転職はメンタルの保ち方が全て!ストレスとプレッシャーを乗り越える方法

転職活動
「書類選考の合否にも一喜一憂して、面接の合否にもドキドキして疲労感がヤバい」

「転職活動をしてまだ1か月ぐらいなのに精神的にどっときている」

「メンタルの弱い自分でもストレスやプレッシャーを乗り越える方法はある?」


このように転職活動を始めて体力的にも精神的にも厳しい日々を過ごしている人も多いのではないでしょうか。


しかもメンタル面が疲れてしまうと、正常な判断能力が低下してしまうから厄介ですよね。


そこで当記事では転職はメンタルの保ち方が全て!ストレスとプレッシャーを乗り越える方法について徹底解説していきます。

さらに転職活動でメンタルの保ち方を知らないと起こる3つの過ちも紹介しているので、参考にしてみてください。


スポンサーリンク



転職活動でメンタルの保ち方を知らないと起こる3つの問題とは

転職活動でメンタルの保ち方を知らないと起こる問題は自己否定です。


反省して次につなげるのではなく、失敗として捉えて責めてしまう傾向が高まります。


それでは具体的な転職活動でメンタルの保ち方を知らないと起こる3つの過ちについて徹底解説していきます。

  • 不採用通知で自分を責めすぎてしまう
  • 転職先に妥協が生まれる
  • 焦って転職先を決めて後悔


不採用通知で自分を責めすぎてしまう


転職活動中に最もメンタルに来るイベントが不採用通知ですよね。


書類選考で落ちる・面接で落ちるなど採用にはプロセスが多いため、精神的に落ち着かない状況が続きます。

「この会社に入りたい」「最終選考まで残った」と思いがあるほど、不採用通知だった時に落ち込み自分を責めてしまいます。


理由は簡単で不採用=否定されている気になるからです。


よく営業職で「断られるのが凹む」という方もいますが、断られているのはサービスであってあなた自身ではありません。


転職では企業が求めている採用像に合うか合わないかだけで、あなた自身が否定されているわけではないのです。


ですが、メンタル面が不調だと冷静に客観的に考えられなくなってしまいますよね。


必要以上に自分を責めてしまいダメなやつレッテルを貼ってしまいがちになります。


不採用通知が続いてしまう方の原因について
以下で解説しているので参考にしてみてください。


転職先に妥協が生まれる


転職活動でメンタルが疲れてくると、転職先に妥協が生まれます。


  • もう転職活動疲れたからこの企業でいいや
  • この待遇だけ我慢すれば転職活動が終わる
  • まずは生活費が大事、働ければ何でもいい


これでは何のための転職か分からなくなってしまいますよね。


転職した先に何を得たいのかが目的だったのに、転職自体が目的化してしまうのです。



「とりあえず」と頭によぎったら一度冷静になって本当に入社したいのか考えましょう。

焦って転職先を決めて後悔


転職先が中々決まらないと、採用通知を貰った企業に焦って入社を決めて後悔しがち。



既に体力的にも精神的にも転職活動を続けたくないメンタル状態であれば尚更です。

自分が納得した転職先でなければ、入社して起こる様々な問題に対応する気力が湧いてこないでしょう。


そして「どうせとりあえずで決めた会社だし」と言い訳し始めてしまうのです。


「ここで頑張るんだ」「ここで能力を高めるんだ」という目的意識のない転職は長続きしません。

転職活動中にメンタルの保てなくなる5つの原因を理解しよう


どうして転職活動をしているとメンタルが保てなくなるのか、原因を理解することで対処することができます。


本章では転職活動中にメンタルの保てなくなる5つの原因について下記を解説していきます。

  • 未来が分からないから不安になる
  • 転職先が決まるまで何度も同じことを繰り返すストレス
  • 多忙で自分の時間を作れない
  • 作業のカフェや移動の交通費で貯金が減る
  • 周りの人間と比べてしまう


未来が分からないから不安になる


転職活動は希望に満ち溢れる反面、やり始めていくと現実化していきます。

自信を持って面接に臨んだ結果、不採用通知であったり何が正解か分からなくなってしまいます。


本当に転職先が見つかるのか、このまま上手くいかないんじゃないかと不安にもなりますからね。


次第に終わりが見えない転職活動に疲れてしまい、正常なメンタルが保てなくなってしまうのです。


転職先が決まるまで何度も同じことを繰り返すストレス


転職先が決まるまで、転職活動は延々と同じことを繰り返していきます。

  • 応募したい企業ごとに履歴書を作る
  • 企業分析をして、話せる内容を構築する
  • 志望動機を考えて伝えられるように練習する
  • 交通費をかけて面接会場に向かって合否を待つ


