仕事のピンチの切り抜け方は?チャンスに変える6つの方法※後悔する前に

仕事
「人生最大のピンチを迎えてます、とんでもないミスを逆転できませんか?」

「みんな仕事のピンチをどうやって脱出してるの?」

「ピンチをチャンスに変える切り抜け方があるなら知りたい!」


このように何か今ピンチを迎えていて、どうすればいいのか四苦八苦している人も多いのではないでしょうか。


ピンチをチャンスに変えれないと慢性的に「仕事が上手くいかない」「沼から抜け出せない感」「成長が実感できない」など良い方向に転がりませんよね。


そこで当記事では仕事のピンチの切り抜け方は?チャンスに変える6つの方法※後悔する前にについて徹底解説していきます。

さらに仕事のピンチがチャンスに変わる瞬間が訪れない人の5つの特徴も紹介しているので参考にしてみてください。


スポンサーリンク



仕事のピンチがチャンスに変わる瞬間の3つの考え方とは


結論から言うとできる人はピンチが起こっても「どのように良い出来事にするか」を最優先に考えています。


なぜそのような思考に至ったのか、気になるところですよね。


それでは仕事のピンチがチャンスに変わる瞬間の3つの考え方とはについて徹底解説していきます。

  • 失敗の数が成功の近道
  • ピンチに問題の本質が浮き彫りになる
  • 挑戦しなければピンチは訪れない


失敗の数が成功の近道


「失敗」と聞くとネガティブなイメージを持つ方も多いはず。


まずは失敗に対しての捉え方を変えていきましょう。

失敗は上手くいかない方法を知ることです。


できる人は「仕事ができない自分はダメなやつ」ではなく、これで成功に近づいたと糧にします。



かの有名なエジソンだって何万回の失敗を経て電球を作っているわけですからね。


仕事ができる人がやっているだけの5つの行動
については以下でまとめています。




ピンチに問題の本質が浮き彫りになる


仕事で八方塞がりでは前に進むことができませんよね。


ピンチになるということは問題の本質が浮き彫りになるため何を改善すればいいのか見えてきます。


ずっとぼんやりしていたものが、明確に示されるということです。


解決すべき点がハッキリと課題に変わり、対策していくと新しい価値を見出すことができるでしょう。

挑戦しなければピンチは訪れない


そもそもピンチはなぜ発生するのでしょうか。


行動し挑戦していなければ、物事は動くこともないですしピンチも訪れません。

この逆境を乗り越えることでピンチをチャンスに変えていくのです。



挑戦の数が多ければ多いほど、経験値が増えていきます。


経験値が増えるということは今までのピンチがピンチではなくなるということ。


このようにピンチは人を変えていく成長に必要な要素とできる人は捉えます。


仕事でプロ意識を高める簡単なコツ
については以下で解説しているので参考にしてみてください。




仕事のピンチがチャンスに変わる瞬間が訪れない人の5つの特徴

自分では頑張っているつもりでも中々チャンスをものにできない人いますよね。


このようにピンチをチャンスに変えることができない人には共通の特徴が存在します。



本章では仕事のピンチがチャンスに変わる瞬間が訪れない人の5つの特徴について下記を解説していきます。

  • 行動がとにかく遅い
  • 言い訳を探して自分の非を認めない
  • 他人や環境のせいにしてしまう
  • 自分のやり方を優先してしまう
  • 終わったことをいつまでも愚痴る


