転職先が決まったけど仕事が不安しかない。不安を力に変える方法とは

転職活動
「やっと現職から解放されると思ったのに、転職の不安が大きい」

「本当に転職して良かったのかな・・・正解が分からない」

「漠然とした不安しかない時、どうすればいいのか教えて欲しい!」


このようにせっかく転職先が決まったのに不安で仕方がない方も多いのではないでしょうか。


現職の退職手続きを進めていくと、選択が正解だったのか迷ってしまいましょね。


そこで当記事では転職先が決まったけど仕事が不安しかない。不安を力に変える方法とはについて徹底解説していきます。


さらに転職先が決まった後に不安を感じるのはメリットだらけの3つの理由も紹介しているので、参考にしてみてください。


スポンサーリンク



転職先が決まったけど仕事が不安しかない。不安の3つの心理を紹介

転職先が決まった後に湧いてくる不安はまだ起こっていない未来の事ばかり。


事実かどうか確かめられないながら、想像を繰り返してしまうために不安も大きくなっていくもの。


まずは転職先が決まったけど仕事が不安しかない。不安の3つの心理を紹介について下記を解説していきます。

  • 人間は次の不安が常にやってくる
  • 前に進む意味を見出そうとしている
  • 手に入れたものを失うかもしれない


人間は次の不安が常にやってくる


転職活動中は「転職先が決まるかな」という不安を抱えていたでしょう。


ただ転職先が決まった後には転職活動中に抱えていた不安は消えていますよね。

要するに人間の不安は行動の結果によって常に上書きされていくものなのです。


例えば若い頃は老後のことなど心配しなかったですよね。


年齢を重ねれば年金のことなど老後の生活に不安を感じて生活するわけです。


不安は常に私たちの周りに存在し続けているからこそ、人は不安を解消すべく行動できると言えます。

前に進む意味を見出そうとしている


不安があるからこそ人は飲まれないように頑張るわけですよね。


この不安はこれから起こる新しいことに対して前に進む意味を見出そうとしています。


転職先では〇〇な仕事をしたいなどイメージもあるでしょう。


自分に何ができるのか、未来に対する期待の表れとも言えます。

手に入れたものを失うかもしれない


いざ念願の転職先が決まった後、きっと以下のような不安を感じているはず。

  • 本当に新しい環境について行けるのだろうか
  • もし仕事が覚えられずにミスばかりしたらどうしよう
  • 中途採用で結果が出せなかったら、ダメなやつだと思われるかも


転職先で今まで築いてきた自分の価値を失ってしまうかもしれないと不安になるのです。


特に完璧主義な人ほど、他人からの評価に敏感になります。


「できなければ自分に価値はない」
という思い込みから発生する不安とも言えるでしょう。

転職先が決まったけど職場に不安しかない。会社に感じる5つの不安とは

続いて転職先が決まった後に会社に感じる不安について紹介していきます。


特に長年同じ会社に勤めていた、また転職回数が少ない人ほど新しい環境への不安は大きいでしょう。


解説する内容は以下の通りです。

  • 本当にこの会社で正解なのか
  • 現職を退職したら後悔するかも
  • 新しい環境でちゃんと結果を残せるか
  • 新しい職場の人間関係に馴染めるのか
  • 社風や理念にマッチするのか


