仕事のルールを守らない人にイライラ!改善するための職場ルール例とは

人間関係
「決められたルールを守らない人のせいで迷惑しているし、本当不愉快」

「ルールを守らない人は言い訳ばっかり、どうしたらいいのか分からない」

「社会人が守るべきルールって何?」


このようにルールを守れない、守らない人に振り回されて損な思いをしている人もいらっしゃるのではないでしょうか。


ルールが守られないことでクレームやミス、問題が発生して尻拭いをさせられている人も少なくありません。


そこで当記事では仕事のルールを守らない人にイライラ!改善するための職場ルール例について徹底解説していきます。

さらに仕事のルールを守らない人の5つの原因を管理職目線で紹介しているので参考にしてみてくださいね。




スポンサーリンク



仕事のルールを守らない人の5つの原因を管理職目線で解説


仕事のルールを守らない大きな原因はルールを守ることにメリットを感じていない、特にならないからでしょう。


当人の人間性や理解度もありますが、守る価値がないと判断しているから守らない心理が働いています。


まずは仕事のルールを守らない人の5つの原因について下記を理解しておきましょう。

  • ルールが曖昧で分かりづらい
  • ルールの意味を理解されていない
  • 信頼関係が築けていないから意図が伝わらない
  • ルールが甘く見られている
  • ルールを守るメリットがない


ルールが曖昧で分かりづらい


現場の社員がルールが曖昧で分かりづらいと何を守っていいのか分かりづらくなりますよね。


判断がつきづらい状態では「どうすればいいの?」迷ってしまいます。

どこまで会社の意向を反映させればいいのか、判断がつかない社員も出てきますよね。


判断がつかない結果、個人の判断を優先してしまいルールを守ってくれない人と勘違いされてしまうでしょう。

ルールの意味を理解されていない


「このルールって意味あるの?」と社員が疑問に思ってしまうと守るべきなのかどうか悩んでしまいます。

「ルールに従っていたら仕事が進まないから」と考える社員もいるでしょう。


そもそものルールの意義や意味が伝わりきれていないと、その場その場で個人の判断を優先せざるを得ません。


会社が決めたルールの意図が分からないから、やりやすい方法を自ら選んでしまうのです。



「何自分勝手にやってるんだ」と叱られても困りますよね。

信頼関係が築けていないから意図が伝わらない


ルールと言えば経営者や上司が決めるイメージをお持ちの方も多いでしょう。

伝達する部下との信頼関係が築けていないと、部下には真意が伝わりません。


信頼関係が築けていない部下はルールを聞いても以下のように考えるでしょう。

  • どうせ自分たちの都合の良いルールだろう
  • 頑張って守ったところで給料が上がらないくせに
  • やっぱり現場のことが見れてないルールだよな


このように部下は決められたルールを理解する前に反感の気持ちを持ってしまいます。


そしてルールを守らない人が続々と現れてしまうでしょう。

ルールが甘く見られている


決められたルールが守られない、何度言っても改善が見られないケースもあるでしょう。

その人にとっては守るべきルールではないと甘く見られているからです。


そういう人は以下のような言い訳を持ち合わせています。

  • あの人もルールを守ってなかったし大丈夫でしょ
  • 前にルールを守らなくても何も言われなかったし、まぁいっか
  • ルールよりも結果出せば問題ないでしょ


このような状況になってしまうとルールを守らなければいけない組織体制ではありません。

ルールを守るメリットがない


会社が仕事のルールを設定する意味はなぜかということを考えなければなりません。


ルールを決めておくことで公平性を保ったり、社員自身を守るためですよね。


ですが、ルールを守ってもメリットがなければ守る必要を社員は感じません。

  • ルールを守っていない人間が昇進されてる
  • ルールを守っていない人間が評価されて褒められている
  • 結果さえ出せばルールなんて関係ないんだ


このようにルールを守る人間が得するような構成がなければ、誰も納得しようがありません。


社員は自分を守るために自分なりのルールを作ってしまい、会社のルールは後回しになってしまうのです。

仕事のルールを守らない人にイライラ!社会人として守るべき6つのルールとは


ルールを守らない人の原因について確認してきました。


続いては社会人として守るルールについて下記を解説していきます。

  • 報告・連絡・相談をこまめにする
  • 受け身にならず自主的に考えて行動する
  • 元気に明るく謙虚なコミュニケーション
  • 10分前行動で時間に余裕を持つ
  • 笑顔の表情を作ると人が集まる
  • 自分を守るために嘘をついてごまかさない


