在職中の転職活動がしんどい、疲れる人へ!辛い時期の乗り越え方とは

転職活動
「面接日を指定されても平日の昼間は仕事があって面接できない」

「仕事もやって転職活動の準備もして時間が足りない」

「在職しながら転職活動が本当にしんどい!どうしたらいいの?」


このように現在の仕事もこなしながら転職活動は精神的にも体力的にもキツイですよね。


辛い時期をどう乗り越えれば良い転職活動になるのか知っておいて損はありません。


そこで当記事では在職中の転職活動がしんどい、疲れる人へ!辛い時期の乗り越え方について徹底解説していきます。

在職中の転職活動のメリットとデメリットも紹介しているので参考にしてみてください。


スポンサーリンク



在職中の転職活動がしんどい5つの原因は?

在職中の転職活動がしんどい主な原因はやらなきゃいけないことが多すぎるため余裕が持てないからです。


今の仕事も頑張って、帰宅後は転職活動の準備をして心が休まる瞬間も少なくなりますよね。


それでは具体的な在職中の転職活動がしんどい5つの原因について下記を解説していきます。

  • 面接の調整がうまくいかない
  • 面接に落ちるとモチベーションが下がる
  • プライベートで休める時間が減る
  • 交通費など出費がかさんで給料が減る
  • 転職活動に充てる時間が限られる


面接の調整がうまくいかない


在職中に転職活動をしていく中で困るのが面接の調整がうまくいかないことです。



応募して翌日の面接希望が来ることもありますし、平日に行われる面接に行くために在職中の仕事も調整しなければなりません。

平日の面接で急に有休を取る、仕事をリスケするのは至難の業です。


しかも変な休み方をしたら在職中の会社の人にも怪しまれて嫌ですよね。


本当は面接に行きたかったのに、やむを得ず諦めなければいけないことにストレスを感じてしまいます。


面接に落ちるとモチベーションが下がる


いくら在職中で仕事があるとはいえ、面接に落ちればモチベーションが下がりますよね。



現在の仕事にも悪影響が出ますし、落ち込んでいたら「どうしたの?」と心配されます。

しかも最悪なのがメンタル的に落ち込んでいる時に限ってミスや問題が発生することも。


負のループや悪循環にもなりかねないので、それはそれ、これはこれと切り替えるメンタルが必要です。


ただモチベーションを低下させる転職すべき職場の存在するので、以下のまとめを通して自分の職場は大丈夫なのかチェックしてみてくださいね。



プライベートで休める時間が減る


在職しながらの転職活動では仕事の時間と転職活動の準備など自由な時間が減っていきます。

  • 面接に伺う企業の分析
  • 企業への応募やエントリー
  • 面接会場に向かう


このように休みの日をいかに上手に使うかがポイントになってきます。


転職活動が長引けば長引くほど、プライベートの時間は減っていくでしょう。


だらだらYoutueを見たりSNSを見たりする時間も惜しいですからね。


リフレッシュする時間がない、プライベートの時間がないことでしんどいと感じる人は多いと言えます。

交通費など出費がかさんで給料が減る


転職活動中は交通費、カフェ代、昼食代など思った以上に出費がかさんで給料も減っていきます。


特に交通費は距離があるほど、1回の出費も大きくなりますよね。


場合によっては貯金を崩しながら転職活動を余儀なくされることもあるでしょう。

苦労してもらった給料が徐々に減っていくと精神的にもしんどさを感じます。


転職活動に充てる時間が限られる


在職中の転職活動は時間が足りないと感じる機会も増えていきます。


求人を探して企業分析をして履歴書を書くだけでも時間もかかりますよね。

平日は普通に仕事もあって体力的にも疲れている中で転職活動の時間を作らなければいけません。


「転職活動の時間が足りない」「集中できない」とゴールが見えないことに苦しい思いを抱いていしまう日もでてくるでしょう。

在職中の転職活動がしんどい人ほどメリットとデメリットを知るべし!