本当にこの会社で正解なのか


内定後に感じる不安の代表例は「本当にこの会社で正解なのか」でしょう。

やっと現職から離れられるのに、正解なのか分からなくなってきた。


転職活動で必死だった感情も落ち着いてくれば今後のことについて考えます。


そして選ばなかった方の未来をえてしまうのも人間の性と言えるでしょう。

どっちを選んでも大なり小なりは後悔することはあるため、後悔の重さで判断していくことがポイントでしょう。


現職を退職したら後悔するかも


転職をするということは今の待遇を捨てるということ。


そして場合によっては転職したことによって待遇が悪くなることもあります。

給与面、人間関係、役職などあなた自身が築いてきたでも、残るものと残せないものが出てくるのです。


今の職場で人間関係が良くても、転職先で良いかどうかは身を置かなければ分かりません。


「もしかしたら今の仕事を辞めたことに後悔するかも」という不安は少なからず頭によぎります。

だからこそ事前に確認できること「給与面」「福利厚生」などはきちんと認識間違いがないようにしましょう。


起こっていないことにしか不安は感じませんからね。


そして出戻りの転職が難しい理由も以下でまとめているので参考にしてみてくださいね。


新しい環境でちゃんと結果を残せるか


新しい環境で仕事をする際に、今までの経験を活かせるかどうか不安になりますよね。


さらに中途採用という立場から「ある程度仕事できるでしょ」とも思われるでしょう。

しかも勝手が分からない環境で成果を出すには時間を要するかもしれませんからね。


もし入社日まで有休などで時間があるのであれば、事前に転職先のサービス概要を可能な限り頭に叩き込みましょう。


何か商品を販売しているのであれば、商品名や価格、基礎知識や他者製品との違いを調べましょう。


さらに実際に利用されているユーザーの口コミも調べればリアルな声を見て想像もできます。

成果が出せるか漠然とした不安ではなく、それぞれを分解して理解してきちんと道筋を立てることで動き方も見えてきますよ。



中途採用社員の仕事ができない人の特徴や行動
をまとめているので参考にしてみてくださいね。


新しい職場の人間関係に馴染めるのか


転職活動から内定をもらうまでの期間、会社の概要や業務内容はくまなく調べたことでしょう。


ですが、人間関係だけは入社してみなければ分からないのです。


特に人間関係も主な理由となって転職活動を始めた方は以下のような不安を感じるでしょう。

  • 嫌味な上司がいたらやりづらいな
  • 気の合う同僚や仲間はできるかな
  • 陰湿な先輩がいたら、またぶつかるかも


このように「また同じことが起こるんじゃないか」という懸念が頭から離れなくなります。


大事なことは同じような嫌なことが起きたときに前回のことを活かしてどのように対応するかです。


プライドの高い上司、嫌味を言う先輩など障害となる人たちを上手くかわす方法を身につけた方が長い目で見れば得ですからね。


人からの影響でやる気を失わない対処法については以下での解説を参考にしてみてください。



社風や理念にマッチするのか


会社は既に在籍している社員が作り出す雰囲気、会社の軸としている社風や理念が存在します。


特に会社の社風が自分の価値観に合わなかったことを考えると不安も大きくなりますよね。

会社の社風は社長の考え方が象徴されています。


その考えにそれていく社員は自然と居場所を失ってしまうもの。


面接のときに聞いていた内容と入社後のギャップは必ず起こりえるのです。



そのため会社の社風に馴染めなかったとしても「何のために転職をしたのか」という目的を忘れては意見ません。

転職先が決まった後に不安を感じる3つのメリット!

