人生は一度きり!後悔しない転職を選択するための5つの選択術とは

転職活動
「人生一度きりと分かってはいるけど、失敗が恐くて挑戦できない」

「転職して今よりも悪くなったことを考えると勇気が出ない」

「決断を後悔しないための方法があれば知りたい!」


このように今の仕事から新しいことへ挑戦するべきか、留まるべきか悩んでいるのではないでしょうか。


頭では人生一度きりと理解していても、失敗が頭によぎって行動できない人も多いですよね。


そこで当記事では後悔しない転職を選択するための5つの選択術について徹底解説していきます。

さらに分かっているけど転職する勇気が出ない5つの心理も紹介しているので参考にしてみてくださいね。



スポンサーリンク




人生は一度きり!分かっているけど転職する勇気が出ない5つの心理


人生は一度きりと頭では分かっているけど、転職する勇気が出ない人は自分と向き合えないことが大きな原因です。


言ってしまえば都合の悪い現実から目を背けてしまう人にありがちな傾向とも言えます。


では具体的な人生は一度きりと分かっているけど転職する勇気が出ない5つの心理について下記を解説していきます。

  • 悪い未来ばかり想像してしまう
  • 失敗する=悪いことだと捉えている
  • 完璧主義でプライドが高い
  • 退職したら迷惑がかかるという思い込み
  • できない理由ばかり探してしまう


悪い未来ばかり想像してしまう


最悪のケースを想定することは決して悪いことではありません。



それによって対処を考えたり、対策も生まれるからです。

ですが、ただやみくもに悪い未来ばかり想像してしまうことは何も生みだしません。


結果、傷つきたくないという思いが先行してしまい行動に移すことができなくなってしまいます。


本来なら良い転職先に出会うためにどうするかを考える方が大事ですからね。



このような現実逃避型の解決策については以下でまとめているので参考にしてみてください。



失敗する=悪いことだと捉えている


転職が上手くいかずに失敗したとしたら周りからどう思われるか気にしていると、行動に移せません。

これは解釈の問題で失敗=悪いことだと捉えているからこそ恥ずかしい自分を見られ


例えば初めて自転車に乗った時を思い出してみてください。


補助輪を外したら何度も何度もこけては立ち上がりましたよね。


要するに失敗というのは上手くいかない方法を学ぶために必要なプロセスなんです。



この解釈を変えない限り、決断する勇気を持つことは難しいでしょう。


転職活動のメンタルの保ち方
について以下で解説しているので参考にしてみてくださいね。




完璧主義でプライドが高い


完璧主義でプライドが高い人ほど行動ができません。


言ってしまえば挑戦しない自分、成長しない自分を受け入れられてないということ。


さらに条件がそろわなければ動けないというのは失敗を許容することができないからです。

自分はこれぐらいのレベルの人間だとダメ部分を認めることから始めなければいけません。



失敗したら恥ずかしい、体裁が保てないと周りから見た自分の評価ばかりに目が行っていませんか。


頭で考えても答えが出ないのであれば、がむしゃらに行動して経験するしかないのです。

退職したら迷惑がかかるという思い込み


特に人員不足の会社に勤めていると、居なくなったら迷惑がかかると思われる人もいるでしょう。


辛口で言ってしまうとモチベーションが低い人がいた方が会社にとっては悪影響です。


会社は簡単に社員を辞めさせることはできませんし、仮にあなたが退職したらモチベーション高い人が入社するのでむしろプラスです。


それに人員不足は会社のマネジメントのせいであって、あなたのせいではありません。


周りに迷惑がかかるという理由は一歩踏み出さないための良い道具になっている可能性が高いでしょう。

できない理由ばかり探してしまう


自分が持っている強みよりもできない理由ばかり探してしまう人は臆病になりがちです。

  • 社会に役立つような資格を持っていない
  • 結果が出せるような特別な能力もない
  • 周りと上手に関係を保つためのコミュニケーション力がない


このようにないものを数えたらきりがありませんし、それはあなたに限ったことではありません。



そして自分にあるものを探していかないと、できる選択肢も生まれてこないのです。


もしネガティブな感情ばかりに目が向いてしまうのであれば、他人に自分が得意なことを聞いてみてください。


どうしても強みが見つからないという方は以下のまとめを参考にしてみてくださいね。




人生は一度きり!転職しなかった際に起こる3つの後悔


続いて転職したいけど勇気が出なくて転職しなかった時の後悔についてです。


どんなことを後悔するか、事前に知っておくことで後悔を防ぐことにも繋がりますよ。



それでは転職しなかった際に起こる3つの後悔について下記を解説していきます。

  • 選ばなかった未来への後悔
  • あの時こうしておけばという過去への後悔
  • 勇気を持って行動できなかった自分への後悔


選ばなかった未来への後悔


いつかを待っている人にそのいつかは訪れないように、行動でしか答えを得ることはできません。


そして行動しないままでは、頭の中で妄想している違う自分像がずっと残ってしまうのです。

  • 転職していたら、もっと仕事にやりがいを持てたかもしれない
  • 転職していたら、もっと収入も増えて生活に余裕が出ていたかもしれない
  • 転職していたら、今の悩みも全部解決できたかもしれない


