仕事で我慢する人間関係が辛い!ストレスを軽くする人付き合いの方法

人間関係
「社会人は我慢するのが当たり前で、人間関係で仕事を退職してはいけませんか?」

「職場の人間関係はどこまで我慢しなければいけない?もう限界です」

「人間関係に悩まされずにストレスない付き合い方が知りたい!」


このように生活費のために嫌な人間関係を我慢している人は少なくありません。


人間関係を我慢して限界を迎え、仕事にも身が入らない人も多いのではないでしょうか。


そこで当記事では仕事で我慢する人間関係が辛い!ストレスを軽くする人付き合いの方法を紹介します。

さらに仕事で我慢する人間関係でストレスを感じるメリット・デメリットも解説しているので参考にしてみてください。


スポンサーリンク



仕事で我慢する人間関係が辛い!5つのストレスの原因とは

仕事の人間関係を我慢するということは他人に対して「こうあるべき」と思い込み通りに進まないからでしょう。


勝手な見返りと期待が含まれている可能性も高いでしょう。


まずは仕事で我慢する人間関係が辛い!5つのストレスの原因について下記を解説していきます。

  • 職場に特定の嫌いな人がいる
  • 職場に居場所が見つからない
  • 正当な評価を受けられない
  • パワハラなど言い方がキツイ
  • 会社の方向性に共感できない


