【必読】仕事の口出しをするうざい上司や先輩、同僚の正体と解決法!

人間関係
「いつもいつも余計なことばかりしゃしゃり出てきて、同僚にイライラする」

「こっちの事情も知らないで、何でも口出しする上司は本当に鬱陶しい」

「先輩の意見を押し付けられても、困ります」




このようにお考えではないでしょうか。



「何も知らないくせに!」「口じゃなく仕事しろ!」「暇なのかよ!」とイライラしている人も少なくありません。




当記事ではうざいくらい仕事の口出しをする人への解決法について解説していきます。




さらに部下を抱えている管理職の私から見た「うざいぐらい口出ししてしまう人の正体」も紹介しているので、参考にしてみてくださいね。




明日から少し気が楽になる内容になっていますよ。


スポンサーリンク



うざいくらい仕事の口出しをしてくる人への4つの解決法とは



結論から言うと、うざい口出しをされない立ち回りができればあなたへの干渉は次第に少なくなり、最終的には無くなるでしょう。




私自身、平社員だった時に先輩や上司にうざい口出しをされて、「何でそういう言い方するかな」「全然求めてないから」と思っていたので凄く気持ちが分かります。



ですが、他人に原因を求めたところで根本は何も解決しませんし他人を変えるのは難しいですよね。




本章ではうざい口出しをしてくる人を上手にコントロールする4つの解決法について解説していきます。



  • できるだけ関わらないでアドバイスは聞き流す
  • 口出しされる前に先回りし主導権を持つ
  • うざいと感じたら同じレベルだというマインド
  • 口出しされないぐらいの成果を出す




参考にしてみてくださいね。


できるだけ関わらないでアドバイスは聞き流す



口出しされるアドバイスが、自分にとってメリットや学びがない場合もありますよね。







上司や先輩の言いたいことだけ言われる、同僚の余計なお節介が入るなど求めている事柄と異なるケースはよくあるもの。




必要最低限のこと以外は自分から話しかけず、適度な距離間を保ちましょう。




その人に時間を使うことで、自分の仕事が遅くなってしまったり質が落ちる可能性もあります。




なので、話半分で「有難うございます」と一言添えて聞き流しましょう。


口出しされる前に先回りし主導権を持つ



口出しする人の心理として「まだ終わっていないのか、よーしいっちょ指導しますか」とあたかも自分が優秀であるかのように振る舞う人もいます。



今までの経験を思い返してみてください。



うざい口出しをされるパターンはある程度決まっていませんか??



口出しされるパターンが分かれば、言われる前に先回りして仕事を終わらせておきましょう。




そうすれば相手が口出ししてきたとしても「はい!もう終わってます、大丈夫です」とうざい口出しを出させることなくあなた自身の評価も上がります。




うざい口出しをするタイプの人は悪評も振りまきますが、裏返しに良い評判を勝手にまき散らしてくれます。



上手にコントロールすることであなた自身の仕事の姿勢や取り組み方がプラスに転じますよ。


うざいと感じたら同じレベルだというマインド



相手の口出しに「うざい」と感じる場合、どこかしら図星なこともあれば、その人のことが単純に嫌な場合もあるでしょう。



人は自分にないものは反応できません。




例えば小学生と大学生は喧嘩しませんし、小学生が数学が分からなくても大人は怒りませんよね。




同じ土俵に立つから「うざい」という感情を持ち合わせてしまいます。



この人と同じステージにはいないと思うだけで、「はいはい」と余計な感情に振り回されなくて済むようになりますよ。



口出しされないぐらいの成果を出す



これが最も効果的です。



口出しされないぐらいの成果を仕事で出せば、結果の出ているあなたに誰もうざい口出しをしません。



さらにポイントは口出ししている人より上の立場の人間に評価される成果を出すことです。



  • 口出しを同僚がしてくるのであれば先輩の評価を得る
  • 口出しを先輩がしてくるのであれば係長や課長など役職のある上司の評価を得る
  • 口出しを係長や課長など役職のある上司がしてくるのであれば役員から評価を得る




口出しをしてくる人より上の人間から評価をされれば、下の立場の人間は何か言う権利もありません。




味方につける相手をきちんと選べば、余計な人に足を引っ張られることもないですよ。



うざいくらい仕事の口出しをしてくる人の4つの正体




純粋に「相手を助けてあげたい」と思ってくれる上司や先輩、同僚はアドバイスよりも「話を聞く力」備わっていることが多いです。




一方で「うざい口出し」をしてくる人の正体は極めて簡単で以下の4つが挙げられます。



  • 自分の考え・やり方で仕事が進まないと気が済まない
  • マウントを取って自分の優位性を確保したい
  • 相手を尊重できず聞くのがヘタ
  • 自分に自信がなく大した仕事をしていない




