一人暮らし貯金なしで転職は無理?今日から始めるべき6つの行動とは

転職活動
「無職で貯金もない、しかも一人暮らしでどうやって転職すればいいの?」

「無職期間、転職中の生活を上手に乗り切る知恵が知りたい!」

「やっぱり次の仕事が決まってから退職すべき?」


このように貯金がない中で転職活動ができるのか不安な方も多いのではないでしょうか。


しかも一人暮らしであれば、毎月の家賃などランニングコストも発生しますし頭を悩ませていることでしょう。


そこで当記事では一人暮らし貯金なしで転職は無理?今日から始めるべき6つの行動とはについて徹底解説していきます。

さらに一人暮らし貯金なしの無職が転職活動中にやってはいけない3つのことも紹介しているので、参考にしてみてくださいね。



スポンサーリンク




一人暮らし貯金なしは転職は無理?それとも可能?


結論から言うと、一人暮らし貯金なしの無職で転職活動はおすすめしません。


なぜならお金がないことで本来の転職の意味を見失ってしまう可能性が高いからです。

というのも、金銭的な余裕がないことで正常な判断ができないことが起こります。



納得いく転職というよりも1日でも早く働くことが目的になってしまうと、前職での嫌な経験を繰り返してしまうかもしれません。


もしあなたが一人暮らし貯金なしの無職で転職する場合、どのような後悔が待っているのか次節より確認していきましょう。

一人暮らし貯金なしで転職すると確実に後悔する5つの原因とは

お金の余裕は気持ちの余裕ではないですが、貯金なしの無職で転職活動するとメンタル面が安定しません。


なぜなら選べる選択肢がどんどん狭まってしまうからです。


それでは具体的な一人暮らし貯金なしの無職で転職すると後悔する理由について下記を解説していきます。

  • 納得いくまで転職活動ができない
  • 転職先を妥協してしまう
  • 精神的に辛い日々が待っているく
  • 生活が維持できない可能性が出てくる
  • 周りの人間に見放される


納得いくまで転職活動ができない


貯金がないことで、早々に次の仕事を見つけなければならないという頭でいっぱいでしょう。


生活費のこと、家賃のこと、携帯代のことなど確実に発生する費用もありますからね。

ただ本来の転職の目的を見失って、職場選びをきちんとできないタイミングでもあるのです。


本当なら「やりがい」「人間関係」「業務内容」などこだわりたいポイントもあるはずです。


ですが、金銭面が厳しいことで「すぐに働ける」「給料がいい」が条件に来てしまうということ。


これでは求めていた転職活動を実現させることが困難になってしまいます。

転職先を妥協してしまう


貯金がないことで、転職活動を長引かせるわけにはいきません。

早く決めなきゃという焦りから、転職先を妥協してしまうことに繋がるのです。


「もうここでいいや」と転職先を妥協してしまうことに繋がるのです。


納得した転職にならないと、結果的に転職先でも満足することが難しくなるでしょう。


精神的に辛い日々が待っている


貯金がない無職の転職活動は以下の面でメンタルがやられていきます。

  • 退職後の住民税や健康保険の徴収で出費が大きくなる
  • 自己都合の場合、失業保険を貰うまでに時間もかかる
  • 面接で不採用が続くと必要とされていない感覚に陥る
  • 面接までの交通費、家賃など諸経費がかかる