職場に特定の嫌いな人がいる


職場に特定の嫌な人がいると言動や行動が気になって余計にストレスが溜まりますよね。


同じ業務で関わる場合はなおの事、嫌な思いをする機会も増えるでしょう。

酷いときにはその人が嫌で会社に行きたくないと感じることも。



職場のいる以上、好き嫌いで相手を選ぶことが難しいため厄介ですよね。


生理的に無理と感じてしまうと、中々解決のしようがありません。

職場に居場所が見つからない


職場に居場所がない、見つからないなど孤立してしまうとストレスを感じてしまいます。


居場所が見つからないと、以下のように悩みがちです。

  • 誰の役にも立ててないんじゃないか
  • 周りと比べて変なのか、おかしいのか
  • 周囲から嫌われているんじゃないか


このように劣等感に苛まれてしまい、ネガティブに物事を考えてしまいます。


さらに仕事でのミスや問題が発生すると、「自分はダメなやつなんだ」とネガティブの悪循環でどんどんしんどくなってしまうことも。

正当な評価を受けられない


頑張っているのに正当な評価を受けられないとストレスになってしまいます。


自分の頑張りに見合った見返りがないとがっかりしますよね。

  • 成果を出しても給料が上がらない
  • 人の好き嫌いで評価が変わる
  • 出世するのは飲み会に参加した人だけ


評価をする上司も人間なため、自分に好意を抱いている人を優先に評価する人は多いです。


結果を出しても評価されないのであれば、「一体何をすればいいんだ」と頭を悩ませてしまいます。

パワハラなど言い方がキツイ


立場を利用して強い口調で言われると誰でもストレスに感じますよね。


パワハラなど言い方がきついと心に残りますし精神的にも参ってしまいます。


上司や先輩など立場上言いづらい人からの攻撃を受けると「怒られないための仕事」になってしまって本来の意図からずれてしまう人も。

さらに悪質はパワハラでは精神的に追い込まれてしまい、退職のきっかけにもなりかねません。


精神的な被害は心身共に悪影響を及ぼす可能性が高いと言えます。


特に言い方がキツイ方ほどずるい人も多いですから、以下の撃退法を知っておいて損はありませんよ。



会社の方向性に共感できない


会社の方向性に共感できない、一体何がしたいのか分からないとストレスが溜まります。



会社の方向性を決めるのも人であり経営者ですが、以下のような会社では社員も迷ってしまうでしょう。

  • 当初掲げていた目標がブレブレである
  • 気分で仕事の方向性が変わる
  • 誰のために役に立っているのか分からない


上記の状態では「この会社にいて大丈夫?」「言っていることとやってることが違う」と疑心暗鬼になってしまうことにも繋がります。


次第に経営者や上司への不満も高まり「あなたたちに言われたくない」と社員がバラバラになっていくでしょう。


また仕事ができない人にもイライラしてしてしまう方は以下の対処法をチェックしてみてくださいね。



仕事で我慢する人間関係でストレスを感じる3つのメリット


それでは仕事で我慢する人間関係でストレスを感じる3つのメリットについて紹介していきます。


解説する内容は以下の通りです。

  • 毎月給料が貰える
  • 経験やスキルが身に付く
  • 世渡り上手になる


毎月給料が貰える


仕事の人間関係を我慢していれば、毎月の生活費には困りません。


確かに嫌なことはあるでしょうが決まった日に給料を貰える安心感はメリットと言えるでしょう。

我慢さえしていれば年齢のと共に昇給や賞与も増えていく可能性が高いです。


また社会保険や福利厚生が充実している会社はいざという時に社員を守ってくれます。


配偶者や子どもがいる場合には家族を守ることにも繋がるのです。

経験やスキルが身に付く


どんなに嫌な職場でも仕事の経験値やスキルは得ることができます。


コミュニケーション力や問題解決力、さらには人脈も得ることができるでしょう。

人脈が得られると転職した際にも営業がかけられるなど、あなた自身の価値にも繋がります。


また嫌なことに対しての耐性があるため、ちょっとやそっとのことではへこたれませんよね。


仕事は良い瞬間よりも辛く苦しい時間帯の方が長いです。


辛抱強く仕事と向き合えることは責任感を持って取り組んでくれる証明とも言えるでしょう。

世渡り上手になる


嫌な人間関係があっても仕事は何事もなく結果を出さなければなりません。


どう立ち回れば仕事が円滑に回るのかを考えることで対人バランス感覚が磨かれるでしょう。


どんな職場でも世渡り上手で入れることは自分にとって得になります。


特に部署やチームで重宝される存在になるでしょう。


リーダーシップを取りたい人はいますが、縁の下の力持ちとしてバランスが取れる人は少ないですからね。

仕事で我慢する人間関係でストレスを感じる3つのデメリット


続いて仕事の人間関係を我慢してストレスを感じながら続ける3つのデメリットです。


メリットと比較して客観的に判断していきましょう。

  • 将来に繋がりづらい
  • 充実感なく毎日時間が過ぎていく
  • 色々なことがどうでもよくなる


将来に繋がりづらい


嫌な人間関係を我慢して、仕事でも自分が出せていないのであれば成長する機会が減ります。


成長する機会が減る分、将来望んでいる未来からはどんどん遠ざかることに。


人間関係でモチベーションが低下し、仕事にも意欲的になれないと挑戦する気持ちも湧きづらいでしょう。

成長を実感できる機会が少ないほど、将来の不安が募ってしまいます。