在職中の転職活動にはどんなメリット・デメリットがあるのか知っておくと冷静に状況を見つめ直すことができます。


今現在、しんどいなと感じている人は下記の解説を参考にしてみてくださいね。

  • 4つのメリット
  • 3つのデメリット


4つのメリット


まずは在職中の転職活動のメリットから確認していきましょう。

  • 経済面での不安が減る
  • 職歴にブランクが無くなる
  • 転職できなくても現職に戻れる
  • 行きたい企業に納得していける


経済面での不安が減る


在職中の転職活動では経済面での不安が減ります。


中々転職先にが決まらなかったとしても在職先から毎月給料は貰えます。

面接に向かう交通費など、何かとお金のかかる転職活動であっても収入が途絶えることがありません。


お金の余裕は心の余裕、追い詰められて転職活動をしてしまうと正しい判断ができなくなってしまいますからね。精神的にも不安を感じずに

職歴にブランクが無くなる


働いていない期間があると、面接時に空白の期間を気にする企業もありますよね。


明確な理由があれば別ですが、言いたくない諸事情も出てくるでしょう。


そしてブランク期間がないことで仕事の感覚もそのままに新しい会社に入れます。

経験やスキルが活かせる環境なら尚更、感覚を鈍らせることなく即戦力としての見込みも上がるでしょう。


転職できなくても現職に戻れる


転職先がスムーズに決まれば、それに越したことはありません。


ですが、残念ながら希望していた転職先に出会えない人もいます。

仮に転職ができなかったとしても現職に戻るだけで、マイナスはありません。


失うものがない状態で、何かあれば戻れる環境があるのは安心といえます。

行きたい企業に納得していける


前途でお伝えしたように、戻れる環境があるということは時間をかけて納得して行きたい企業を選ぶ余裕が持てるということ。

収入が途切れることもないですし、きちんと納得のいく転職活動を実現できるでしょう。


仮に無職で転職活動をした場合、「もうここでいっか」と妥協で決めなければいけない状況も考えられます。

3つのデメリット


メリットがあればデメリットも存在します。


続いて在職中の転職活動のデメリットについて下記を解説していきます・

  • 企業研究や面接の準備時間が足りない
  • 転職のタイミングが合わない
  • 面接の日程が二転三転する


企業研究や面接の準備時間が足りない


勤務時間内に転職活動の準備はなかなかできませんよね。


しかも面接は平日がほとんどで仕事もしながらでは準備の時間が足りないことも。


時間を上手につけないと「いったいいつ転職活の準備すればいいんだ」と八方塞がりになってしまいます。

転職のタイミングが合わない


企業が求めている応募条項に合わなければ入社することができません。


会社によっては「すぐに欲しい」ところもあれば数か月待ってくれることもあります。

ただ現職の仕事も引継ぎをする期間を考えると、先方との転職タイミングが合わない事態に陥ることも考えられます。


お互いのタイミングが合わないことで、転職の機会を逃してしまい悔しい思いをしてしまう人もいらっしゃるのではないでしょうか。

面接の日程が二転三転する


面接の日時が決まっていても、在職中のイレギュラーな仕事が舞い込んで切ることもあります。

泣く泣く面接を辞退する、また面接の日付が中々決まらずにストレスに感じる人も多いでしょう。


泣く泣く面接を辞退する、また面接の日付が中々決まらずにストレスを感じることも。

在職中に転職活動すべき?退職してから転職活動すべき?


在職中に転職活動すべきなのか、それとも退職してから転職活動した方が集中できるのか、悩みどころですよね。


結論から言うとどちらも正しい選択です。



在職中の転職活動は金銭面の不安を感じなくて済むメリットがあります。


一方で退職してから転職活動をすれば準備や面接、入社時期などもスムーズに集中して行えます。

どちらが良い・悪いではなく自分に合っている選択をすべきです。


例えば私自身は「収入を途切れさせたくない」「職歴を空けたくない」という2点から在職中の転職活動を選びました。


特にお金の面で貯金が減っていくのも見るのが精神的なストレスになると感じたからです。


最悪、転職先が決まらなければ現職をまた頑張ればいいだけですから戻れる場所を確保しておきたかったわけです。

自分にとってのリスクが何に当たるのか、きちんと基準を持って転職活動をすることをおすすめします。


転職活動は誰かのせいにできませんし、言い訳もできません。


全ては自己責任、自分に矢印を向けて活動しなければなりませんからね。

ただ在職中の転職活動は時間的に余裕も持てず、自由に動けないため長引くほど辛い時期は続いていきます。


その辛い時期をどのようにして乗り越えていったのか、次節より詳しく解説していきます。

在職中の転職活動がしんどい、疲れる人へ!辛い時期の5つの乗り越え方とは


在職中の転職活動を振り返ってみても「しんどかったな~」とふと思います。


現職も頑張って転職活動も頑張って気が抜けませんし、気が休まりませんからね。



それでは具体的な在職中の転職活動がしんどい、疲れる人へ!辛い時期の5つの乗り越え方について下記を解説していきます。

  • 面接結果は「縁」も大きい
  • 何のために転職活動を始めたのか思い出す
  • SNSでネガティブワードで検索しない
  • 一度転職活動を休む
  • プレイべートを充実させて他に楽しいことを作る