このようにお財布事情が厳しくなっていくこと余裕もなくなってきます。


加えて中々転職が決まらない焦りや今後の不安で精神的に追い込まれるのです。


色んなことが上手くいかなくなると自分を責めてしまい、面接でもネガティブな印象を持たれていいことがありません。


転職活動でメンタルが落ち込まない3つの改善法
を以下でまとめているので参考にしてみてくださいね。




生活が維持できない可能性が出てくる


転職が決まらなければ、その分転職活動も長引くということ。


長引いたら長引いた分、収入のない状態で生活をしなければなりません。

家賃の滞り、水道・電気代のストップ、携帯代が払えないなどライフラインが維持できなくなってしまう可能性が出てきます。



最悪の場合、誰かにお金の工面をお願いすることに繋がってしまいます。


そんないっぱいいっぱいの状況でじっくりと納得いくまで転職活動をすることは困難です。



実家に帰るという選択肢が選べないのであれば、やはり数か月分の貯金は必要でしょう。

周りの人間に見放される


貯金なし、無職は正直風当たりも辛いものがあります。


恐らく両親は以下のように言ってくる可能性が高いでしょう。

  • いったい今まで何をしていたのか
  • 社会人として安定しなさい
  • 大人なんだからしっかりして
  • 自分で何とかしなさい


身近にいた存在であっても、愛想を尽かせてしまう可能性が高いということです。


怒られている内はまだ華ですが、今後の行動次第では関心すら持たれなくなることもありますからね。

一人暮らし貯金なしの無職が転職する際に見直すべき6つの支出と節約方法

まずは1か月でどれだけの支出があるのか、そして何を節約できるのかを冷静に分析することが大切。


支出を知ることで無駄使いも防げますし、今後の貯金にも役立ちますよ。


それでは一人暮らし貯金なしの無職が転職する際に見直すべき支出と節約方法について下記を解説していきます。

  • 一人暮らしの家賃
  • 光熱費や電気・水道料金
  • 携帯やWifiなどの通信費
  • 食費や日用品の生活費
  • 交際費や交通費


一人暮らしの家賃


一人暮らしをしていれば自動的に毎月発生するのが「家賃」です。


住んでいる以上は必ず支払わなければなりませんし、今までは給料日があったからこそ余裕を持って払えていたことでしょう。

ただ貯金がない無職状態で毎月数万円のコストがかかり続けるのは、出費としても大きすぎます。


もし実家に帰って転職活動をするという選択肢が持てるのであれば、毎月のコストは削減できます。



また転職して余裕が出てきてから一人暮らしを始めればいいだけです。

光熱費や電気・水道料金


一人暮らしをしていれば毎月のように支払うのが光熱費や電気・水道料金ですよね。

次の仕事が決まらない中で、暖房や冷房を今までのように使い回していては節約になりません。


毎日入っていた湯舟は週1回にする、暑かったら窓を開ける、寒かったら厚着になるなど、少しでも費用を抑えていくことはできます。


たかだか数千円と思うかもしれませんが、数千円あったからこそ助かる瞬間もあるのです。

携帯やWifiなどの通信費


携帯の基本料金が安くなった代わりに、サブスクリプションのサービスに加入している人も多いはず。


動画を見る、ゲームをするなどWifiを合わせて使用していることでしょう。

今の自分にサブスクのサービスやWifiが本当に必要かどうか見直してみてください。


携帯が持っているギガ数で納める、またPCにはインターネット共有で繋ぐなど工夫次第で節約ができます。


月額利用のサービスやWifiを一時的に止めることで、面接に行く交通費代はまかなえますよ。

食費や日用品の生活費


今までは仕事帰りにコンビニでお弁当やスイーツを買っていたことでしょう。


さらに洋服など気になるものがあればポチっと買っていたかもしれません。

ただ見直してみると、食費や日用品などの生活費は生活コストの中でも大きな割合を占めています。


お弁当ではなく自炊にする、着なくなった洋服はフリマアプリで売るなどすれば節約にもなります。



スーパーも遅い時間に行けば割引で購入することもできますし、ドラッグストアも割引の日を見つけて日用品をまとめて買えば安く済みます。


ちょっとした努力と近所の情報を知ることで支出を抑えることができるのです。

交際費や交通費


友達と飲みに行く、恋人と出かけるなど気軽に使えていたお金も見直さなければなりません。


ましてタクシーに乗っている、または経路が楽だからと割高の電車に乗ることも止めるべきです。

交際費にかけるお金があるのであれば転職活動の備品にお金をかけてください。


外出は控えればお金を使いませんし、家でも楽しめることはあります。


さらに電車も安いルートで行く、または数駅分は歩けば節約にも健康にも良いですよ。

一人暮らし貯金なしで転職をする際にやってはいけない3つのこと

一人暮らし貯金なしの無職が転職活動中に「これだけはダメ」という行動があります。


本章ではやってはいけない3つのことについて下記を解説していきます。

  • カフェで転職活動
  • 人にお金を借りる
  • 今までの自分を責める


カフェで転職活動


家じゃない方が集中できるし、外でPC作業したい。


このようにカフェで落ち着いて転職活動をしたいという方もいるでしょう。

ただコーヒー1杯で300円~500円はします。


仮に20回通ったとしたら6000円~100000円と出費はかさむばかり。



家でやればタダ、0円で転職活動のPC作業ができますよね。


この金額分を生活費に回すなど、他に資金を回す方が建設的ですよ。

人にお金を借りる


ダメだ、生活費が足りない。誰かに借りようかな。


切羽詰まってくると、誰かを充てにしたくなりますが他人にお金を借りるのは止めましょう。



