仕事が限界で会社を休む伝え方・例文・注意点を解説!※無理する前に

仕事
「精神的にもう限界、家に帰っても泣いてばかり」

「毎日我慢して仕事をしているけど、これ以上は無理かも」

「ストレスで辛くて仕事を休みたいけど、何て伝えればいいの?」


このように自分自身のストレスが限界で休みたいけど、どうしたらいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。


「精神的に辛いから休みたい」なんて言ったから会社からなんて言われるか不安で行動できない人も少なくありません。


そこで当記事では仕事が限界で会社を休む伝え方・例文・注意点について徹底解説していきます。

さらに休むことを躊躇してしまう3つの思い込みも紹介しているので、参考にしてみてくださいね。




スポンサーリンク


仕事が限界で会社を休む伝える際の5つの注意点とは


ストレスで限界を迎え、会社を休みたい場合でも最低限のルールは守る必要があります。



雇われている立場上、評価が悪くなるような行動は自分にとっても損です。


まずは仕事が限界で会社を休む伝える際の5つの注意点について下記を解説していきます。

  • LINEやメールで伝える
  • 嘘をついてごまかす
  • 報告の無い無断欠勤
  • 始業開始後に伝える
  • 会社の不平不満を伝える



LINEやメールで伝える


LINEやメールは手軽で便利ですが、休む際には電話で伝えましょう。


文章は受け取り手によって感じ方が変わるため、誤解を招くことにも繋がります。



「簡単に休んで責任感がない」と勘違いされてしまいことも。


休みたい場合は直接電話をして、事情を簡潔に話すようにしましょう。


長期的な休職を望む場合は会社の制度や規定もあるため、直接話し合うことをおすすめします。


嘘をついてごまかす


編に嘘をついて休めたとしてもバレた際に信用を失うことになります。



仮に嘘をついて休めたとして、周りが心配してくれた際に辻褄を合わせなければなりません。

嘘は実体験ではないため、記憶の定着率も悪いのです。



信用を積み上げるのは大変ですが、失うのは一瞬ですよ。

報告の無い無断欠勤


いくらストレスで会社に行きたくなかったとしても無断欠勤はよくありません。



仮に休むとしても必ず電話で一報を入れてから休みましょう。



会社の規定によっては無断欠勤によるペナルティなどを受けてしまう場合もあります。


無責任だと思われて、立場を悪くしてしまうことは損でしかありませんよ。

始業開始後に伝える


仕事を休む連絡は就業開始後に伝えるのは控えましょう。



始業開始後は当日の業務段取りやミーティングなど業務確認の大事な時間です。


就業開始後に伝えた場合、欠勤したあなたの仕事の穴埋めを再構成しなければなりません。

就業開始前に伝えることで休んだ人の1日の仕事をスムーズに引き継ぐことができます。



そして欠勤になる際には、当日行うはずだった業務の全体像も伝えておくと周りも困らないでしょう。

会社の不平不満を伝える


ストレス過多であっても会社の不平不満を理由に休むことを伝えてはマイナスの評価にしかなりません。

ただの愚痴になってしまうと、上司もムキになってしまう恐れもあります。



社内の風紀を乱しかねないと判断されてしまっては本末転倒です。


どうしても共に働きたくない嫌な人がいたとしたら、信用できる先輩は上司に相談しましょう。


その方と関わらないような仕事や部署異動など様々な形で配慮してくれるケースもあります。


仕事が限界でも休むことを躊躇ってしまう間違った3つの思い込み


身体も心も悲鳴を上げているのに、無理をして出社しようとする人もいます。