面接結果は「縁」も大きい


転職活動中に不採用通知を目の当たりにして落ち込むこともあるでしょう。


まるで自己否定されてしまったような感覚に陥り「はぁ求められてない、価値がない」なんて自分を下げてしまう人もいます。

ただ面接の多くの割合を占めるのは「縁」です。


縁は具体的に企業側として以下のことを考えています。

  • すぐに来てくれる人材、即戦力が欲しい
  • 今在職しているメンバーとウマが合うか
  • この空いたポストに合う人材が必要


実力的に申し分なかったとしても、先方が求めている内容やタイミングと一致しなければ採用がないということです。


ある意味お見合いみたいなもので、その瞬間にマッチングしなければ成立しません。



落ち込んで反省することは大事かもしれませんが、引きずって転職活動に支障が出てはいけませんよね。


「縁」がなかったと割り切って考えることで辛いと感じない耐性を作りましょう。


何のために転職活動を始めたのか思い出す


転職活動が辛くなってくると、プライベートの時間ですら楽しめなくなります。


次第にモチベーションも低下していって、あれだけ意気込んでいた自分はどこへやらの状態に。

何のために転職活動を始めたのか思い出すようにしてください。


メモ帳でも待ち受けでも何でも構いません、すぐに見れることで振り返る機会を作りましょう。



「そうだ、これを求めていたんだ」と再認識することで、立ち直るきっかけにもなったり、冷静に自己分析もできます。


行動する動機をハッキリしておかなければ転職活動の意味を見失ってしまいますからね。


どんな理想を叶えるために転職活動を始めたのか、今一度立ち止まって確認してみてくださいね。

SNSでネガティブワードで検索しない


転職活動がしんどい、辛いと感じると同じ思いをしている人に出会って「自分だけじゃない」と安心したいのが人間です。


それがポジティブな情報ならまだしも、ネガティブワードでSNS検索するのは止めましょう。

「自分もこうなるのでは」とイメージしなくてもいい情報に左右されてしまいます。


転職活動をしているのは、もっと良い条件で働きたいという前向きな気持ちからですよね。


それをわざわざネガティブな情報を取り入れて自分を落ち込ませるのはコスパも悪いです。


そして他人と比較しても何らメリットはありません。


参考にするならまだしも、比較する時はだいたい自分の足りないことばかり目についてしまいます。


転職活動にプラスになること、考えや知識を豊かにしてくれることだけを検索しましょう。


一度転職活動を休む


在職中の転職活動がしんどい、辛いと感じるのであれば一度転職活動を休むことも必要です。


転職活動をする理由は前向きなものですし、焦りから妥協して転職先を決めてしまっては意味がありません。

転職活動を終わらせることが目的になってはいけませんよ。


納得する形で次に進んでいけるように、前向きなものが転職活動ですからね。


一度転職活動を休むことで、今までの行動や考え方など振り返る良い機会にもなります。



立ち止まって冷静に振り返ってみると、しんどいことや辛いことがプラスに働くメリットもありますよ。

プレイべートを充実させて他に楽しいことを作る


しんどいこと、辛いこと以上に「楽しい」と思えることを見つけることも転職活動には大切。

プライベートを充実させて他に楽しいことを作ることで、楽しみがあるから頑張れることもあります。


プライベートを充実させて他に楽しいことを作ることで、楽しみがあるから頑張れることもあります。


そして逆の立場で考えたときに疲れ切っている顔をした人を採用したくないですよね。


普段が充実している顔立ちは面接官にも伝わります。


面接は第一印象が8割と言われていて、その出で立ちや振る舞い、雰囲気が会社に合うかどうかフィーリングが大事です。


プライベートの充実は元気さや爽やかさ、やる気など自分で気付けない部分に繋がりますよ。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




まとめ ~元面接官が語る面接で見る3つのこと~


以上、在職中の転職活動について様々な情報を解説してきました。


そして実際に私も採用担当者として数々の面接をしてきましたが、面接する側として見ていたポイントは以下になります。

  • 愛想が良いか
  • 姿勢が良いか
  • 可能性があるか


経験がある・ないは基本的に関係ありません。



胸を張って姿勢の良い人は仕事ができる風に見えて仕事でもなめられない見られ方をします。


そして愛想のよい人はどこに行っても橋渡しができたりバランスが取れるように見えます。


最後の「可能性」は一緒に働くイメージが持てるかどうかです。


志望動機や自己PRは上記があってようやく耳に入ってくるのも事実と言えます。


まずは話を聞いてくれる体制をきちんと自分の身なり、行動から作り上げてみてくださいね。


コメント