若者の転職は当たり前?転職回数を増やすメリットとデメリットとは

転職活動
「転職を何度もするのが当たり前の時代って本当?」

「1つの仕事を長く続けるのは時代に合ってない?」

「転職回数を増やすメリットとデメリットが知りたい」


このように転職するのが当たり前という時代の変化を感じている人も多いのではないでしょうか。


今や新卒の3人に1人は離職して転職する時代、1つの仕事を長く続けることの方がリスクがあると言われているぐらいです。


そこで当記事では若者の転職は当たり前?転職回数を増やすメリットとデメリットについて徹底解説していきます。

さらに若者の転職が当たり前の時代になった3つのポイントも紹介しているので参考にしてみてくださいね。



スポンサーリンク




若者の転職が当たり前になったのは複数のキャリアを持つことが普通になっているから


多くの方がご存知のように1つの同じことを続けていって報われる時代ではないですよね。


誰もが聞くような大きな会社でも早期退職業績悪化による倒産などニュースで見かけることも増えていきました。


更に言ってしまうと頑張って働いても給料が上がらないなんてことがざらにあります。

複数のことができる、同時に別の仕事をしているなど複数のキャリアを持たなければリスクマネジメントができません。


例えば大きな会社でも副業を推奨し始めましたよね。


要するに最後まで面倒は見れないから別の収入源を得る選択肢を与えられているということです。

また業界によってはトレンドや価値観がガラッと変わったり、AIに取られてしまう仕事も出てきます。



既にお分かりの通り1つのことにキャリアの全てを突っ張っても回収できないかもしれません。


「あの人これしかできないもんな」とふるいにかからず落とされてしまいます。


それよりも「あれもできる」「これもできる」という人の方が選択肢が増えますよね。

若者の転職が当たり前の時代になった3つのポイント


それでは若者の転職が当たり前の時代になったポイントについて確認していきましょう。


解説する内容は以下になります。

  • 自分を偽ってまで働こうと思わない
  • 終身雇用で最後まで面倒を見てくれない
  • 個人のスキルを高める方がリスク回避になる


自分を偽ってまで働こうと思わない


昔の世代は一つの会社に勤めあげることを美徳にしていましたよね。


給料=我慢した対価というような文化が強かったでしょう。


ただ今の時代、働き方が多種多様になってきて嫌なことを我慢したり自分を偽ってまで働こうとは思わなくなりました。

  • フリーランス(ライターやプログラマー)
  • YouTuberやInstagramer
  • ウーバーイーツやAmazonなどの個人配達


このように企業に依存しなくても、個人の力で生活ができるようになっています。


何か特定の業種に就いたとしても、他業種に興味を持てば未経験者も歓迎されている求人も沢山あります。


自分自身の努力次第に様々な知識を身につけられる、興味を持ったことへの行動のしやすさが高まった背景が挙げられます。

終身雇用で最後まで面倒を見てくれない


一度入社したから安泰という時代は終わりを迎えました。



かつては終身雇用が存在し、生涯にわたって会社が面倒を見てくれていた時代。

一方で現在はと言うと40代以降の方が早期退職希望を募られる時代です。


誰もが安心と思っていたような業種や大きな会社であっても「絶対安泰」ということではありません。


技術の発達によって人の手が必要とならなくなる業種も増えてくれば、さらに人手が不要になります。


こうなると一つの会社にいるリスクよりも転職して様々な経験や知識を得る方がリスク回避になりますよね。

個人のスキルを高める方がリスク回避になる


1つの業界で1つの事しかできないことが、今ではリスクになります。



例えばずっと営業職をしてきたAさんと営業職とマーケティングができるBさんでは企業が欲しい人材としてはBさんですよね。

得意分野をいくつか持っておくことで活躍できる範囲も広がるということです。


かつて転職を繰り返すと「根性がない」「頑張れない」などネガティブな印象も多かったかもしれません。


ただこれからの時代は転職を繰り返して様々なスキルを身につけ個の力が高い人材の需要が高まります。

特に20代は考え方も柔軟で体力・吸収力も高いため行動した人が後々楽になるでしょう。



そして転職によって必要なスキルだけ身につけて、段階的に自分を成長させていくのが今の時代です。


若者の転職は当たり前?転職回数を増やす3つのデメリットとは

転職することが当たり前の時代とは言え、まだまだ受け入れられない世代も存在します。


それは「俺たちの時代は」という過去の頑張りや苦労を理解してほしい気持ちもあるでしょう。


では具体的な転職回数を増やす3つのデメリットについて下記を解説していきます。

  • 逃げの転職だと何も手に入らない
  • 長く働くことが正しいと思う一定層はいる
  • 退職金が増えていかない


逃げの転職だと何も手に入らない


現在の仕事で結果が出せないことで、違う環境への転職を考慮する方もいますよね。

ただ「逃げの転職」では新しい職場に行っても何も手に入りません。