ストレス過多で無理をしてまでしなければいけない仕事なんてありません。




それでも休むことを躊躇してしまう3つの思い込みについて下記を紹介していきます。

  • 人手不足で仕事が回らない
  • 休んだら評価が下がる、クビになる
  • 自分にしかできない仕事がある


人手不足で仕事が回らない


会社が人手不足で休むと仕事が回らない罪悪感で躊躇ってしまう人も少なくありません。

自分以上に大事な仕事などありません。



言ってしまえば人手不足は会社のマネジメント力のせいであって、あなたのせいではありません。


慢性的に人手不足である会社に問題があり、社員に無理をさせているということです。



人手不足と休めないことはイコールではないので、堂々と休みましょう。

休んだら評価が下がる、クビになる


ストレスや精神的な理由で休んだからと言って、あなたの評価が下がるわけではありません。



会社には評価基準というものがあって、その内容に準じて正しく評価されます。

言い換えれば休んでも評価基準に引っかからなければ問題ないということです。



心配な方は人事や総務などを通して評価基準をチェックしておいても損はありませんよ。


会社のルールの中で正しく休むことがあなた自身を守ることに繋がります。



それに一度決められた固定給などは簡単に下げることはできないのです。

自分にしかできない仕事がある


自分にしかできない仕事があるからと休むことを躊躇してしまう人がいますが、それは思い込みです。


誰かがいなくなっても誰かが代わりとなって歯車が回るのが会社です。



一人二人抜けたぐらいで会社が止まることは無いのです。


休んだ分を誰かが補うように上司も取り計らいますし、そのためのスケジュール調整もします。


今の仕事ができるのも誰かに教えてもらったからであって、教えられる人間がいるということはリカバリーが可能ということです。


代わりはいくらでもいるので、気にせず自分のために休みましょう。


仕事が限界で休みたい。どのくらいの期間休める?


「精神的にきつくて、これ以上はもう無理」と一定期間休みを取りたい方もいるでしょう。


実際にどのくらい休めるのか、またどのような流れで休むのかについて解説していきます。

会社の規定を確認しよう


長期間休みたい場合は会社の規定を確認しましょう。



例えば休職制度などを採用している会社であれば診断書など医師の客観的な見解をもとに正式な手続きが行えます。


仮に休職制度がないのであれば、有休消化で休める日数を確認してください。

そして一定期間休むということは仕事の穴をあけることなので、責任者や上司と話し合いをして事前調整を行う必要があります。


休職の手続き方法を確認しよう


休職の手続きができる会社は、場合によっては給料の何割かが休職手当として出るケースもあります。


一人ぐらいの家賃や生活費など、出ていく固定費は最低限決まっているので収入なしでは不安になってしまうため手続き方法を確認しましょう。


必要な書類や、休む期間の目安など段取りを組まなければなりません。


休むための正当な理由が大事になってくるということです。

個人的な感情だけでは上も納得しないケースもあるため、第三者の客観的事実が有効になってきます。



「なぜ仕事を休んだ方がいいのか」を会社に理解してもらわなければなりません。


医師の見解をもとに診断書を作成してもらい、客観的事実ベースをもとに休職の話をしていく方がスムーズです。


実際に長期間休めることになった際にやっておきたい5つのことについて以下で解説しているので参考にしてみてくださいね。




仕事のストレスで限界を感じて休むと職場の人から変な目で見られない?

