仕事の理想と現実のギャップを防ぐ面接時の質問と良い会社の選び方を解説

仕事
「頑張って入社したのに、イメージとかけ離れすぎて苦しい」

「理想と現実のギャップは防げないないの?」

「聞いていた話と全然違う、良い会社を見極める方法が知りたい!」



このように、入社後や転職後に理想と現実のギャップに苦しむ方は少なくありません。



希望を抱いて入ったのに、イメージが音を立てて崩れ落ちていくと苦しいですよね。



そこで当記事では仕事の理想と現実のギャップを防ぐ面接時の質問と良い会社の選び方を徹底解説していきます。



さらに仕事の理想と現実のギャップが大きい5つの原因も紹介しているので、参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク




仕事の理想と現実のギャップが大きい5つの原因



結論から言うと、仕事の理想と現実のギャップは思い込みによって引き起こります。



様々な情報を手に入れていく過程の中で、自分の都合の良い方に想像してしまい、想像と現実に差が生まれていくとガッカリしてしまうことに。



本章では仕事の理想と現実のギャップが大きい4つの原因について下記を中心に解説していきます。


  • やりたい仕事を始めた
  • つまらなそうに先輩が仕事をしている
  • 思っていたより仕事が地味
  • 社風と空気感が合っていない
  • 残業が多すぎる


やりたい仕事を始めた



やりたい仕事がなぜギャップを生むのかと言うと元々求めていた理想が高いからです。



例えば好きな芸能人がいたとして、プライベートでバッタリ会ったときに印象が悪かったらショックですよね。



こ自分が抱いていたイメージとの差が大きければ大きいほどギャップに苦しむわけです。



やりたいことや好きなことであればなおさらですよね。


つまらなそうに先輩が仕事をしている


つまらなそうに先輩が仕事をしていたり、ため息や愚痴が聞こえると職場選びを失敗した気持ちになりますよね。



しかも先輩は自分の数年後の姿ですから、つまらなそうに仕事をする人に近づいているとも言えます。



社員の満足度が低いと惰性や妥協をしながら仕事をしていることも多いため、スキルも溜まらず無駄な時間を過ごしかねません。


思っていたより仕事が地味



企画を希望していたのに、現場仕事を覚えさせるために営業をやらせるなど下積みをさせることもあります。


なぜなら現場の声を把握しておかなければ、企画もできないという理論です。



付き合いで飲みに行ったり、時には理不尽な要求をされたりすると「こんなことをするために入ったわけじゃないのに」と頭を悩ませてしまうことも。


やりたくない仕事にやりがいを見いだせず、つまらないからと辞めてしまう方も多いでしょう。


社風と空気感が合っていない


面接をする経営陣は現場の事の理解できていないことがよくあります。



例えば「風通しの良い」と会社を良く見せますよね。



ですが、実際にはワンマン経営で社員は意見が通らず、振り回されてうんざりしていることも珍しくありません。



すると社内はピリピリしたり、ストレスを誰かの悪口で発散し始めます。



このようにHPや面接で聞いた社風と空気感が一致していない会社は意外と多いです。


残業が多すぎる


「残業はほとんどなくて定時には帰れますよ」と説明があったのに、蓋を開けてみたら残業が多すぎて情報との不一致することも実際にあります。

残業が多すぎるということは一人当たりの負担も大きく、慢性的に人材不足の可能性が高いです。



「プライベートの時間が削られる」「人の補充もないからもっと忙しくなる」など悪循環の繰り返しになってしまうことも。



こんなに残業が多いなんて聞いてないと入社したことを失敗した気持ちになった方も多いのではないでしょうか。

仕事の理想と現実のギャップを防ぐ面接時の4つの質問!



