今の会社に残るべき?転職が向いてない人の判断基準と解決法を解説!

転職活動
「会社に残るのが正解なのか、転職が正解なのか判断がつかない」

「周りからは転職は向いてないと言われるけど、転職したい気持ちもあるし迷う」

「転職が向いてない私が希望の転職ができるような対処法が知りたい!」


このように転職していいのかどうか判断がつかない方も多いのではないでしょうか。


転職に失敗したくない、今の会社にいた方が安心なのか、迷走してしまいますよね。


そこで当記事では今の会社に残るべき?転職が向いてない人の判断基準と対処法について徹底解説していきます。

さらに転職が向いてない人でも今すぐ離れるべき仕事の3つ特徴も紹介しているので、参考にしてみてください。



スポンサーリンク




あなたは転職に向いてない人?転職しない方がいい5つの判断基準とは

結論から言うと、今の会社にいてメリットがきちんとあれば残ってやり切るのも一つです。


そしてこれからお伝えする内容に該当するのであれば、転職は待っても良いかと思います。


では具体的なあなたは転職に向いてない人?転職しない方がいい5つの判断基準について下記を解説していきます。

  • 何のために転職するべきかが分かってない
  • 数年後のキャリアプランがない
  • 他人のせい、環境のせいにして矢印が自分に向かない
  • まだ今の職場に成長の余地がある
  • 裁量権を持って仕事ができる