行動がとにかく遅い


上司や先輩のアドバイスを素直に聞き入れられず、行動に移すに時間がかかる人はチャンスに変えるのが難しいでしょう。

  • なぜすぐに行動する必要があるのか
  • この行動にはどんな意味があるのか


上記が理解できていないと、行動に時間がかかり質も低下していきます。


仕事それぞれには大なり小なり意味合いがあること、そして一つの仕事は大きな流れの大事な歯車であること。


全体像をきちんと理解していないからこそ、行動が遅い社員って本当に多く同じピンチを繰り返してしまいます。

言い訳を探して自分の非を認めない


言い訳が先行してしまうと、話の本質が見えてこないため先に進めませんよね。

  • 「でも〇〇が」
  • 「だけど〇〇だったから」
  • 「だって〇〇には」



これではピンチに対しての今後の対応についても、できない理由ばかり探されてしまいます。



このように予め自分で「できなかった場合の理由」を用意されてしまうと結果が決まっているので、チャンスに変えれません。


結局、自分の保身が大事なあまり何をすべきかを理解できないまま終わってしまうのです。

他人や環境のせいにしてしまう


ピンチが訪れたときに他人や環境のせいにしてしまう人にチャンスは訪れません。



なぜなら自分以外の何かのせいにすることで思考を停止できるからです。

いつまでたっても自分自身と向き合えず、問題の本質に気付くことすらできません。


他人や環境のせいにすることは見たくないものに蓋をするように、自分の非を認めたくない心理も働いているでしょう。


結局、自己成長できなければ、ざという時にチャンスと気付かず通り過ぎてしまいます。

自分のやり方を優先してしまう


仕事が上手くいっていない人ほど自分のやり方に固執しがち。



自分より仕事ができる人がアドバイスをしても「あなただからできる」という思考で止まってしまいます。

どんなことでもそうですが、素直じゃない人は成長の速度が極めて遅いです。



ピンチをチャンスに変えれる部下とそうでない部下の違いは「素直さ」にあります。



ピンチをチャンスに変えれない部下は、ある意味の頑固さが足を引っ張っていることに気付かず何度も同じことを繰り返してしまうのです。


もし同じミスを繰り返してしまうのであれば以下の解決法を参考にしてみてください。




終わったことをいつまでも愚痴る


あの時はあーだった、こうだったと過去のことをいつまでも愚痴る人は前に進めていません。


きちんと消化することができないため、結局自分のプラスに働かないのです。

  • 〇〇をしてもうまくいかない
  • 〇〇だと同じことが起きる
  • 〇〇では失敗する


このように後ろ向きな人にサポートしたいという協力者は現れません。


前向きな人と後ろ向きな人と、どちらと仕事をしたいかと自分事に考えたら答えは明確ですよね。


いつも同じような悩みが延々とループしてしまうでしょう。

仕事のピンチの切り抜け方が分かれば全てがプラスに変わる


仕事のピンチを社会人生活を良くしていくために生かせる人だけが良い方向に好転していきます。


ピンチをどうすれば自分にとってプラスになるか、良いことにできるかを捉えることが重要です。



ネガティブな感情ときちんと向き合ってみてください。

嫌なことやしんどいことがあればあるほど、やりたいことを実現できるようになります。



なぜならピンチを乗り越えるたびに人は変化し、レベルアップが出来るからです。


幸せな状態の前には様々なことがありますし、ピンチや嫌なことがなければ幸せとも感じれません。


今、目の前にピンチがあってドロップアウトしてしまう人はその先にあるものに目を向ける癖をつけることをおすすめします。

「○○のためにこれが必要」と捉えることができれば、起こっている問題が良いものに変わります。



それでは次節よりピンチをチャンスに変える具体的な切り抜け方について解説していきます。

仕事のピンチの切り抜け方は?チャンスに変える6つの方法※後悔する前に


ピンチをチャンスに変えるためには業務の取り組み方よりも捉え方が大事です。


では具体的に仕事のピンチをチャンスに変える6つの切り抜け方について下記を中心に解説していきます。

  • 素直に誠意をもって謝罪する
  • 苦手で遠ざけている相手に相談する
  • 協力者を集め一人で取り組まない
  • 乗り越えた先の未来だけ想像する
  • 起ってしまったことをいつまでも引きずらない
  • ピンチを引き起こす行動に気付く