仕事のストレスを感じて休むことで周りの目を気にすることはありません。


「私だって大変なのに」「ストレスは皆抱えている」と会社の人が思うかもしれませんが、あなたを助けてくれるわけじゃありません。


こういう人たちは結局のところ、自分の事しか頭にありません。

自分のことを大事にできるのは自分だけです。



同情や批判が仮にあったとしても、もしストレスで身体を心もボロボロになっても責任を取ってくれません。


ましてや会社も一生涯、面倒を見てくれる保証もないのです。


他人の目よりも自分自身が出している休みたいサインに気付いてあげてください。


本当の意味で心配してくれているのであれば、休む選択肢を持たせてくれるはずです。



万が一休ませてくれないのであれば、退職も視野に入れた方が賢明です。



同じことの繰り返しで浪費されていくだけでしかなく、あなた自身がパンクしてしまう可能性もあります。


退職前に準備したい3つのことについて
以下でまとめているので、合わせて参考にしてみてくださいね。




実際には多くの会社が事情を考慮し休ませてくれるはずなので、どのように伝えればいいかについて次節より詳しく解説していきます。

仕事が限界で会社を休む3つの伝え方を解説!※例文あり


ストレスで限界を迎える前に休むことをおすすめします。



本章では例文を交え、休む上での会社への正しい3つの伝え方について例文を交え下記を中心に徹底解説していきます。

  • ダラダラと話さず簡潔に説明
  • 長期間休む場合は目安を伝える
  • 業務の引き継ぎについて明確に


ダラダラと話さず簡潔に説明


仕事を休む理由はダラダラと話さず簡潔に説明しましょう。


上司や責任者から「どうしたのか」を聞かれるので、質問された内容に答えていく形で受け答えした方がスムーズです。


先に伝えるべき内容だけは整理しておくとやり取りに困りませんよ。


例えば以下のように伝えると簡潔に説明できるでしょう。

おはようございます。○○です。急遽で大変申し訳ありません。

体調が優れず酷いため、病院に行きたく本日お休みを頂けないでしょうか。

ご迷惑をおかけいたします。


上記のように丁寧に簡潔に伝えることで、余計なやり取りを減らすことができ変な疑いを持たれることもありません。


病院に行った診断結果が知りたいようであれば、診断後に再度連絡を入れてください。


特に診断結果は知らなくても問題ないことの方が多いので、必要なければそのまま休みましょう。

長期間休む場合は目安を伝える


長期間休みたい場合は上司に時間を取ってもらい直接相談していきましょう。



以下のように具体性を持って話すようにしてください。

お忙しいところお時間いただき失礼致します。

実は先日、受信しました医師から○○の診断を受けまして、○○程度仕事を休む必要性があると説明を受けました。

○○の症状についての診断書も書いて頂いております。

ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、○○日までお休みをいただけないでしょうか。


医師の診断という客観的な事実があれば会社も断れないでしょう。


建前上、申し訳ない気持ちを伝えておくことで面倒ごとは避けることができますよ。


会社での必要な手続きについて確認も取り、それに沿って行動していきましょう。


業務の引き継ぎについて明確に


実際に休むことを想定して業務の引き継ぎや段取りを明確にしておきましょう。


一定期間休むとなれば上司の仕事をどうするのか気になるところです。

現在進行している業務が○○になります。

この案件は○○さんとチームで進行しているので、○○さんに対応をお願いしたいと考えています。

万が一ですが、対応上のトラブルが起きた場合は一報頂けると幸いです。



上記のように責任を持って対応する気持ちを見せることで、上司も休みを快く受けてくれます。


対応できる段取りを示すことで休んでも問題ないと判断させることが大切です・



実際に休んでいる人に連絡をすることは早々ありません。


ただあなたが休むことで業務が増えて不満を感じる方がいるのも事実です。


そのことは頭に入れておきながら謙虚な対応を心掛けましょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク


まとめ ~無理して働くメリットはありません~


以上、ストレスが限界で会社を休む件について様々な情報を解説してきました。


再度の結論として躊躇せずに休んで自分自身を労わってあげてください。


周りのこと、仕事のこと、様々な懸念があって踏み切れない想いを抱えている人もいるでしょう。


会社はあなたがいなくても回るように動いていきます。



それが平社員であっても役職の人であっても経営陣であっても代わりはいくらでもいます。


誰がいなくなったとしても会社は止まることなく動き続けるものなのです。



会社なんてそんなものですし、ストレスを抱えて働く必要はありません。


ですが、あなた自身を休ませてくれる代わりの人はいません。


このように休むことができるのが会社員のメリットでもあるため、自分に素直になってみることをおすすめします。



コメント