えます。


よくある「アットホームな・・・」は個人的にはおすすめしません。


アットホームというのは一定の人間が作り出している居心地の良さであり、その輪に入れないだけで「ダメな人」認定されるからです。

人間関係の良い職場何て入社する前にどうやって判断がつくの?


このように疑問を持たれている方も多いかもしれませんね。


入社前に職場の人間関係を知るポイント
は以下の2つです。

  • 社員が仕事に満足している様子が伺えるか
  • 会社の同僚とプライベートで遊びに行ったり出かけたりするか


仕事への満足度が高ければ、社内での愚痴や不満も少なく円滑に進めるためのコミュニケーションも取れているということ。


また会社の同僚とプライベートでも出かけるほどの間柄が見えれば、距離感の近さを図れます。


もし最後の質問を聞かれて、現場で働く方がいれば聞いてみると良いでしょう。


既に現在の職場で人間関係に疲れて転職を検討している方は以下のまとめを参考にしてみてくださいね。



指示系統がしっかりしているか


会社の指示系統がハッキリしていないと社員は非常にストレスを感じます。


上司など役職がない社員は基本的に決裁権がないため、自分で決めたくても決められないことが多いのです。


責任を持って指示を出す人がいない環境とは以下のようなことを指します。

  • 指示に具体性がなくて曖昧で丸投げ
  • その時の気分によって言うことがコロコロ変わる
  • 優先順位が決まってなくて行き当たりばったり


こうなってしまうと上司がいざ指示を出しても「何も分かってないくせに」と社員は気持ちよく従えません。


みんながバラバラの気持ちで違う方向を向いている職場で働くのは辛いですよね。


だからこ
指示系統、要するに職場の管理体制には注意してみておくことが大切です。


若手に挑戦させる環境が整っているか


良い意味で失敗を許容してくれる、挑戦させてくれる職場環境は仕事の満足度に比例します。



例えば失敗をしたときに周りが責めてしまうともうやりたくなくなってしまいますよね。


ですが、失敗しても良い経験ができた、次はこうしようと言ってくれればモチベーションも上がります。

上司がきちんと責任を持ってくれて、「まずはやってみよう」と若手にチャンスを与えてくれる会社は自発的に動ける社員が多いものです。


指示待ち人間ばかりの職場では頑張る人ばかりが損をしてしまいがち。


同じ温度感、同じ目線で働けるメンバーがいると互いに切磋琢磨できますし成長スピードも違います。

自分の時間やプライベートを大事にできるか


何のために働くかと聞かれれば、根底にあるのは「生活のため」ですよね。


仕事と私生活のライフワークバランスが整わなければ心は荒んでいきます。


  • 毎日朝から遅くまで働いて、いったい私の人生ってなんなの・・・
  • ここ数年思い返してみると仕事ばかりで何の思い出もない・・・
  • 鏡で自分の顔を見るたびに疲れ切っていてガッカリする・・・


これでは何のための仕事か分からなくなってしまいますよね。


ちゃんと自分の時間が確保できるのか、プライベートを大事にしている職場なのか確認しておきましょう。


私生活の充実度が高い職場は成果も出やすく活気があるものです。

20代初めての転職で不安な方へ!面接に必要な6つの準備とは


実際に私自身が面接官をしていた上で、採用される傾向が高い準備をまとめてみました。


面接は緊張する場面でもありますが、きちんと準備をすることで本来の魅力を伝えなければ勿体ないですからね。


本章では初めての転職で不安な方向けに面接に必要な6つの準備について下記を解説していきます。

  • 面接先の企業には5分から10分前目安で入る
  • 面接は第一印象で話を聞きたいか決まる
  • 面接中は愛想よく笑顔で応対すること
  • 面接官に話しかけるように思いを伝える(丸覚えはバレます)
  • 志望動機や自己アピールは企業の褒めポイントを入れる
  • きちんと目を見て話すと意志の強さが伝わる


面接先の企業には5分から10分前目安で入る


余裕を持って面接会場に入りたい気持ちは分かりますが、面接先の企業は通常業務中です。


面接時間に合わせて仕事を進めているため早すぎてはいけません。


面接の受付は開始時間の5分から10分前に済ませましょう。



ギリギリで印象が悪くないか、心配されるかもいるかもしれませんが全く問題ありません。

面接は第一印象で話を聞きたいか決まる


面接は第一印象で話を聞きたいかどうか決まります。



多くの方の志望理由が重なる面接において「興味を持つ」ということは非常に重要なのです。


逆の立場で考えても不安そうな顔、心配そうな顔をしている人と一緒に働きたいとは思えませんよね。

入室する際には背筋を伸ばして自信を持って笑顔で入っていきましょう。


「この人は華があるな」「自信を持っているな」と感じると面接官の聞く姿勢が整います。



この「聞く姿勢」が整う状態が作れれば、こちらの伝えたいこともしっかり聞いてくれるのです。

面接中は愛想よく笑顔で応対すること


面接は「一緒に働きたいと感じるかどうか」を見ています。


そのため面接中は愛想よく笑顔で応対することを心掛けてください。


この人なら社内のメンバーを上手くやってくれる、取引先やクライアントにも印象が良いと思わせることが大事です。


さらに愛想の良さは仕事ができる印象を与え、仕事をしっかり努めてくれる安心感に繋がります。


スキルや経験は仕事を通して指導することができますが、人柄はその人が持つ人間性の魅力です。



人と人が仕事をしている以上、コミュニケーションが円滑に取れる人は好まれます。

面接官に話しかけるように思いを伝える(丸覚えはバレます)


