仕事の転職理由が周りのレベルが低いは正解!今すぐ退職すべき5つの理由

人間関係
「レベルが低い人ばかりの職場でもうむちゃくちゃ、続ける意味あるのかな」

「完全に嫌気もさしていて、周りの人のレベルが低いから転職するのはあり?」

「職場の人も仕事のレベルも低いと人生無駄にしている気がしてならない」


このように仕事や職場のレベルが低いことによって、今後どうするか検討し始めているのではないでしょうか。


結論から言うと、レベルの低い仕事や職場に居続けることは時間の無駄になる可能性が高いです。


そこで本章ではレベルの低い仕事は今すぐ退職すべき5つの理由について徹底解説していきます。


さらに仕事のレベルが低い人と一緒にいると失う5つのことも紹介しているので、参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク



仕事のレベルが低い人と一緒にいると失う5つのこと


結論から言うと、レベルの低い人と一緒にいることで価値のある時間が奪われます。



「本当だったら○○だった」と後で後悔したくないですからね。


それでは仕事のレベルが低い人と一緒にいると失う5つのことについて下記を中心に解説していきます。


  • 新しい発見や価値のある疑問
  • 成長する機会
  • 挑戦する意欲
  • 他人に受ける刺激
  • 自分の余暇時間


新しい発見や価値のある疑問


仕事のレベルが低い人と新しい発見や価値のある疑問が生まれづらいでしょう。




例えば仕事ができる人は仕事を仮に失敗したとしてもうまくいかない方法が見つかった、改善する点に気付けたなど新しい発見を繰り返します。


ですが、仕事のレベルが低いと「うまくいかなかったね」で終わってしまい、なぜうまくいかなかったのかという価値のある疑問にすら辿り着かないのです。

問題解決力が乏しい人と発見や疑問を持つことすら忘れてしまいます。


成長する機会


次にレベルが低い人と仕事をすることで成長する機会を失ってしまいます。


成長する機会ってどんな時かと言うと、手が届くか届かないかの難しい仕事にチャレンジするときですよね。


そして「○○したい」「○○ができるようになりたい」という仕事の逆算から成長が生まれるのです。



ですが、仕事のレベルが低い人は基本的に同じサイクル、同じことを繰り返します。

成長することより指示された目の前の仕事を片付けることに優先順位を置いていて変化を望みません。


誰かと手を組んで挑戦したくても相手が見つからなければできないこともあります。


そして挑戦できず、好事例が増えず、変化のない仕事をし続けることに繋がるのです。

挑戦する意欲


仕事のレベルが低い人と一緒にいると、挑戦することが次第に虚しくなってきます。


自分が何かアクションを起こそうとしても以下のようにやる気を落とすような発言をするのです。

  • そこまでやる必要ないんじゃない?大変なだけだよ
  • 頑張っても頑張らなくてもたいして生活変わらないんだし楽しようよ
  • 決まった仕事だけやっておけばいいと思う、そこまで求めてないよ



このように仕事に価値を見出すつもりがないため、必要最低限以上のことを望みません。



同じ気持ちで取り組める仲間がいないというのは孤独感を感じるものです。



他人に受ける刺激


仕事のレベルが低い人からは違う考え方や捉え方など刺激を貰える機会が少ないのです。




何も考えずに与えられた仕事をとりあえず片づけているため、他人との共有もしません。


どうやったらもっと仕事が上手くいくのか、どんな方法だったら効率よくできるのかとお互いに意見交換することもないでしょう。


一人で考えられることには限界がありますし、他人の行動や言動で本来であれば気付きも生まれるのです。


そしてレベルの低い人にあれこれ求めてイライラしたり、嫌気がさしてしまいます。



職場の仕事ができない人にイライラして疲れる人の心理については以下を参考にしてみてください。



自分の余暇時間


仕事のレベルが低い人は問題を起こしたり、ミスを繰り返しがち。


なぜなら何のためにその仕事が存在していて、どのように効果的なのかを考えられていないからです。


その仕事の尻拭いをするために時間を取られて残業してしまうことも。

また自分のやるべきことや休憩も削る羽目になり心身ともに疲れてしまいます。


仕事のレベルが低い職場とは?確認すべき7つの特徴※2つ以上当てはまったら危険かも


そもそも何を持って「レベルの低い職場」と定義づけるのでしょうか。


やはり会社の人間関係や仕事の仕組みなど様々な観点から見えるものです。




それではレベルの低い職場の確認すべき7つの特徴について下記を解説していきます。


  • 指示されるまで何もしない思考停止集団
  • どうせ感が蔓延している
  • 誰かの不平不満が話題の中心
  • 過去の栄光を参考にする
  • 事実よりも感情論・精神論を優先
  • 同じことの繰り返しで進化していない
  • 指摘・意見できる人がいない