報告・連絡・相談をこまめにする


社会人として守るべきルールの一つ目は「報告・連絡・相談をこまめにする」です。


仕事は一人で完結できるものではなく、様々な方との繋がりの中で行われますよね。


言わば仕事自体は何かしらのチームで成り立っているもの。

報告・連絡・相談をすることで仕事の進捗を把握でき、ミスや問題をフォローしカバーすることも可能です。


基本的には報告・連絡・相談するのは指示を受けた上司へしましょう。


上司は部下の仕事の責任を取ることが仕事で、そのために指示を出しています。



仮に自分の判断で失敗をしてしまうと、対応も後手に回りミスが大きくなってしまうこともあるでしょう。


上司は部下の一挙手一投足を細かく把握できるわけではないので、日ごろから話しやすい環境を整えておく必要があります。


部下も上司に聞かれる前に自分から声をかけて仕事をより良くするために働きかけてくださいね。

受け身にならず自主的に考えて行動する


社会人として守るべきルールの二つ目は「受け身にならず自主的に考えて行動する」です。


あなたの会社にも「いや、指示されてないのでやってません」という方が一人はいるかもしれません。

仕事は与えられるものではなく、自分で作っていくものです。



「指示されていない」と誰かのせいにするのは、そもそも考えることを放棄していることになります


ご飯を食べなさいと言われなければ食べないと言っているのと同じです。


自分で考えてお風呂に入って歯を磨いて寝ているように、仕事も自主的に考えて行動することで信頼や成長することができます。


やらさせる仕事を何十年続ける人と、自発的に行動して考えられる人、どちらか会社が欲しい人材なのかということです。

元気に明るく謙虚なコミュニケーション


社会人として守るべきルールの三つ目は「元気に明るく謙虚なコミュニケーション」です。


挨拶に始まり挨拶に終わるという言葉もありますが、なぜ大切なのかを考える必要があります。

元気に明るく挨拶ができる人には人が集まってきます。


人が集まってくるということは情報を得る回数も増えますし、誰かに助けてもらうことも多くなるでしょう。


元気に明るく挨拶ができるだけで、人に安心感や接しやすさを与えることができますよ。



「おはようございます」「お先に失礼します」と始まりと終わりをきちんとするだけで、礼儀正しくちゃんとしている印象を持ってもらえるでしょう。


誠実な方は仕事で損をすることはありませんからね。

10分前行動で時間に余裕を持つ


社会人として守るべきルールの四つ目は「10分前行動で時間に余裕を持つ」です。


仕事において時間は一人だけのものではなく、誰かが関わっていること。

あなたが遅れてしまうことで他の人の時間を奪ってしまうことに繋がります。


打ち合わせや会議、出社時間や訪問時など時間には余裕を持ちましょう。



時間を守れないと相手があなたに対する優先順位を下げてしまう可能性が高くなります。


どうしても遅れてしまうことはありますから、いつごろ到着するのか具体的な時間も伝えた上でお詫びをすれば理解してもらえますよ。

笑顔の表情を作ると人が集まる


社会人として守るべきルールの五つ目は「笑顔の表情を作ると人が集まる」です。


挨拶と同様に話しかけやすい人柄というのは基本的に得をします。



例えば評価する上司も人間ですから、扱いやすい人間と扱いずらい人間どちらを昇進させた方が会社にメリットがあるか考えるでしょう。

仕事はできるけど、誰とも関わらない人と仕事はそこそこに色んな人から話しかけられる人とではチームビルディング力が大きく変わりますからね。


話しかけずらい人には人も集まらないですし、チームワークを形成する上でも部下が不満を持つケースが多いです。


部下や後輩にとって最も助かるのは話しかけやすい、相談しやすい上司や先輩です。



作り笑顔でも構いませんから、表情を柔らかくして人が入り込みやすい雰囲気づくりをしてあげましょう。

自分を守るために嘘をついてごまかさない


社会人として守るべきルールの六つ目は「自分を守るために嘘をついてごまかさない」です。


ミスをしたり問題を起こすと誰かのせいにしたり、嘘をついてごまかしたくなりますが損しかありません。

  • 噓がばれたときに信用を失う
  • 言い訳ばかりする人に見えて仕事の信頼性が欠ける
  • 何かあったら嘘をつくと思われて仕事を任せられない


このように保身のために行う行動に人は良い気持ちしませんよね。


正直に伝えれば、周りが助けてくれるはずなのに「またあいつ嘘ついている」と思われると手を差し伸べてもらえません。


さらに自分がやってなかったとしても疑われる候補者に挙がってしまうので、損しかないですよね。


嘘をつくメリットは何もないのですし、正直に伝えることで周りもフォローしてくれますよ。


仕事のルールを守らせるために管理・規則・罰則が厳しいと人が離れる


結論から言うと、仕事のルールを守らせるために管理・規則・罰則が厳しいと人が離れます。


例えば誰か一人がルールを守れなかったことで連帯責任にする会社もありますよね。


たった一人が守れなかったがために管理や規則が厳しくなってしまうと、他の人からすると「何で?」と不満に変わりますよね。

上司が現場のことを考えず、自分の感情のままにルールを決められてしまうと納得できなくなることが増えていきます。