このようなモチベーションが下がる職場でもメンタルを回復する方法について以下で解説しているので合わせて参考にしてみてください。



充実感なく毎日時間が過ぎていく


ストレスを受けながら仕事を続けていくと、充実感なく毎日時間だけが過ぎていきます。



ただ時間を浪費し続けてしまうと、いざ転職活動をする際に誇れるものがなくなってしまうでしょう。

時間だけは等しく平等なため、後悔しても過去は取り返せません。


新卒のうちならまだしも、年齢を重ねるごとに求められる質は増えていくので周りの取り残される可能性も。

色々なことがどうでもよくなる


仕事の人間関係を我慢していると次第に色々なことがどうでもよくなります。


以下のような「どうせ」が口癖になってしまうでしょう。

  • どうせ、理解してもらえない
  • どうせ、あの人とは協力できない
  • どうせ、いちいち小言を言われる
  • どうせ、揚げ足を取るように怒られる


この「どうせ」が口癖になると、仕事の意味を見失ってしまう可能性が高いです。


他人に自己決定を支配されてしまっていると、頑張らないクセが身についてしまいことにも繋がります。

仕事で我慢して人間関係の限界なら退職もありです。

結論から言うと今は会社にしがみつく時代ではありません。


昭和世代は会社が最後まで面倒を見てくれていましたが、今は難しい時代と言えるでしょう。

我慢しても報われるとは限らないということです。



そして人間関係を我慢して心身共に疲れ果ててしまうデメリットの方が大きいでしょう。


我慢=美徳ではありませんし、給料は我慢給ではないのです。


人生の最後を迎えたときに、後悔することは「他の選択肢を選ばなかったこと」です。


家族との時間、自分のやりたいこと、本当に望んでいたことなど、叶えるための選択は本来自由にできるということ。

結局、自分を縛って自由を奪ってるのも自分の選択次第ということ。


今起こっていることに悩むよりも未来をどう明るいものにして行くか、そのためにどんな行動を取るべきかを前向きに考えていきましょう。

仕事で我慢する人間関係が辛い!ストレスを軽くする人付き合いの方法


結局のところ、人間関係でストレスを感じるかどうかは自分のスタンス次第です。


ストレスを感じるような人間関係の作り方をしている原因に対して対処する必要があります。


それでは仕事の人間関係で我慢せずストレスにならない付き合い方3選について下記を中心に徹底解説していきます。

  • 空気を読まない
  • アイデンティティを示す
  • 自分の感情に嘘をつかない


空気を読まない


空気を読むということは「言いたいことを言わない」ということです。


そして言いたいことを言わないとその場はしのげるかもしれませんが、ストレスにさらされる機会は減りません。

また空気を読むことは上司だけでなく同僚など近しい人との関係にも悪影響を及ぼします。



結局周りに合わせてばかりでは本心が分からず、「自分がない人」とレッテルを貼られてしまいます。


つまり空気を読むのではなく、上手に空気を味方につけることがストレスにならない付き合い方ということです。

相手の意見をきちんと聞く、自分の意見も素直に主張することを意識しましょう。


アイデンティティを示す


自分はこういう生き方なんだと周りの人に開示する、オープンにすることが大事です。


キャラクターを周りが認知してくれている人ほど、職場での居場所ができ仕事への満足度も高まります。

自分は○○な人と分かりやすく伝えていくことで、周りもあなたを認めて合わせてくれます。



あなた自身のキャラクターが周りに認知できると、周囲の空気感を動かすことができます。


どちらかと言えば、周りがあなたの行動や言動に歩幅を合わせてくれる形になるので仕事もしやすくなり自由度が上がります。


「あいつはこういうキャラだからなー」と認めてもらいやすくなります。

自分の感情に嘘をつかない


自分のことを大事にできないと自己肯定感が上がりネガティブになってしまいがち。


重要なことはストレスに感じる相手との接触時間を減らすことです。



確かに仕事上どうしても関わらなければならない場合もあるでしょうから、無視はできませんよね。

ただ必要最低限の応対以外は行わないことで、ストレスになる原因を取り除くことはできます。


加えてなるべく関わっているとメンタル的にモチベーションが上がるポジティブな人の環境にいるようにしましょう。


ポジティブな情報を与えてくれる人が周りにいることで自己肯定感も高まります。


陰口や愚痴など過去のことを言う人達より、も前向きで未来のことを考える人と時間を過ごす方が有意義です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


まとめ ~捨てるべき人間関係もある~


以上、仕事の人間関係を我慢することについて様々な情報を解説してきました。


自分の将来にためになることであれば我慢する価値も生まれます。



ですが、付き合う必要もない人間関係があることを知っておかなければなりません。

  • ネガティブな情報ばかり与えてくる人
  • 自分の感情を抑えなければいけない人
  • 嘘をついてまで相手に合わせなければいけない人


極端なことを言ってしまえば、人の代わりはいくらでもいます。


狭い職場があなたの世界の全てのように感じるかもしれませんが、環境が変われば違う人間関係ができあがりますからね。


我慢してその人と付き合うことで自分にメリットがあるのか、きちんと判断した上で将来のためになる行動を取っていきましょう。

コメント