1年未満で転職繰り返す人の原因は?失敗しない5つの会社選びを解説!

転職活動
「1年未満で転職繰り返す私は社会人失格ですか?」

「何度も短期間で辞めてしまったら、もう正社員は無理?」

「転職が失敗しないための会社選びのコツがあれば知りたい!」




このように何度も転職を繰り返してしまうことに頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。



入社前と入社後のイメージもいざ働いてみると違うこともありますからね。



当記事では1年未満で転職繰り返す人が失敗しない5つの会社選びについて徹底解説していきます。



さらに1年未満で転職繰り返す人だけが持つ3つの原因も紹介しているので参考にしてみてくださいね。





スポンサーリンク





1年未満で転職繰り返すのは良いこと?悪いこと?どっち?



結論から言うと1年未満で転職を繰り返すこと自体は悪いことではありません。



ただ転職する理由によっては甘えと捉えられても仕方ありません。





例えば仕事がつまらないからという理由だとしたら時期尚早と言えます。


仕事が面白いかどうかはちゃんと結果を出してみなければ分からないのです。



何を目的として何を得るための転職かがハッキリしていないと時間の無駄になってしまいます。



環境を変えた方がいい場合は、人間関係など自分で変えようのないもの。



それでは次節より転職を繰り返す原因について具体的に確認していきましょう。



1年未満で転職繰り返す人の原因とは




短期間で転職を繰り返してしまう人の主な原因は目的とゴールが明確にないことが挙げられます。



では具体的な1年未満で転職繰り返す人だけが持つ3つの原因について下記を解説していきます。


  • 働く目的が見つかっていないから
  • 仕事が変わったら自分が変わるという思い込み
  • 結果を出す前に転職しているから



働く目的が見つかっていないから




何度も転職を繰り返してしまうのは働く目的が見つかっていないということ。


  • 何を手に入れるために仕事をするのか
  • どんな目的を持って入社したいのか
  • 働きながら何を成し遂げたいのか




上記のように働く目的が定まっていないと、働く意味が見出せなくなってしまうのです。



それは自分の社会人生の満足度を高める上でも必要なこと。




軸がないことで「あれが嫌だ」「これが合っていない」と会社が悪いことにして思考が停止します。



どんな好きな仕事でも好きなことをするために、嫌なこと糧にする場面は必ず出てきますからね。


仕事が変わったら自分が変わるという思い込み




転職というのは自分を変えたいというある種の変身願望もあるでしょう。



環境を変えれば、人を変えれば、仕事を変えれば自分が変わると思われる人も多いかもしれません。


ただ周りが変わっても自分が変わらなければ、常に同じ悩みがループしていくのです。




周りだけに原因を求めるのではなく自分も振り返ってみてください。



仕事が変われば自分も変わるというのは思い込みであり幻想です。



結果を出す前に転職しているから




仕事がつまらないと転職を繰り返してしまっている人ほど結果を出せていないことが多いです。



仕事のやりがいや面白さというのは結果を出して初めて判断できるもの。


結果も出さずに「つまらないから辞める」という選択は逃げに近い感情です。




やるだけやってみて「やっぱり自分に向いてない」という理由とは訳が違います。



何も得れずに転職を何度もしても成長できません。



1年未満で転職繰り返す人の5つの特徴を紹介



続いて1年未満で転職繰り返す人の特徴について確認しておきましょう。



6つの共通点について下記を紹介していきます。


  • 完璧主義者でプライドが高い
  • 承認欲求が強い
  • 会社を私物化して理想を求める
  • 仕事の楽しさを見つけられない
  • 得意なこと・苦手なことのミスマッチ




次節より1つずつ詳しく解説していきます。


完璧主義者でプライドが高い




完璧主義でプライドの高い人ほど、悪い部分に目が行きがち。


「あれができていない」「これは向いてない」と自分に合わない職場として捉えてしまうのです。




仕事に対してのストイックさに性格が働いている時は良い結果を生み出すかもしれません。



ですが、見下すような見方をしてしまっては本質を見失ってしまうことにも繋がるでしょう。


承認欲求が強い




承認欲求が強い人ほど、職場に不満を感じやすいもの。


  • この仕事をしていても意味がない
  • 何で評価されないのか分からない
  • 全然思い通りにいかない




このように原因を自分に向けず環境や他人に置き換えて考えます。



承認欲求も向上心になる良い面もあります。



ただ、悪い方向に向いてしまうと自分を認めない周りのせいになってしまいますからね。


会社を私物化して理想を求める




「会社はこうあるべき」と会社を私物化して理想を求める人ほど条件に厳しいもの。


基本的に減点方式なのであれが嫌だこれが嫌だと、どんどん会社に不満が溜まります。




ライフスタイルとのバランス、給与、人間関係など合わない会社が悪いと結論付けるでしょう。



全て満点な会社は存在しませんので、どこかしらで受容できる落としどころを見つけなければなりません。


仕事の楽しさを見つけられない




転職を繰り返す多くの方が「楽しさが見つからない」「やりがいが見出せない」理由を挙げます。



ただやりがいや楽しさは成果を出してみなければ分からない感情です。




食べてみてはじめて美味しいかどうか分かりますよね。



ホームランはホームランを打った人間にしか味わえないということです。



何も得れないまま結果を出す前に転職、または他部署に異動しては次に向かっても成長ができません。



得意なこと・苦手なことのミスマッチ




自分の得意なこと・苦手なことを自己分析しておくことは非常に大事です。


特に苦手なことを仕事にしていると成果も出づらく、辛い思いをしてしまいます。




一生懸命取り組んでも、やってもやっても上達しないのであれば心も折れてしまいますからね。



仮にそれが好きなことであったとしても継続的な結果が出なければ仕事として成立しません。




そして自分の得意なことで結果が出せる方が仕事への満足度は高まるのです。



もし得意なことが分からないのであれば、周りの友人など第三者に聞いてみてください。



客観的な意見は自分自身で見えていない新しい答えが見つかります。



1年未満で転職繰り返す私の人生大丈夫?再就職に不利?