「不安」というワードを目にするとネガティブな情報に捉えがちですが、そうではありません。


本来、不安があるからこそ人は考え、行動し前に進むことができるのです。



本章では転職先が決まった後に不安を感じる3つのメリット!について下記を解説していきます。

  • 不安があるから考え準備する
  • 不安があるから行動できる
  • 不安があるから気付くことができる


不安があるから考え準備する


人は不安を感じるからこそ、解決するために考え想像します

  • 上手くできるだろうか
  • 失敗したらどうしよう
  • 間違えるわけにはいかない


こういった仕事の不安があるからこそ、準備をして対策を講じるわけです。


Aの場合はBで対応しようと、あらゆるパターンを考えているからこそ次々と手が打てると言えます。

最悪の状況を想定することで、失敗しない仕事の設計を自然と立てているということです。


不安があるから行動できる


人は不安があるからこそ行動の質が上がります。


他の人が楽観的に仕事を終わらせて「そこまでやりすぎだよ」と言われた経験があるかもしれません。

ここまでやったから大丈夫と思えるところまで仕事ができない人は周りから信頼されません。


最後まで仕事をやり切ってくれるという姿があなた自身の評価に繋がるのです。


楽観的に仕事をこなすAさん、やれるところまできちんとやりきる心配性のBさん、どちらに仕事を頼みたいでしょうか。

不安があるからこそ誰よりも行動でき、その仕事への責任感が生まれるのです。


不安があるから気付くことができる


不安を感じる人は再チェックを怠りません。



「あれは大丈夫かな?」「これで問題ないかな?」と何度も確認するということです。

一方で不安を感じない人は「何とかなるだろう」でチェックを怠ります。


試しに不安を感じる人と感じていない人を社内で見つけて回数をチェックしてみてください。


きっと不安を感じない人の方がミスが多いはず。


不安を感じて見直しをしている人は他の人が気付かない緻密なことに目が向いています。


転職先が決まった後でも不安を感じている人は優秀な人です!


不安をネガティブ考えるほど、思考も行動も後ろ向きになりミスを起こしやすくなってしまいます。


不安をネガティブに捉えるのか、ポジティブの捉えるのかで結果が変わるのです。


避けたい・逃げたいと思えるような感情を逆手にとってポジティブに捉える方が遥かに成功確率を上げていきます。


そもそも論として不安を感じるということは、やるべきことがあることに気付けているということ。

そして不安や心配事があるからこそ、人は頑張れるのです。


さらに「不安」を上手にコントロールできれば、不安はあなたの大きな力にもなってくれます。



次節より不安を力に変える方法について詳しく解説していきます。

転職先が決まったけど仕事が不安しかない方へ。不安を力に変える3つの方法を解説!

不安は捉え方を変えるだけで力に変えることができます。


それでは具体的な不安を力に変える方法について下記を解説していきます。

  • 気付いていない情報を教えてくれている
  • モチベーションにすれば成果を生み出す
  • 不安の種類を明確にするとやるべきことが見えてくる


気付いていない情報を教えてくれている


不安を感じる時は気付いていない情報を教えてくれていると考えましょう。

何かしら足りていないことがあるからこそ人は不安を感じるのです。


足りないことが分かれば、気付いていない情報を見つけるための見直しを行いましょう。



そうすることで、事前にミスを防ぐこともできます。


細かい点に気付ける人は社内でも重宝されますよ。

モチベーションにすれば成果を生み出す


不安を感じているからこそ、準備をし対応策を考えることができます。


そして準備があったからこそ成果が伴ってくることは言うまでもありません。

不安をモチベーションに変えることで、成果を生み出すための行動が身につくのです。


不安がなければ再チェックすることもなく、失敗しても次につなげることができませんよね。


「本当に大丈夫だろうか」「これで上手くいくのか」という確認を繰り返すことで、着実な結果がついてきますよ。

不安の種類を明確にするとやるべきことが見えてくる


ただ不安や恐怖心を感じているだけでは、何に対して感じているのかが漠然としてしまいます。

不安の種類をきちんと見極めるようにしましょう。


自分自身がどんなことに不安を感じているかが明確になれば、やるべきことが見えてきます。



次に取る行動は不安に感じたことを一つずつ対応していく作業です。


次第に自分が何に対して不安を感じるのか、優先順位が見えてくるため事前の対応も上手になっていきますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



まとめ ~不安を感じるからこそ人は前に進み成功できる~


以上、転職先が決まったけど不安しかない方について様々な情報を解説してきました。


まとめとしてやはり大事なことは不安をネガティブに捉えないことが言えるでしょう。

不安があるから人は調べて準備をし、前に進むことができるのです。


仮にもし何の不安もなかったとしたら頑張ることを止めてしまうのではないでしょうか。


言い換えればミスをすること、失敗すること、評価されないことに不安がなければ何の実感も得られないまま終わってしまいます。


不安は成長できるタイミングにしか訪れないと前向きな情報として受け止めましょう。

コメント