何のために転職するべきかが分かってない


目的のない転職であれば、今の仕事をし続けるのと変わりません。

  • 転職をして何を得たいのか
  • 新しいスキルを学んで何をしたいのか
  • 転職によってどのようなキャリアを築いていくか


上記の目的意識がないと、転職活動や転職先で心が挫けてしまいます。


中途採用というのは即戦力になる要素があって始めて成立するもの。


新卒のように誰かが親切丁寧に教えてくれるわけではなく、自らの行動で仕事を生み出していくことが重要なのです。

数年後のキャリアプランがない


1年後、3年後、5年後のキャリアプランが描けなければ、転職先の明確性を失ってしまいます。


どんな自分になりたいのか、どんな風に生きていきたいのか、仕事はライフワークに大きな影響を与えます。


何も変化を求めないのであれば、転職をしてもしなくても変わらないということ。


転職先で新しい仕事を覚えて下っ端から始めることに耐えられないかもしれませんからね。


仕事の将来を決めるキャリアビジョンの考え方については以下で解説しているので、参考にしてみてください。



他人のせい、環境のせいにして矢印が自分に向かない


仕事で問題が起きたりミスが起きたとき、以下のように考える人は転職に向いていません。

  • 問題が起きたのは他でもない他人のせい
  • ミスが起きたのは環境のせい
  • 上手くいかないのは指示ができない上司のせい


このような考え方は、自分に矢印が向かず何かのせいにして思考停止している状態です。


要するに問題を解決する力がなく、さらにピンチをチャンスにすることができないということ。



与えられた仕事でも成果を出せない、アシストをされてもシュートを決めれない。


この悪循環で誰からも相手がされなくなるため、転職先でも戦力外になるでしょう。


転職後に仕事ができない人の特徴
について以下でまとめているので参考にしてみてくださいね。



まだ今の職場に成長の余地がある


今の会社でまだやり残したことがある、または成長の余地がある場合は転職せずに現職に邁進すべきです。

転職した先では同様の経験を得るためには時間を要するでしょう。


もし挑戦できるタイミングが回ってくるのであれば、それを対応してからでも十分遅くないのです。


転職先では新人扱いで仕事もすぐに回ってきません。


今しかできない経験は今後訪れない可能性だってあるということです。


裁量権を持って仕事ができる


もしあなたがリーダーやマネージャーといった立場で様々な裁量権を持って仕事ができるのであれば、転職は経験値を溜めてからでも良いでしょう。

仮に新たに転職したとしても新人扱いの一から出直しのケースばかりです。


自分で決定が出せる、部下に仕事をさせるなど管理・育成という仕事は誰にでもできるものではありません。


自分以外の他人にどのように成果を出させるのかを経験することは一握りの人にしかできないのです。



そしてこのようにマネジメント能力を持ち合わせた人間は転職先でも重宝されます。


まずは組織を作る、チームを育てるを学びきる気持ちで取り組むことをおすすめします。


転職が向いていない人と周りに言われた時に持つべき3つの考え方とは


普段の振る舞いや行動を見られて「転職は向いてないからやめておけ」なんて言われた経験をお持ちの方もいますよね。


「お前に何が分かるんだ」
と言いたいところですが、多くの方がその言葉に耳を傾けてしまいます。


だからこそ転職が向いていない人と周りに言われた時に持つべき3つの考え方について下記を紹介していきます。


  • 新しいことを始めようとすると足を引っ張る人がいる
  • 失敗か成功かは自分で答えを出すもの
  • 否定してきた人のレベル止まり


新しいことを始めようとすると足を引っ張る人がいる


転職を否定する人の心理は置いて行かれたくないことに他なりません。


今まで自分と同じような状況で働いていた人が新しい環境で輝かれてしまうと、自分が惨めになりますよね。

相手が変化することを恐れ、足を引っ張ろうとする者がいるのです。


やたらと否定してくる人には「あっ、変化しようとしている人を恐がっているんだな」と思いましょう。


なぜなら本当にあなたのことを思っていれば、応援するなり違う形で前向きな答えを与えてくれるからです。

失敗か成功かは自分で答えを出すもの


物事の失敗と成功を決めるのはいつだって自分です。


そもそも失敗というのは短期的に分かるものだけではありません。

半年後、1年後に「あの時のあれがあったから今がある」と思えたら成功の出来事に変わるからです。



要するにそれが向いていたかどうかはトライしてみて、自分で結論付けるということです。


そして他人の言葉によって行動を決めてしまう人ほど最終的に選ばなかった後悔の念にかられます。


既に今の職場で何かしらの違和感を感じているのであれば、それは転職のサインかもしれませんよ。


否定してきた人のレベル止まり


同じ会社の人に転職が向いてないと言われて従えば、その人のレベルまでしか到達しません。


その人が今まで見てきた、体験してきた経験から語られる言葉だということです。

もしその人が転職経験があるのであれば、その程度ということです。


もしその人みたいになりたくないと思うであれば、「この人のようにならないためには」をベクトルにして話を聞くと良いでしょう。

転職が向いてない人でも今すぐ離れるべき職場の3つ特徴を紹介!