素直に誠意をもって謝罪する


自分に非があるのであれば素直に誠意をもって謝罪しましょう。



あれこれと言い訳をするほど、自分の立場が悪くなるだけで何の得にもなりません。


謝罪する場合には以下の3点を抑えておいてください。

  1. 何が至らなかったのか
  2. 何を改善していくのか
  3. 今後どう向き合うのか



きちんと対応することが誠意や信頼に繋がります。


「この人はちゃんとしてくれる」という安心感を持たせることができれば、上手に切り抜けることができるでしょう。

苦手で遠ざけている相手に相談する


自分が聞きやすい相手というのは物事の判断基準や価値観が類似しています。


同じ思考感覚では良い解決案が見つからず、事態が収束しないことも。



別の角度から判断してくれる人に相談や意見を求めてみてください。



恐らく、近づきがたい、または苦手な人かもしれませんが大事なことは自分の気持ちよりピンチをどう切り抜けるかです。


本来の目的を見失うことなく、解決に近づく最短ルートを選択してください。



解決策をくれる人は案外身近にはいないものです。

協力者を集め一人で取り組まない


ピンチを一人で抱え込んで一人で解決しようとしないでください。


信頼できる上司、先輩、同僚、誰でもいいので協力してくれる人を見つけましょう。


ピンチを切り抜ける前にメンタルが落ち込んでしまっては、冷静に判断できなくなります。



焦ってしまい、間違った選択を重ねて収拾がつかなくなってしまっては本末転倒です。


見てくれる人がいる、帰る場所がある、この安心感が大切です。


仲間がいることで勇気をもってピンチに立ち向かうことができるでしょう。

乗り越えた先の未来だけ想像する


このピンチを乗り越えた先に何が手に入るのか、どんな風に成長できるのかを想像してください。



今は嫌で嫌で仕方ないかもしれませんが、ネガティブな感情で取り組んでも自身のプラスに繋がりません。

「ピンチをどう自分の良い出来事にするのか」と捉えて取り組んでいきましょう。



このように結末を自分で設定することで、見える景色が変わっていきます。


そして希望が持てると、人は良い方向に自然と足が運ぶものです。


起ってしまったことをいつまでも引きずらない


過去の出来事に捕らわれてしまうと、身動きが取れなくなってしまいます。



起ってしまったことを後悔しても過去をやり直すことはできません。

作り上げることができるのは未来だけです。



そしてじっとしているだけでは問題が解決に向かいません。


ピンチは時間を後回しにすればするほど、億劫になってしまいます。



できる行動から最短で行うのが、最小限に収める切り抜け方のコツです。

ピンチを引き起こす行動に気付く


なぜピンチになったのか、その原因に気付けない限り何に対応すればいいのか分からないままです。



どのように仕事に対して行動した結果が今に繋がっているのか、自分自身と向き合いましょう。

根本を理解できなければ、今後の対応案を間違えたり、また繰り返してしまう可能性が高まります。


ピンチを切り抜けるため必要なことは原因の追究です。


ピンチを引き起こす行動の原因に気付くことで、傾向と対策ができます。


そして今後訪れるピンチがピンチじゃなくなるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


まとめ ~先延ばしにすることはデメリットしかない~


以上、仕事のピンチをチャンスに変える切り抜け方について様々な情報を解説してきました。


大抵仕事がピンチになると「嫌だな」と思われる人が多いですよね。

嫌なことを先延ばしにすればするほど、取り組む気持ちが重くなり行動を起こしづらくなります。



このように先延ばしにすることはデメリットしかありません。

  • ネガティブな感情を抱く時間が増えてストレスが溜まる
  • 仕事中や日常生活でも頭から離れずモヤモヤする
  • 問題がどんどん大きくなって余計に人を巻き込んでしまう
  • 周りの人間や取引先からも誠意が見えず信用を落とす



もし当記事を読まれているあなたが嫌だなと感じる仕事をしているのであれば、早々に行動に移すことをおすすめします。


結局、自分が動かなければ何も始まりませんし何を終えることができません。



そしてピンチを乗り越えていく人にしか成長する、変わるチャンスは訪れないです。


どうやったら「良い出来事に変えられるのか」ここにフォーカスして取り組んでみてくださいね。

コメント