もし2つ以上当てはまるのであれば、会社が変わるよりも自分が環境を変えることの方が楽ですよ。

指示されるまで何もしない思考停止集団


仕事のレベルが低い職場は受け身で指示がされるまで動かない「思考停止集団」のケースが多いです。


そもそも自分で考えて行動する、または仕事を生み出すという癖がついていません。


何かあっても「言われてないので」と原因を他者に向けることも。


それでは取引先も満足せず、他者との差別化が図れないので会社としての力も弱まることは目に見えています。

創意工夫を自主的に行えないと組織としても非常にもろいのです。


どうせ感が蔓延している


既に負け犬根性のような「どうせ感」が蔓延している会社は社員の満足度が低い証。



恐らく何か挑戦しても受け入れてもらえない環境、また承認より否定されるばかりの職場では社員も意欲的に働くことが困難です。


このように思考がネガティブになると以下のように仕事を捉え始めます。


  • どうせ頑張っても認めてもらえない
  • どうせやっても給料は変わらない
  • どうせ一生懸命でも評価されない



どうせが主語になることで語尾が全てネガティブな事象に変換されてしまうのです。


これではモチベーションはおろか、意欲が下がっていく一方です。

誰かの不平不満が話題の中心


誰かの不平不満がが話題の中心だと、聞いているだけでもネガティブな感情に陥ります。



ま誰かの不平不満を言うことで自分自身の正当性を示そうともしているのです。


ネガティブな情報が蔓延している、また承認されない会社で働くのは楽しくないですよね。


さらに不平不満を言ったり、聞いたりしているだけで会社への不信感も高まり積極的な行動ができなくなります。


ネガティブであることは振り返れる、疑って仕事を見れるという良い点もありますが、生産性のない不平不満に付き合うのは時間の無駄です。

過去の栄光を参考にする


「俺たちのころは」「昔は○○で」と過去の栄光を仕事の見本にするような会社はレベルが低いです。


何年も前の行動や結果は今現在では既に古い情報と言えます。


柔軟な思考や新しいことへの挑戦、認識力が低い人ほど過去の自分を盾に話をするもの。


成長が見られない人と共に仕事をしても、あなたにとってのプラス分は減ります。



良い刺激を貰える人が周りにいないのであれば、もうその会社から得られるものはなくなっているのかもしれませんよ。

事実よりも感情論・精神論を優先


「心を一つに」「強い会社を」など事実よりも感情論や精神論を優先する会社は具体的な方向性が曖昧です。


感情論や精神論ばかり口にする上司に具体的に目標にたどり着く為の活動計画を聞いてみてください。


恐らくあなたが求めているような答えは出てきません。


数字や行動に対するフィードバックなど事実ベースで話ができなければ「運よく売り上げが上がった」としかならないのです。


これでは仕事を続けていてもスキルアップはおろか、正しい判断力が身につきません。


同じことの繰り返しで進化していない


「何十年も同じことを繰り返してここまでやってきた」と意気揚々と話す会社もありますが、それは進化ではなく退化です。


例えばYoutuberという職業が子供たちのなりたい夢の上位に入るなんて誰にも予想できませんでしたよね。


このように数年単位でも社会を取り巻く環境は日々変化しているのです。


新しいプロジェクトやチャレンジしている姿、時代に合わせる先見性がない会社はいずれ置いていかれます。



工夫しながら仕事をすることが進化の本来の意図です。


もしあなたの会社にアクションが見られないのであれば、生活を預けるに値しないかもしれません。

指摘・意見できる人がいない


部下をの問題点を指摘する、上司の誤った判断に意見できる人がいないと悪循環のまま仕事をしなければなりません。



特に上司の言うことばかり聞いている社員は自分事として仕事を捉えられてしません。



また部下にハッキリものを言えない上司は自己保身ばかりで、いざという時に頼ることも困難に。



また仲間意識も低いため、問題のなすりつけ合いで誰も責任を取りたがらないでしょう。


お互いを高めるわけでもなく、足を引っ張り合う会社ではメンタルがボロボロになってしまいます。


周りのレベルが低いと感じるのは得るものがないから!※優秀な人ほど損をします!



もし周りのレベルが低値感じるのであれば、既に今の仕事で得られるものはない可能性が高いです。



成長できることなど目の前にメリットがあれば人は自然と行動するもの。


この場合。すでにメリットを感じておらず、優秀がゆえに周りのと会話がつまらなう感じ始めます。


「まだそんなことやってるのか」と最近思うことが増えたのであれば、新しい環境で挑戦するサインかもしれません。


そして優秀な人がレベルの会社にいると損ばかりし続ける羽目に。



レベルが低いということはあなたが考えている仕事のペースや段取りに伴っていないということ。

  • 間に合わない仕事を振られて急な要件ばかり増える
  • 同じようにできる人間がいないため、面倒な責任の重い仕事ばかり押し付けられる
  • 「あいつなら大丈夫だろう」と仕事量が増え、業務過多になり残業する日々