前途でお伝えした「転職が向いてない人の5つの判断基準」に当てはまったとしても、離れた方が良い会社も存在します。


離れた方が良い会社に勤め続けるとメンタル面に支障をきたすためおすすめしません。


それでは転職が向いてない人でも今すぐ離れるべき職場の3つ特徴について下記を紹介していきます。


  • ネガティブな感情がプライベートまで影響を与えている
  • 成果を出しても嬉しさはない
  • 仲間だと思える職場の人が誰もいない


ネガティブな感情がプライベートまで影響を与えている


この仕事を続ける自分の人生って意味あるのかな・・・


このようにネガティブ感情が私生活にまで影響している場合は転職のサインです。


悪影響で私生活がつまらない、人生にも否定的になっている方はすぐに会社から離れる準備をしましょう。


この状態で仕事を続けてしまうと、自分を責めてしまう機会が増えます。


「こんな仕事をしている自分は何てダメなやつなんだ」
と自己肯定感が下がりっぱなしです。

思考が正常に働いてない、ダメな会社に慣れ過ぎている可能性も高いので一度仕事から思いっきりは慣れることをおすすめします。


思考が正常に働いてない、ダメな会社に慣れ過ぎている可能性も高いので一度仕事から思いっきりは慣れることをおすすめします。


仕事だけの人生がつまらない理由と自分らしい生き方について
以下でまとめているので参考にしてみてくださいね。



成果を出しても嬉しさはない


仕事で成果や結果が出た際にやりがい・意義・嬉しさが感じられないのであれば、今の会社で得られるものはありません。

頑張ったらこうなるというメリットが浮かばない仕事では、ストレスも溜まる一方です。


そして「この仕事して何の意味があるんだろう」と考え始めてしまいます。


この先もずっと同じようなことが続くことを考えると、メンタルも落ち込んでしまいますからね。

仲間だと思える職場の人が誰もいない


仕事の幸福度は社内の人間関係に大きく左右されます。

  • 仲間が頑張っているから自然に意欲が湧く
  • 嫌な仕事も笑い話にできる
  • 理解してくれる人がいるからこそ立ち向かえる


このように本音を話せる仲間が2、3人いるだけでも仕事の見え方が変わるのです。


ですが、仲間だと思える職場の人が誰もいないと疎外感しか生まれません。


そして疎外感を感じる人間関係は寂しさや理解されない孤独で辛くなるでしょう。



人間関係が苦しい人が状況を改善する方法
については以下でまとめているので参考にしてみてくださいね。




転職が向いてない人が希望の転職を叶えるための3つの解決法を解説!

転職に向いていない人が希望の転職を叶えるためには自分自身と向き合うことから始まります。


自分にできること、求めていること、何のための転職なのか目的意識を明確にすることで行動が変わるのです。


それでは具体的な希望の転職を叶えるための3つの対処法について下記を解説していきます。

  • まずは周りの人に「向いている」ことをリサーチ
  • 譲れない価値観など判断基準を明確にする
  • 転職は自分のため、前向きな理由や目的を持つ


まずは周りの人に「向いている」ことをリサーチ


案外、自分のことを一番わかっていないものです。


そして客観的に自分のことを見てくれているのが周りの人。

周りの人に「何が向いているか」聞いてみてください。


その答えが周りから見た「あなたに向いていること」です。


自分ではこれが得意と思っていても、周りがあなたに抱いている得意なことは異なります。



得意なことを優先することで、仕事の成果も出やすくなりなり転職先でも活躍できる可能性が高まりますからね。

譲れない価値観など判断基準を明確にする


いざ転職活動を始めていくと、多くの求人を目にします。


選択肢が多すぎると、何が良くて何が悪いのかいまいち判断がつかなくなってしまいますよね。


  • 年収は〇〇〇円以上で福利厚生も充実している
  • 将来のために〇〇のスキルや能力が手に入る
  • 安定した業界で腰を据えて長く働ける
  • 風邪通りの良い環境で同年代が多い
  • 年功序列ではなく実力で評価してくれる


このように譲れない価値観を持って判断基準を絞っていきましょう。



判断基準ができれば、選択肢をきちんと納得する形で絞ることができます。


その中で、興味のある仕事や得意なジャンルなど活躍できる場所を選んで応募しましょう。

転職は自分のため、前向きな理由や目的を持つ


人間関係に疲れた、仕事内容が嫌すぎる、評価が納得いかないなど会社への不満から転職活動を始める方も少なくありません。

ただ後ろ向きな転職では自身を成長させることができず後悔する可能性が高いのです。


転職はあくまでの将来の自分のために必要なこと、そして前向きな理由や目的を持つことが最も重要なこと。


自分事に捉えることができなければ、成長できずに時間だけが過ぎてしまうということです。



転職先で何がしたいのか、どんな将来を描きたいのか、真剣に向き合うこと人しか未来は切り開けません。


後ろ向きな転職が幸せになれない理由
について、以下でまとめているので参考にしてみてくださいね。




スポンサーリンク
スポンサーリンク



まとめ ~すべてが向いていない人なんていない~


以上、転職が向いていない人について様々な情報を解説してきました。


誰かに向いていないと言われた、または自分で向いていないと決定づけている人もいるでしょう。

確かに向いていないこともあるかもしれませんが、全てが向いていないなんてありえません!


向いていないかどうか、結果も出ていないのに答えを知っている人の方が変ですよね。



やってみて向いていないと分かれば、上手くいかないことが1つ見つかって余計なことに時間を割かずに済むということ。


食べ物だって食べてみなければ美味しいのか、まずいのかも分からないまま。


行動していないからこそ答えが少なくて悩むわけです。


まずは一歩踏み込んで、行動してから目の前にあるコトを一生懸命考えて向き合っていきましょう。

コメント