選ばなかった未来に対して「かもしれない」という後悔が延々と続いてしまいます。



年齢を重ねれば重ねるほど「こんな人生じゃなかった」と思う後悔の根源となるでしょう。

あの時こうしておけばという過去への後悔


今の自分を作り出しているのは過去の行動や選択です。


そして転職したいけど選択肢が少ない場合、「あの時こうしておけばこんなことには」と過去の後悔にとらわれてしまいます。

こんなはずじゃなかったと終わったことを考えてしまい、足が止まるということです。


この後悔が強くなっていくと、次に起こることは自己否定です。



「どうせ今から頑張っても」「もう今さら遅い」と自分自身にダメなレッテルを貼ってしまうことに。

勇気を持って行動できなかった自分への後悔


今までの人生の中で後悔してきたことの原因は「行動しなかった」自分ではないでしょうか。


勇気が持てなかった自分、一歩踏み出せなかった自分、それによって答えが分からないまま過ごしてしまうから後悔が募ります。


起こった結果に対してではなく、自分自身へのがっかりした気持ちが生まれてしまうのです。


その根本にある感情は上手くいかなかった時の自分と向き合いたくないからと言えます。



誰しも自分の嫌なところを見たくないものですが、受け入れることを容認しない限り後悔は続いていくでしょう。

挑戦を選ぶ人だけが成長でき、失敗を選ぶ人は妥協し続ける


人はどんな時に成長し自分に自信をもって満足することができるでしょうか。


それは挑戦した先の新しい自分に出会うことでしか得ることができません。


更に言うとこの経験がその後の人生を豊かにしていくための必要な選択肢です。


経験値が多い人がどうして結果を出せるかと言うと、他の人よりも選択肢のオプションが多いからですよね。


選択肢を増やすということは誰よりも挑戦して失敗してうまくいかない方法を知っているということ。


一方で物事に取り組む際に失敗を選んでしまう人が辿り着く先は妥協です。



自分の目の届く範囲、手の届く範囲、想像のつく範囲でしか行動ができず「とりあえずこれでいいか」をやり続けてしまうでしょう。

仕事に不満を感じながらもダラダラと今の職場の文句を言いながら居座り続ける典型です。


辛口になりますが、果たしてこの選択で人生の終わりを迎えたときに「良い人生だった」と心から思えるでしょうか。


恐らく「あの時こうしておけば今ごろは」と後悔することが目に見えています。



分かっていても行動できない人はその解釈や捉え方を見直す必要があるのです。


では次節より後悔しないための具体的な選択術について解説していきますね。

人生は一度きり!後悔しない転職を選択するための5つの選択術


後悔しないための選択において大事なことは自分で決めたという納得です。



そして選んだ道を正解だったと思えるように行動できるのが人の良いところとも言えます。


では具体的な後悔しない転職を選択するための5つの選択術について下記を解説していきます。

  • 選んだ後悔と選ばなかった後悔を天秤にかける
  • 転職と現状維持で手に入れられるものを数える
  • 未来の視点から今を見る
  • 決断した後に行動を考えればいい
  • 挑戦するマインドを持てば成長できる


選んだ後悔と選ばなかった後悔を天秤にかける


転職をしたときの後悔と転職をしなかった時の後悔、2つの選択を天秤にかけましょう。


どちらが後悔の念が強く、後悔が重いかで決断を判断していきます。


そして多くの方が年齢を重ねて考えることが「やらなかった後悔」です。


ただこの「やらなかった後悔」はいつでも取り返せると言えます。



「もっと勉強しておけば」という大人の方が多いですが、今からでも勉強できますよね。


このように大抵の場合、遅いかどうかを判断しているのは世間ではなく自分自身です。

転職と現状維持で手に入れられるものを数える


転職しようと現状維持が良いか迷っている人は悩みが抽象的だからです。

そして目的が決まっていないからこそ、自分が取るべき行動が分からないと言えます。


転職したら手に入るもの、今の仕事を続けて手に入るものを数えてみてください。



A4の用紙を半分にしてそれぞれ書き出してみるのもおすすめです。


今の自分が最も欲しているものが決まれば、自ずと取るべき行動が見えてきます。

未来の視点から今を見る


現在の視点から物事を見ていくと「あれができない」「これが向いてない」と結論付けてしまいがち。

まずは未来の視点から今を見るようにしてみてください。


具体的には今の自分を未来から見ていくということです。


今自分がやっていることが未来の自分にとって良かったと思えるかどうかで判断していきます。



これが「あの時こうしておけばよかった」という後悔を防ぐコツです。

決断した後に行動を考えればいい


ハッキリとした言い方になりますが、転職した後のことを行動する前に考えても無駄です。

どんな転職先を選べば良い人生が送れるかどうかを分かる人は誰もいません。


そのため自分にできることは何かというと「この選択は正しかった」と後々の行動によって思うこと。


どうしたらこの決断を選んだ自分を誇れるのかを考えながら転職活動をしていきましょう。


挑戦するマインドを持てば成長できる


挑戦するマインドを持つと失敗を経験しても自分の糧にすることができます。

失敗を恐れて行動した場合と挑戦するマインドで物事に取り組んだ結果は捉え方が変わるということです。


後者の方がはるかに自分の人生を豊かにする上でプラスになっていることが分かりますよね。


そして挑戦するマインドは成長を求めているので失敗を乗り越えることができるのです。



失敗しない人なんて誰もいません。


失敗を受け入れられる自分を整えることで自己決断力が高まります。


スポンサーリンク
スポンサーリンク



まとめ ~大きな決断で後悔しないために気を付けるべきことは?~


以上、人生は一度きりと分かっているけど転職する勇気が持てないことについて様々な情報を解説してきました。


実際に求人サイトを見ていくと、様々な企業の情報が出ていて何を選べば正解か分からなくなってしまいますよね。


選択肢は沢山あるけど何を選んでいいか分からない人は吟味していないのと同じです。


ぼんやりと全体を見るのではなく、1個1個自分の基準を決めて精査していくことが大事。


良さそうな求人が10件あったとしたら良い5件悪い5件と分けていって徐々に数を減らしていきます。


このように自分が納得して意思決定したものでなければ、後悔を減らすことができるのです。


選んだ根拠もしっかり持っていれば、自分の軸がブレることなく転職活動を頑張れますよ。

コメント