これらの正体を知っておくことで、あなたのストレスも緩和されますよ。



次節より詳しく解説していきます。


自分の考え・やり方で仕事が進まないと気が済まない



人は年齢を重ねれば重ねるほど自己中心的な見解になっていく傾向があります。




さらに毎日同じ仕事を繰り返しているなら尚更その経験のみで物事を判断していくわけです。



すると、「自分の考え・やり方で進んだ方がうまくいくでしょ」と思い込んでしまいます。




本来、仕事の正解はひとつではありませんよね。




意見交換をして様々なやり方、方法を好事例として沢山蓄積しておく方がどう考えてもプラスです。




自分の考え方、やり方に凝り固まっていて向上心が低い人ほど他人を押さえつけたがる傾向がみられます。



マウントを取って自分の優位性を確保したい



口出しするということは「自分の方が正しい」と思いたい人も多いでしょう。



自分より下の人間を見つけて、口出しをすることで自分の現在地を確かめ安心したい心理が働いています。




さらにこのマウントを取りたいタイプは、「指摘されると怒る」人が多いので要注意。







この手の人は自分に自信がなくて、他人に自分の評価を求めている傾向があるでしょう。


相手を尊重できず聞くのがヘタ



尊敬される上司の上位は「話を聞いてくれる人」ですよね。



一方でうざい口出しをする人は相手の話を聞く力が低いことが多いでしょう。




「どう考えているかな?」「どんなやり方なら上手く進められそう?」と聞いてあげる方が建設的ですし、仮に失敗しても自分事として成長することができます。




それなのに、話を聞く前に「こうした方がいい」「これはこうでしょ」と自分の意見を押し付けて承認欲求を満たしているんですよね。


自分に自信がなく大した仕事をしていない



仕事が暇な人ほど、他人の動向をチェックしたがるもの。




やるべき仕事があれば、本来他人にかまってられませんし仕事が上手くいくように取り組んでいます。




厳しい言い方になりますが、大した仕事もせず暇だから他人を管理すること人に余計なことを言って安心して仕事の価値を高めていませんよね




うざい口出しをしてくる人ほど、仕事の成果をそれほど出していないことが多いです。




【うざい口出しをされるあなたへ】主体的に仕事ができているのか見直しましょう!



「あいつはうざい口出しばかりしてきて」と言っていても何も変わりませんし、成長できないのも勿体ないです。




余計な口出しをしてきたり、否定的な意見やネガティブなことばかり並べる人もいるでしょう。




一方で口出しされる方の中には受動的な仕事をしている人もいらっしゃるのではないでしょうか。




どんな風に仕事が進んでいるのか分かりづらい、また同じミスを繰り返さないか心配されている人ほど口出しをされてしまいがち。




普段から先輩や上司に意見を求めてどのようにすれば仕事が上手く進むのか、主体的に動いていれば相手は状況を理解しているので様子を見てくれます。




管理職の立場でお伝えすると、聞きに来てくれる部下についてはどこで悩んでいてつまづいているのか把握できるので安心してみていられます。




一方で何か聞いても「大丈夫です」と返答する人に限ってミスが起こってから報告をしてきたり、先方に謝りに行かなければいけない事態まで発展していることも少なくありません。



先に話を振っていてくれていればフォローできたのにと正直思うことも(笑)



相手に口出しをされたくないのであれば、口出しされない自分になるしかありません。




その人に原因があることもありますが、自分の仕事の進め方次第で周りを味方にすることができますよ。




失敗しない仕事の組み立て方
について以下でまとめているので、参考にしてみてくださいね。





【管理職のあなたへ】仕事の口出ししない!聞かれるまで待ちましょう!



自分の方が相手よりも仕事の経験や知識があれば、アドバイスしたくなりますよね。



上司であればなおのこと、部下には成長してほしいですから目をかけるもの。



ですが、以下を立ち止まって考えて頂きたいです。



  1. 相手は聞く耳の体勢が取れていますか?
  2. こちらが口出ししたい一方的な情報を提供していませんか?




例えばあなたの近しい友人に喫煙者がいたとします。




あなたが注意しても喫煙をやめなかったとしてもお医者さんから言われたら止めますよね。




相手が聞く耳を持っていない限り、そのアドバイスや口出しは一方通行で終わります。



相手が聞く耳を持ったときに、初めてあなたに意見を求めてくるでしょう。




その際はは以下の点に注意してください。


  1. 相手の話の腰を折らずに最後まで聞く
  2. 「どうしたいのか」「どうすればこうならなかったか」考えを知る
  3. 終わったことにネチネチ言わない
  4. 「次はこうしよう」と失敗が成長に繋がるように前向きに終わる





あなたが相手との信頼関係があれば「うざい口出ししてきて」などと思われず、むしろいつも気にかけてもらってと感謝されます。



アドバイスや口出しはしている方は気持ちいかもしれませんが、相手が同じ気持ちではないことを理解してきましょう。



求められてから口出しをする習慣を管理職の方は身につけましょう。



スポンサーリンク
スポンサーリンク




まとめ ~心の持ちようでうざい口出しも変わってくる~




以上、仕事の口出しをするうざい上司や先輩、同僚の正体と解決法について様々な情報を解説してきました。



口出しをする側、口出しをされる側、それぞれの要因が理解できてのではないでしょうか。





改めて本章の内容をまとめていきます。




まずはうざい口出しをしてくる人を上手にコントロールする4つの解決法です。



  • できるだけ関わらないでアドバイスは聞き流す
  • 口出しされる前に先回りし主導権を持つ
  • うざいと感じたら同じレベルだというマインド
  • 口出しされないぐらいの成果を出す





続いて「うざい口出し」をしてくる人の正体は以下の通りです。



  • 自分の考え・やり方で仕事が進まないと気が済まない
  • マウントを取って自分の優位性を確保したい
  • 相手を尊重できず聞くのがヘタ
  • 自分に自信がなく大した仕事をしていない




うざい口出しをしてくる人を煙たがる方も多いでしょう。




余計な一言にイライラしたり、自分本位な意見ばかりしてくる人も少なくありません。




ですが、方であなたのことを考えていることもまた事実。




言い方に問題もあるかもしれませんが、どうでもいい存在であれば話しかけもしません。




それに仕事は味方が多い方がいざという時に助けてくれます。




遠ざけるのは簡単な手段ですが、自分が苦手な人や嫌な人に飛び込むことで成長できるものもありますよ。




仕事で毎日会うのであれば、ストレスにならない関係値の方がいいですからね。


コメント