短気で何度も転職を繰り返す場合、企業は以下のように捉える傾向が高いでしょう。


  • 採用してもまたすぐに転職するかもしれない
  • 仕事を長続きさせられる性格じゃないのかもしれない
  • 人間関係を円滑に進められないのかもしれない
  • 会社の不満を見つけて雰囲気が悪くなるかもしれない




応募書類上では背景も見えませんし、上記のように感じても仕方ありません。



逆の立場でも理由が分からなければ、同じように感じるのではないでしょうか。


ちゃんと理由が伝えられないと、短期間での転職の繰り返しは不利になってしまうということです。




面接官からは「転職回数が多いけど、辞めた理由は何かありますか?」と聞かれます。



その時に面接官に納得してもらえる理由があれば不利にはならないでしょう。




そして短期間で転職してしまうのは会社選びにも原因があるかもしれません。



次節より失敗しない会社選びについて確認していきましょう。


1年未満で転職繰り返す人限定!失敗しない5つの会社選びの方法とは




1年未満という短期間で転職を繰り返さないためには、腰を据えて働ける会社との出会いが必要。



そして長く働く上では自分自身の会社への向き合い方も見つめ直さなければなりません。



では具体的な失敗しない5つの会社選びの方法について下記を解説していきます。


  • 自分の価値観に合う職場を選ぶ
  • 手に入れることへの基準を明確に作る
  • 結果を出してからやりがいを判断する
  • 社内外で人間関係が良くなる環境
  • 好きなことより得意なことを優先する


自分の価値観に合う職場を選ぶ




その会社に勤め続けるか、離れるかの判断基準は「価値観の相違」が挙げられます。



友人や恋人関係でも同じように合わない人と付き合いを続けませんからね。


自分の軸となる価値観に合う職場を選べば自然と感覚が近しい人と出会います。




主には会社の社風や理念、特徴や平均年齢など求人を見て大事に思っているポイントが近いかどうかです。



そして転職する多くの理由は人間関係で仕事の満足度に大きな影響を与えています。



人間関係で疲れたことを面接で正直に伝えた方が良い理由
について以下で解説しているので参考にしてみてください。



手に入れることへの基準を明確に作る




転職する上で最も重要なことは入社した会社で何を手に入れたいかです。



スキル、能力、収入、地位など理由は人それぞれ。


何のために転職しなければならないのか、この基準を明確に作りましょう。




ゴールが決まれば、後は行動が逆算できます。



そして手に入れたい願望はモチベーションや意欲といった仕事への活力になっていくのです。




決して転職することを目的にしてはいけません。



結果を出してからやりがいを判断する




入社して1年未満に転職してしまう人ほど、結果を出していないことが多いでしょう。


結果が出なければ仕事が楽しいかどうか判断がつかないですよね。




やりがい感じない人はやりがいを感じるために何をしたか自分と向き合う必要があります。



でないと、何かある度に会社のせい・環境のせい・周りの人間のせいにして成長ができません。



やりがいや楽しさは空から落ちてくるものではありません。



自らの行動の結果に対して実感できることを理解しておきましょう。


社内外で人間関係が良くなる環境




社内の人間関係もプライベートの人間関係も良くなる職場環境は大事です。



ポイントは時間や精神的な余裕が持てるかどうかということ。




片方に集中しすぎるとメンタルのバランスも崩れやすくなります。



「仕事は嫌だけど終わったら楽しみが待っている」


「私生活で嫌なことがあったから仕事で忘れる」



お互いの良い逃げ道がある方が良いでしょう。


好きなことより得意なことを優先する




趣味であれば好きなことだけ続けられますが、仕事はそういきません。



仕事は結果や成果をあげるために、やりたくない嫌なことをしなければなりません。




言い換えれば誰もやりたくないからこそ仕事はお給料が貰えているとも言えます。


だからこそ仕事を長続きさせるためには得意なことを優先した方が良いでしょう。




得意なことは結果も出やすく、モチベーションも持続します。



得意なことの延長線上に好きなことを叶える力が育つことを認識しておきましょう。





スポンサーリンク
スポンサーリンク






まとめ ~同じ業界・他業種を転々としている人へ伝えたいこと~




以上、1年未満で転職繰り返す人について様々な情報を解説してきました。



中には同じ業界内で点々と転職をしている人がいますが、その心理を把握していない人が多いのです。



同じ業界をぐるぐる回っているということは「やりたいことがそこにはない」ということ。




また他業種を転々と転職している人に伝えたいことは以下の通りです。


継続力や持続力を高めることを意識しましょう。




結局のところ、周りの人が楽しそうに仕事をしているように見えるのは成果が出ているからです。



成果が出るまでは頑張って続けてみて、成果が出てもつまらないと感じるのであれば転職しましょう。



コメント