借りたあなたはプラスになりますが、貸した相手はマイナスでいつ返ってくるのか分からないストレスを抱えます。


借りて何とかする発想ではなく、以下のような意識が必要です。

  • 身の回りの物を売っていく
  • 短期的にバイトをする
  • クラウドソーシングサイトで副業する


このように調べてば情報は必ず出てきますし、努力次第で何とかなるものです。


どうしてもお金を借りなければならない場合は、友人との縁が切れてもいいという覚悟で行いましょう。

今までの自分を責める


どうしてこんな状況に。今まで何やってたんだよ。なんてダメなやつなんだ。


このように「一人暮らし貯金なしの無職」というステータスを持つ自分に絶望するかもしれません。


ですが、今までの自分を責めたところで何も解決しないのです。


考えたところで前に進みませんから、反省を活かして何ができるのかを冷静にはんだんしていきましょう。

一人暮らし貯金なしで転職する際に今日から始めるべき6つの行動とは


一人暮らし貯金なしの無職の方が転職活動をスムーズにするためにはやはり事前準備が必須。


計画的に進めていくことで、お金の面で悩まされずに済みますからね、


それでは一人暮らし貯金なしの無職が転職するために必要な行動について下記を徹底解説していきます。


  • 転職活動時にかかる生活費をきちんと計算する
  • ボーナスを貰って余裕を持たせる
  • 在職中に転職先を決める
  • フリマアプリで使わない物を売る
  • クラウドソーシングサイトでせめて家賃分は補填する
  • 面接日をできるだけまとめる


転職活動時にかかる生活費をきちんと計算する


まずは転職活動中にかかる生活費をきちんと計算しましょう。

  • 毎月の家賃
  • 食費・日用品の生活費
  • 光熱費・電気代・水道料金
  • 交際費・交通費
  • 携帯代・Wifi代の通信費


上記のように毎月発生する固定費を把握してください。


いくらまで使っても問題がないかどうかを整理することで、何に時間やお金をかけるべきかが見えてきます。


するといつまでに転職を決めないといけないか、そのゴールがきちんと分かりますよ。

ボーナスを貰って余裕を持たせる


退職月によってボーナスが貰えるのであれば、ボーナスで生活に余裕を持たせましょう。

ボーナスで数十万貰えれば、転職活動にも余裕を持てます。



ボーナス支給が確認できたら、退職届を出して転職活動をすればいいのです。


突然の離職で周りは困惑するかもしれませんので、事前に引継ぎ資料などは準備しておきましょう。


そしてできるなら有休消化中に転職先を決めることがベストです。


勤続年数が長い人であれば40日ほどは確保できているため、2か月間は給料日に振り込まれる状態で転職活動ができますよ。

在職中に転職先を決める


貯金がなくても次の職場がすぐに決まれば何の問題もありませんよね。

在職中に転職先が決まれば、貯金を気にすることもなく生活できるでしょう。


ただ在職中に転職活動がバレてしまうと、早々に退職を迫られることに繋がりかねません。


事前に以下の会社にバレずに転職活動する方法と転職活動がバレた時の対処法を読むことをおすすめします。



フリマアプリで使わない物を売る


金欠状態であれば、まず自分の部屋にあるもの、身の回りの物を再確認してみてください。

  • 使っていないお皿や化粧品
  • 全然着ていない洋服類
  • 使い道に困っている家電製品
  • すでに使っていないスマホ
  • 読んでいない漫画や文庫本


眠ったままでほとんど触ってもいないものが必ずあるはずです。


メルカリやヤフオクなどフリマアプリで使わない物を売りましょう。



部屋もスッキリしますし、長いこと置いていても使わなければ価値がありませんからね。


面接に行く交通費や生活費の足しにもなりますよ。

クラウドソーシングサイトでせめて家賃分は補填する


無職で転職活動中ということは収入減が断たれてしまっていますよね。


せめて家賃分だけでもクラウドソーシングサイトで補填しましょう。


代表的なものでは「クラウドワークス」や「ランサーズ」が有名です。


簡単なところでは、アンケートを答えたりレビューを書いたりするお仕事も。


特定のスキルがあればホームページ作成、執筆活動、翻訳、ロゴ作成など仕事は多岐に渡ります。


空いた時間を利用してコツコツとやって家賃分の仕事ができれば、心の余裕も出てきますからね。

面接日をできるだけまとめる


面接日をできるだけまとめて交通費を浮かせましょう。


場合によっては1社目から2社目まで徒歩で歩いていけるぐらい近い距離の場合もあります。

細かいことにこだわっていくことで、余計な数百円を使わずにすむのです。


散歩している最中に面接内容を見つめ直す時間にもできますし、改めての企業リサーチの時間も取れます。


いかに効率よく面接日をまとめられるかで、余計なお金を使わずにも済みますよ。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




まとめ ~一人暮らし貯金なしの転職活動は時間との勝負~


以上、一人暮らし貯金なしの無職の転職活動について様々な情報を解説してきました。


やはり収入源が不確定なため、無職での転職活動は時間との勝負です。


数多くの企業に積極的に応募する、またはエージェントを利用するなど1分1秒を大事にしましょう。



そして一番大事なことはお金がないからと言って、妥協した転職をしないことです。


給与面、人間関係、業務内容など様々な悩みや憤りがあって転職活動をしようと決めた目的を忘れないでください。


確かに生活費も大事ですが、短期的な幸せよりも長期的な幸せを目指すのが転職です。



後ろ向きな転職では後悔しか生まれない
ことを以下でも解説しているので参考にしてみてくださいね。




コメント