スキルアップというのは今いる環境で手に入れたものを新しい環境でも活用しながら新しい知識や経験を得るもの。


結局、何かしらの結果を出せないということは問題や課題が解決できないということ。



仕事を掘り下げることができなければキャリアアップ、ステップアップは難しいでしょう。


逃げの転職で後悔するたった1つの理由
について以下で確認することをおすすめします。


長く働くことが正しいと思う一定層はいる


恐らく会社の上層部、また経営陣は昭和世代の会社一筋の方が多いでしょう。


中には長く腰を据えて一つの会社で働くことを評価する人たちも一定層るのです。

転職=様々な環境でチャレンジしているという認識ではないということ。



実際に私が勤めていた会社でも転職回数の多い方は転職してきました。


在籍にしている社員は履歴書を見て「今回も続かないんじゃない?」という言葉ばかり。


忍耐や我慢を美徳にしている人も多いので、ネガティブな形で評価されてしまうケースも存在します。


海外のように転職を重ねて、キャリアチェンジやキャリアアップを理解してもらうには文化的にも時間がかかるでしょう。

退職金が増えていかない


多くの企業で退職金制度を採用しています。


5年、10年、20年と勤続年数に応じて退職時の金額が増えていくのです。

退職金を老後の資金としてあてにしている方も多いでしょう。



転職を重ねれば勤続年数も減っていきますから、新卒から働いている人間よりも退職金は少なくなります。


そのため役員や重要な管理職として転職していかないと、30代以降の給与も増えていきません。

若者の転職は当たり前?転職回数を増やす3つのメリットとは

転職をしてちきんと知識やスキルを得ることができれば、どこにいても活躍ができます。


縦の繋がり、横の繋がりも増えていきますし人との出会いで思いもしなかった未来を描けることもあるでしょう。


それでは具体的な転職回数を増やす3つのメリットについて下記を解説していきます。


  • 余計なストレスを抱えなくていい
  • 将来のリスクマネジメントができる
  • 能力があれば収入アップが容易になる


余計なストレスを抱えなくていい


多くの方が人間関係や業務内容、また会社や上司に不満を持ちながら働いていることでしょう。


なんだかんだと言いながら我慢することに慣れさせて働いていることかと思います。


ですが、転職という選択肢があれば今の会社にだけ固執する必要がありません。

  • パワハラや嫌味を言われても、我慢せず言い返せる
  • 間違っていることことなど嘘をつかずに素直に言える
  • 嫌な誘いも断れるし、人間関係も楽になる


このように不必要な頑張りを減らすことができますよね。


ストレスや思い悩むことが減れば、精神的にも肉体的にも無理をする選択を回避することができます。


我慢=お給料という価値観は既に古いと言えるでしょう。

将来のリスクマネジメントができる


転職先できちんと能力やスキルアップができればリスクマネジメントが容易になります。



例えば以下のケースが起こった時にも現職に執着する必要がありません。

  • 業績が悪くなって年収が下がった
  • 上司の嫌味も仕事だからと我慢するしかない
  • やりたくない仕事も8時間以上も続けている


他の選択肢があるだけで悪い環境から良い環境へ選び直すことができます。


それに正社員で働いているからと言って安心できる時代ではありません。


会社に守ってもらうのではなく、自分の身は自分で守れるようにするのがリスクマネジメントです。

能力があれば収入アップが容易になる


転職は能力さえあれば収入アップが見込める機会と言えます。


実際に同じ会社に勤務していると以下のように感じている人も多いのではないでしょうか。

  • 先輩や上司の生活には全く憧れないし、そこまで収入も変わらない
  • 頑張っても数千円しか上がらない昇給額を見てガッカリ
  • 上は詰まっているし出世しても責任だけ重くなって大して貰えない


スキルや能力があったとしても評価が正当でない、会社に資金がなければ社員には還元されません。



今の会社があなたの年収を400万と値付けしたとしても、他の会社であれば500万と評価するケースもあるのです。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




まとめ ~転職は将来の選択肢を増やすための行動~



以上、若者の転職事情について様々情報を解説してきました。


海外では10回転職するのも当たり前という価値観の中で、いまだに一つの会社に勤めあげる美学があるのかもしれません。

  • 自分に合う環境、自分のスキルを磨く環境を選ぶか
  • 嫌なこと、苦しいことも我慢して給料を貰うか


上記ぐらい違いがあるのではないでしょうか。


個の時代と言われるようになったからこそ、様々な経験を持つ者が重宝されるのです。



様々な経験を得るためにはレベルアップしていくしかありません。


そしてレベルアップした先でしか出会えない人たちが存在します。


今、自分の周りを見渡してみて成長できる要素がないのであれば早々に転職を検討しても良いかもしれませんね。

コメント