人の幸福を左右するのは仕事内容よりも「人間関係」です。


職場内の人間関係が良くないと、抱えるストレスやモチベーションも上がらないためやりたい仕事であったとしても結果的に苦しむでしょう。



入る前に人間関係が分かるわけないと思われますが、面接時の質問で見抜くことが可能です。




そこで本章では仕事の理想と現実のギャップを埋める面接時の4つの質問について解説していきます。

  • 休日に同僚や仲間で遊びいくか
  • 年齢関係なく出世できているのか
  • 給料をいくらもらっているのか
  • どんなスキルが身に付くのか


休日に同僚や仲間で遊びいくか



休日や仕事がない日、プライベートな時間にわざわざ予定を合わせている会社は人間関係も良好です。



なぜかというと仕事の後の飲み会など義務的なものでなく、プライベートな人間関係ができているかチェックできるからです。



面接に先輩社員がいれば聞いてみてください。


一緒に出掛ける人たちが少なそうであれば人間関係が怪しいかもしれません。


年齢関係なく出世できているのか


未だに年功序列の会社は割と多いかもしれませんね。



年功序列を優先している場合、 入社後に仕事に慣れて成果を上げたとしてもキャリアアップする椅子が空いていないので待遇も成長もある時期で止まります。



さらに新しいことを始める人間を叩いて今までやっていたやり方に引き戻そうとするのでチャレンジできる機会が少ないでしょう。

給料をいくらもらっているのか



同年代の給料の上がり方を聞いてみましょう。



給料が上がり続けるのか、それとも頑張っても上がりづらいのか知っておく必要があります。



例えば自分より年上で何年も働いている人の給料の上がり方を聞いて、仮に30万だったとしましょう。


そして毎年1万円ずつ給料が増えていけば年数に応じての年収が見えてくるはず。




上がっている人がちゃんといれば会社が社員にどのくらい還元してくれるか分かりすからね。


どんなスキルが身に付くのか



何年たっても仕事を通してスキルが身に付かなかったとしてたら周りとの差がどんどん離れていきます。



面接に先輩社員がいれば「どんなスキルが身に付いたのか」具体的に聞いていましょう。



スキルの身につけ方で社員の方がどのような意識で過ごせているのか知ることもできます。




そして聞いたスキルが自分にとって必要ない物であれば、得るものはないと判断もできますからね、


入社後に仕事の理想と現実のギャップに苦しんだら退職はアリ?ナシ?



結論から言うと退職がアリなのか、ナシなのかは状況によります。



もしあなたが入社後に理想と現実のギャップに苦しんだとしたら、まず「この会社で何が手に入るのか?」の基準を明確にしてください。



良くも悪くも人間は環境に適応してしまうので、最初嫌だと感じていたことが次第に当たり前に変わっていき何年もそんな思いを抱えながら惰性で仕事をしている人は多いです。



手に入るものは例えば技術やスキルといったものが代表的でしょう。



先輩の社員に「会社に入ってどんなことができるようになるのか」聞くのが一番です。




数人に聞いてみて、もし得られるものが自分の求めているものと違う場合は退職することをおすすめします。



一方で得られるものが自分の求めているものであれば、続けてみても価値はあるでしょう。



ダラダラと会社で時間を過ごしていざという時に何もできない自分になっては本末転倒です。

自分に必要かそうではないかを判断基準で持っておくことをおすすめします。


仕事の理想と現実のギャップを防ぐ良い会社の3つの選び方を徹底解説!


「今よりも自分に合った仕事や環境はないのか」と誰でも一度は思うもの。



誰だって無理なく働いて幸せな日々や、充実した毎日を送りたいですからね。



そこで最後に仕事の理想と現実のギャップを防ぐ良い会社の3つの選び方を徹底解説していきます。



  • 今の職場よりも良い人間関係が築けるか
  • 今の職場よりも自分の時間を増やせるのか
  • 今の職場よりもスキルや技術は身に付くのか


今の職場よりも良い人間関係が築けるか


一つ目は「今の職場よりも良い人間関係が築けるか」です。



例えば職場に友人がいない社員職場に友人がいる社員どちらが仕事に対する満足度が高いかと言うと後者ですよね。


「ここが自分の居場所だ」と思えるかどうかは他人との人間関係が大きく影響してきます。



人間関係が悪くピリピリしていてネガティブな発言ばかりする職場にいると自分のメンタルも落ちていきますし、同じようにネガティブな影響を受けかねません。



今いる職場の人間関係よりも新しい環境の方が良好であれば、仕事への満足度も高まります。



今の職場よりも自分の時間を増やせるのか


2つ目は「今の職場よりも自分の時間を増やせるのか」です。



残業で家に帰るのが遅い、会社から家までの移動時間が長いなど様々な理由で自分の時間が削られていきます。



家族がいる方であれば職場を変えて家族と一緒に過ごす時間が長くなることで、配偶者や子どもとの良い関係も築けますよね。



また独身の方であれば友人と会う、趣味に没頭できる、副業で収入を増やすなど人生の選択肢も広がります。


自分の時間を増やすことでライフスタイルを自分で選べるように変化させていくことができるのです。


今の職場よりもスキルや技術は身に付くのか



3つ目は「今の職場よりもスキルや技術は身に付くのか」です。



最近では45歳定年制など話題に挙がっていたように、個人の自立で生計をなりたてなければならない時代に突入しています。



10年同じ職場で働いてスキルの無い方と、3年ごとに会社を変えてスキルを蓄えてきた方とでは後者の方が重宝されるということです。



そのぐらい一人ひとりに対しての価値が高まっているのです。




仮に何十年も勤めた会社が急に経営が危なくなって早期退職を迫られたときにスキルがなければすがるしかありません。



ですが、スキルがあればその後の選択肢はいくらでもあるので安心できますよね。


もし今の職場にいてもう得られるスキルがないということであれば新しい環境を探してみるのも良いでしょう。



スポンサーリンク
スポンサーリンク




まとめ ~理想と現実のギャップは埋めることができる~



以上、仕事の理想と現実のギャップについて様々な情報を解説してきました。



仕事でも恋人でもそうですが、理想と現実のギャップが起こることは大なり小なり当たり前ですよね。



ギャップに苦しむということはやりたいことに対して実現できていない状態ですよね。



多くの方がここで行動を止めてしまい、目に見えない何かのせいにしてしまうのです。


大事なことはギャップを埋める行動に他なりません。




速度は人それぞれですが、一歩一歩進んでいる実感ができる行動がないとギャップは広がる一方です。



バスケットボールで有名なマイケルジョーダンは誰よりもシュートを決めた一方で、誰よりもシュートを外した選手と言われています。



要するに行動の数によって成果は変わってくるということです。




もしギャップに悩んでいたとするならば、ギャップを埋めるための一歩から始めてみてくださいね。




コメント