不採用通知であれば上記の工程を続けなければなりません。


「はぁ、またやらなきゃいけないのか」とメンタルも落ち込んでしまいますよね。


長期的になってしまうとメンタル面だけでなく、体力的にも気力的にも負荷がかかってしまいます。


多忙で自分の時間を作れない

特に在職中に転職活動を進める場合、多忙で自分の時間を作るのが難しくなります。


会社でも8時間以上働いて、疲れて家に帰って転職活動をする毎日。


場合によっては就業後に面接の日程を組めば家に帰る時間はもっと遅くなりますよね。

さらに休日にも転職の準備や面接など休息を取る暇がありません。


転職活動のことを考えない・行動しない日が1日もないとなればストレスにも溜まりますよね。



好きな趣味の時間も削って、やりたいことよりやらなきゃいけないことに時間を取られるとメンタルが保てなくなります。


在職中の転職活動のメリット・デメリット
について以下でまとめているので参考にしてみてくださいね。



作業のカフェや移動の交通費で貯金が減る


転職活動中は普段の生活費にプラスアルファで貯金が減っていきます。

  • 企業へ面接に向かうための交通費
  • カフェで作業をする際のドリンク代


上記は回数が多ければ多いほど出費もかさみます。


転職活動が長引くほど、出費も比例するので貯金が減っていくことで余裕がなくなります。



さらに私服出勤方は就業後に面接を受けるためにスーツを持参しますよね。


会社にバレないようにするためにコインロッカーを借りたり、トイレで着替えるなど手間ばかり。


また会社でバレずに転職活動を進める方法とバレた時の対処法を以下でまとめているので参考にしてみてくださいね。


周りの人間と比べてしまう


転職活動をしている最中にSNSで調べたり、身近な人に話を聞いてもらう機会もありますよね。

自分よりうまくいっている比較対象が現れてしまうと、自己否定に陥ってネガティブに捉えてしまう人は多いのです。


隣の芝生は青く見えるではないですが、頑張っても報われていない自分が卑屈に見えてしまうこともあるでしょう。


できていることに目が向かず、上手くいかない原因ばかりに気持ちが行ってしまうのです。



これではメンタルの波も激しくなるので、精神的にも疲弊してしまいますよね。


モチベーションの波が激しくて疲れる
という方は以下を参考にしてみてくださいね。



転職はメンタルの保ち方次第で考え方や捉え方が変わる!

私自身、企業の採用面接官として多くの中途採用者を面接してきました。


その中ではっきりと伝えられることは10分前後の面接で応募者の人間性を図ることは不可能です。


そもそも論として人を見抜く専門家として学んでいる人は少ないため、相手の能力を見抜けるわけがありません。


確かに不採用通知が来れば落ち込んでしまうかもしれませんが、ただの「運」と「縁」です。


そして結局採用しやすい人は「自分たちとウマが合いそうな雰囲気があるかどうか」につきます。



扱いづらい人を採用するメリットはありませんし、同じ空気感や感覚を持っている人の方が早く会社に馴染むからです。


面接が上手くいかなかったとしてもメンタルに支障をきたすぐらい悩む必要はありません。


メンタルの保ち方次第で考え方や捉え方が変わるため、すぐに切り替えて次に向かう方が建設的です。


それでは次節よりストレスとプレッシャーに負けないメンタルの保ち方について詳しく解説していきます。

転職はメンタルの保ち方が全て!ストレスとプレッシャーを乗り越える3つの方法を解説!


ストレスとプレッシャーを乗り越えてメンタルを保つためには思考のアップデートが必要です。



それでは具体的なメンタルを保ってストレスとプレッシャーを乗り越える3つの方法について下記を解説していきます。

  • 解釈や捉え方を変えていく
  • 思い通りにいくという考え方が間違え
  • 悩んで結果が良くなるのかを見極める


解釈や捉え方を変えていく


人は解釈や捉え方次第で物事をネガティブにもポジティブにも変えていくことができます。



例えばあなたが上司に「なんでお前はこんな仕事ができないんだ」と怒られたとしましょう。

  • ネガティブの場合・・・仕事ができない自分は何てダメなやつなんだ
  • ポジティブの場合・・・こういう言い方しかできないなんて寂しい人だな


上記のように解釈や捉え方を変えることで次に取る行動のパワーが変わってくるのです。


びくびくしながら仕事をするのか、はたまた自分らしく信念をもって前向きに取り組むのか。


メンタルを正常に保つ上で解釈や捉え方を直すことが一番の近道です。


思い通りにいくという考え方が間違え


転職活動で落ち込む原因は「これだけ頑張っているからうまくいくはず」という思い込みです。


頑張ったら報われたいという思いは誰でも抱く感情ということは理解できます。

ただ頑張ったからと言って必ず報われるわけではなく、思い通りにいかないことの方が多いです。


自分史を思い返してみても予定通りにいかないことばかりですよね。


10年前に今の仕事をしていることが予定調和の人はかなり少ないはず。


準備したら、頑張ったら思い通りに報われるという考え方を止めましょう。

悩んで結果が良くなるのかを見極める


過去の出来事は今からどうあがいても事実を変えることはできません。



そのため仕方ないと受け入れるか悩んで結果を良くすることができるかを見極めましょう。


例えばあなたが希望の転職先から不採用通知が届いたとします。


ここで取るべき選択肢の順番は、まず不採用通知は仕方ないと受け入れること。


そして何をどうすれば次の面接でパフォーマンスが上がるのか改善点を探すことです。

変えられない事実を変えようとしても意味がないということです。


いくら頑張っても不採用通知が覆るわけではなく、解決法がありません。


だから不採用通知に悩むだけ損と言えます。


未来に向かってどう進んでいくために悩むべきかにフォーカスしていきましょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク



まとめ ~転職の面接は仕事と関係ない話が盛り上がるかどうか~


以上、転職活動のメンタルの保ち方について様々な情報を解説してきました。


前途でもお伝えしたように、面接は運と縁、そして会社とウマが合うかどうかに左右されます。


実力主義の会社なら過去の実績も関係あるかもしれませんが、未経験職の場合は以下がポイントになるのです。

面接官の一番偉い人と仕事以外の話で盛り上がれるかどうかは大事です。


話がかみ合う、趣味が合うだけで「こいつは良いやつだな」と人は錯覚するのです。


例えば犬好きには悪い人がいないという理論を唱える人がいますが、それに近いでしょう。


過去の面接官経験上、趣味やスポーツなど好きなものが一致する場合の方が面接が通りやすくなります。


もしかしたら第一志望に採用されなくて落ち込んでいる人もいるかもしれません。


ただ第一志望で入社したからと言って幸せになるかどうかは別の話。

諦めきれなければ中途採用でも入れますし、まずは今いる居場所を正解にするよう努力していきましょう。

コメント