志望動機や自己PRを一生懸命覚えてくる方もいますが、丸覚えはバレると思ってください。



「頑張って覚えてきたんだな」と思って評価されることは社会人では厳しいでしょう。


入社したい熱意やアピールをしたい場合は「話しかけるように伝える」ことを心掛けましょう。


丸覚えした内容を求めているのでなく、あなた自身の本来の言葉を聞きたいのです。


少し手のジェスチャーも混ぜながら、噛んだり詰まってもいいのであなたの言葉で熱意を伝えましょう。


熱意は上手く話せるかどうかではなく、感情や仕草で伝わっていきます。


志望動機や自己アピールは企業の褒めポイントを入れる


志望動機や自己アピールはただ自分を知って欲しいためのものではありません。



入社したい企業の良いところ、特徴、理念、価値観などを織り交ぜながら「私はあなたの企業に向いていますよ」と伝えることが大事。

志望動機や自己アピールには企業の褒めポイントを入れながら作成していきましょう。


企業としては会社を理解してくれて、尚且つ会社に合う人材を求めているのです。


具体的な例文については以下のまとめを参考にしてみてくださいね。



きちんと目を見て話すと意志の強さが伝わる


20代という若い人材を採用する際にスキルや経験よりも意欲や熱意を優先する企業も多いもの。


言葉が上手い、スラスラ話せることよりも不器用でも真っすぐに伝えてくれることが好印象に感じる人は多いですよね。

相手の目をしっかりと見て話をすることで「意志の強さ」が伝わります。


目を見て緊張するという方もいるかもしれませんが、仕事において相手の目を見て話すことができないといけませんよね。


面接と言っても既に仕事の入り口としてあなたを見ています。


緊張して早口になることは仕方ありませんが、「私はこう考えていてこう思っている」という真っすぐな思いを伝えましょう。


またZOOM面接の場合の対応についても以下でまとめているので参考にしてみてくださいね。


20代初めての転職は在職中にするのと退職してするのどっちが正解?

今の会社で仕事を続けながら転職活動をすべきか、それとも今の仕事を退職して転職活動に専念すべきか、悩みどころですよね。


結論から言うと「それぞれ〇〇な場合は」というケースがあります。


それでは具体的に20代初めての転職は在職中にするのと退職してするのどっちが正解なのかについて下記を解説していきます。


  • 在職しながら転職活動をした方がいいケース
  • 退職した後に転職活動をした方がいいケース


在職しながら転職活動をした方がいいケース


在職しながら転職活動をした方がいいケース
は以下の2つです。

  • 現在の仕事で結果を残せていない
  • 数か月分の貯金がない


仕事が楽しいかどうかは結果を出して判断していく必要があります。


結果が出る前に「今の仕事が楽しくないから」という判断では早計かもしれません。


そして結果を残すということは現在の仕事でも手に入れたものがあったということ。


そこで得たものを転職先でも昇華させて活躍していく必要があるのです。


また転職活動中でも生活費や交通費など必ず発生するコストがあります。

貯金がない場合、余裕もなくなり正しい判断能力が持てずに焦って転職先を決めてしまうことにも繋がりかねません。



数か月分の生活費がない方がやってはいけない行動について、以下でまとめているので参考にしてみてくださいね。



退職した後に転職活動をした方がいいケース


退職して転職活動に専念した方がいいケース
は以下になります。

  • 肉体的・精神的に支障をきたしている
  • 既に学びたいことがなく、モチベーションも下がり続けている


会社に対するストレス、人間関係のストレスなど様々な原因で肉体的・精神的に支障をきたしているのであればすぐに退職する準備を。


身体を壊してしまったり、メンタル面に不調を起こしてしまうと転職活動にも悪影響が出ます。



また入社して数年経ち、既に学びたいことがないと働く意欲は低下していき無駄な時間を過ごすことに。


次に向かう準備ができている状態なので、早々に転職活動をしてキャリアアップしていくことをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



まとめ ~長い期間働くことだけが正解じゃない~


以上、20代初めての転職で不安な方へ向けて様々な情報を解説してきました。


一度は「3年は働かないと」という石の上にも三年理論を聞いたことがあるかと思います。


確かに「必要なスキルを身につけたい」と明確な目的がある場合は良いでしょう。

何となく過ごす3年と目的を持った3年とでは訳が違います。


終身雇用も終わりを迎えている時代、会社が最後まで面倒を見てくれる時代ではありません。


数年経って必要なものが手に入ったらまた新たなスキルを求めて転職する時代です。



20代は柔軟に吸収できる貴重な年代、将来どこに行っても困らないような生き方を実現してくださいね。

コメント