このようにできてしまうため、会社からは問題を起こしたくない人に仕事を振りたいのです。


その結果、仕事量に対する対価や報酬もレベルの低い人と変わらず優秀な人ほど時間や労力を奪われてしまいます。


それでも今の会社で働きたい、または働かなければならないのであれば手を抜くことを覚えてください。




仕事は手を抜いた方が成長できる3つの理由
について、以下で解説しているので参考にしてみてくださいね。



仕事の転職理由が周りのレベルが低いは正解!今すぐ退職すべき5つの理由


周りのレベルが低い職場環境は退職することをおすすめします。



なぜなら他人を変えることは自分を変えることより難しく、労力に見合わないからです。


それでは周りのレベルが低い職場を退職すべき5つの理由について下記を徹底解説していきます。

  • 収入が増えずに周りと差が付く
  • 手に入るスキルや技術が限られている
  • 個人の価値が上がらない
  • 考え方がネガティブになっていく
  • 尻拭いで自分の時間を奪われる


収入が増えずに周りと差が付く


レベルの低い職場では収入が望むような形で増えていくのは難しいでしょう。



なぜならレベルが低い=社会的な価値も低いので利益も大きくなりづらいのです。


いくら個人が勉強して学んだ知識を活かしても、会社全体の利益が増えなければ支払われる対価も増えません。

数年間で○○○万と同世代と差が開いてしまう前に、将来設計を見直してみても良いでしょう。


手に入るスキルや技術が限られている


レベルが低い職場では単純作業の繰り返しで能力の向上に頭打ちがきます。


成長するためには自分にとってちょっと手の届かなそうな仕事にチャレンジする以外ありません。


ですが、質の高い仕事に携わることもなく変化のない日々を送っていては安心は手に入ってもスキルや技術は手に入らないのです。

その結果、レベルの低い仕事しか回ってこず、レベルの低い社員ばかりが会社に残り続けます。



そして自分の価値が高められないと、いざ動き出そうと思った際に何もない自分に焦り同じような仕事を選んでしまうのです。

個人の価値が上がらない


レベルが低い職場では成長できる機会も減ります。


成長できる機会が減るということは個人の価値が上がりません。



なぜなら周りのレベルに合わせて仕事をするばかりで、少し無理をするなどハードルの高い仕事に取り組めないからです。


いざ、会社がダメになった時や転職したいタイミングの時に自分をアピールするものがないと仕事を選ぶことすらできません。

妥協した仕事を選ぶ人生より、やりたいことに挑戦できる人生を作るためには自分自身のキャリアアップが必要不可欠です。


考え方がネガティブになっていく


人は良くも悪くも周りの影響を受けます。


ポジティブで前向きな人たちに囲まれれば引っ張られて同じように行動を。


一方で不平不満ばかり、向上心もなくやる気のない人たちに囲まれれば頑張る自分がバカバカしくなります。

自分を取り巻く環境が今の考え方や行動を作り上げていると言っても過言ではありません。


レベルの低い職場では考え方も行動もネガティブな情報ばかりに目が向いてしまいがち。


それではストレスも溜まりますし、何をしても「どうせ」が口癖になってしまうのです。


そうなる前に自分にとってポジティブに入れる、人生を豊かにする環境を選び直しましょう。



「もう無理」と限界を感じている方
は、以下のまとめを参考にしてみてください。




尻拭いで自分の時間を奪われる


レベルの低い職場では同じことでミスを何度も繰り返したり、取引先からの不満など問題が絶えません。


そのしわ寄せは仕事ができる人に回り、尻拭いに翻弄されるのです。


ミスした人の代わりの仕事、取引先に謝罪をするなど一向に自分の仕事に集中できません。


時間を奪われると、やりたい仕事よりやらなきゃいけない仕事を優先しなければならないため意欲も削がれてしまうのです。


そしてレベルの低い人は他人の時間を奪っていることにすら気付かないのです。


これではいつまでたってもやりたいことや挑戦したいことが実現できません。


改善のために動いても時間がかかり確実性もないので、離れて違う場所を選ぶなど自分自身が変わった方が長期的に見てもメリットがあります。


スポンサーリンク
スポンサーリンク


まとめ ~仕事のレベルが低い人がいるのは当たり前~


以上、周りのレベルが低い職場を今すぐ退職すべき理由について様々な情報を解説してきました。


転職は「人・報酬・経験」のうち欠けているものが多ければ多いほどした方が良いとされています。



ただ「仕事のレベルが低い人がどこにでもいるのは当たり前」と認識しておかなければ今後も苦しい状態が続くでしょう。


また中にはレベルの低い人を何とか仕事ができるようにと翻弄しますが、ストレスになるだけなのでおすすめしません。


教えられる側よりも教える側のカロリーが高いですし、それに見合う報酬は望めません。



他人を変えるより、自分の周りの環境を変えた方がはるかにあなたにとってメリット増えます。


ただでさえ考えなければいけないことが沢山あるのに、あちこちで責任を持つと自分がやるべき仕事すら疎かになってしまうのです。


助けてあげるとレベルの低い人は楽をするだけです。

コメント