また営業社員であれば携帯にGPSをつけて、ちゃんと仕事ができているのか確認したい会社もあるでしょう。


ですが、GPSをつけられた社員は「信用されてないのかよ」と会社にガッカリしてしまいます。

会社本位の管理のためにルールを決められると、会社のメリットばかりで社員にとって居心地の良いことではないです。



離職率が高い会社は「自分たちのことが大事にされていない」という思いを抱えた社員が離脱していることに気付かなければなりません。


会社は社員がいなければ何もできない箱に過ぎません。



会社も社員も互いにプラスになるようなルール作りをお互いが努力できる環境が理想的と言えるでしょう。


皆が守りたいと思えるルールは心理的にも安心できますし、安心できる環境で働けることは生産性も高まりますよ。


もしあなたが上司の指摘や叱責でモチベーションが落ちているのであれば、以下の対処法を参考にしてみてくださいね。



仕事のルールを守らない人を改善させる5つの職場ルール例を紹介


ルールをきちんと守ってくれる社員が多い会社ほど雰囲気も良いものですよね。


本章では仕事のルールを守らない人を改善させる5つの職場ルール例を紹介について下記を中心に解説していきます。

  • 新卒・若手・部下の声に耳を傾ける
  • 必要なルールと不要なルールの見直し
  • ルールを守る意味をもう一度認知させる
  • ルールを守ると得することを理解してもらう
  • ルールの自己決定


新卒・若手・部下の声に耳を傾ける


経営者や上司、管理職からの一方的なルールでは新卒・若手・部下に反発が生まれることにも繋がります。


その結果、自分たちを理解してもらえないとルールを守らない社員が増えてしまいますよね。

ルールを納得し、順守してもらうためには社員の声を現場の責任者に吸い上げてもらいましょう。


「このルールは私の声が反映されている」と感じられれば、責任感も生まれます。



自分で決めたことであれば最後まで頑張る人も多いですよね。



それと一緒で声が反映されていると分かれば、社員は安心感を持つことができるのです。

必要なルールと不要なルールの見直し


社内のルールには必要なルールと「これいらないでしょ」という不要なルールもありますよね。

今のルールは社員のためになっているのか、時代に合っていないルールを見直すと会社への信頼感が生まれます。


社内ルールはあくまでも社員にとってメリットがなければなりません。


「このルールがあるから助かる」「このルールのおかげで」と思えなければ意味がないですよね。


今の時代、価値観、社会にそぐわないルールであれば、いくら大事にしていたとしても無くすべきルールもあるでしょう。

ルールを守る意味をもう一度認知させる


「会社のルールはこれだから」だけでは伝わらないものもありますよね。

会議・ミーティング・研修などを通してルールの必要性を再度共有し教育していく必要があるでしょう。


一度言ったから、伝えたから大丈夫ではないということです。


社員に浸透させるためには、意識を持って何度も何度も繰り返し伝えていかなければなりません。



「何のためにこのルールが必要なのか」については個々によって理解度が違いますからね。

共有できるタイミングを見て話し方を変えながら伝達していく、守れているかチェックしていく、不具合がないか見ていくことが大切です。


ルールを守ると得することを理解してもらう


社内のルールを守りたいと思わせることはポイントと言えるでしょう。

  • ルールを守っていればちゃんと評価してくれる
  • ルールを守らない場合の規則もある
  • ルールは自分の身を守るものである


このようにルールを守ることがプラスに働くと理解できていれば、社員への意識づけができます。


安心して仕事をすることができると理解できれば、社員は余計なしがらみを感じることなく邁進できるでしょう。

ルールの自己決定


会社のルールについて理解できたら、後はきちんと守るという自己決定していくだけです。


「この一戦は超えてはいけない」と線引きをするのは結局自己決定の意思になるでしょう。


そしてルールを守らない人は守らないことを決めて仕事をしていますよね。


または意識が足りない、理解できていないのどちらかです。


守るためには強い意志も含めて自分でちゃんと決めること、決めたことに責任を持つこと、誰かのせいにしないことが重要です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク



まとめ ~ルールはあなた自身を守るためのものでもある~


以上、仕事のルールを守らない人の原因と社会人として守るべきルールについて様々な情報を解説してきました。


会社のルールは社員同士が平等であると同時にあなた自身を守るためのものでもあります。


例えば取引先から「そんなことは約束してない」「言った覚えはない」と水掛け論になったとします。


会社のルールを守らずに自己判断で話を進めていたとすれば、会社もあなたを守ることができません。

ルールを守っていれば、あなたが損することなく問題解決に会社も力を尽くしてくれるでしょう。


中にはルールを守るのがめんどくさい、大変と思われる人もいるかもしれません。


ただ振り返って欲しいのは「ルールは何のための存在するか」ということです。


ルールは上手に付き合っていくことでデメリットではなくメリットになりますよ。


コメント