それって転職する前兆?優秀な部下が退職する6つの前兆行動とは

転職活動
「正社員が転職する前触れ前兆が知りたい!」

「長く働いちゃいけない職場ってどんな会社?」

「転職が決まって退職する人の前兆行動ってどんな感じ?」


このように何が該当したら転職を始める前兆やサインなのか気になる方も多いのではないでしょうか。


自分のことは客観的に見えないので、もう今の会社は離れて転職をした方が良いケースもあり得ます。


そこで当記事ではそれって転職する前兆?優秀な部下が退職する6つの前兆行動について徹底解説していきます。

さらに絶対に働き続けてはいけない職場の特徴も紹介しているので参考にしてみてくださいね。



スポンサーリンク




転職する前兆!優秀な部下が退職する6つの原因とは

部下が会社に残るべきか、転職すべきか悩んでいるのではないかと感じている人もいるでしょう。


結論から言うと優秀な部下ほど会社への見切りも早いものです。


まずは転職する前兆!優秀な部下が退職する6つの原因について下記を解説していきます。


  • 私生活にまで悪影響が出ている
  • 他人の悪口・陰口・不満で盛り上げる
  • 本音で話せる人が誰もいない
  • ここ数年、成長が実感できない
  • 本当は他にやりたいことがある
  • 家に帰ると涙が出てくる


私生活にまで悪影響が出ている


仕事中のふとした瞬間、帰り道、帰宅後に落ち着いたタイミングでこんなことを考えていませんか。

  • この仕事をして一体何の意味があるんだろう
  • 俺(私)の人生ってこんなことをするためにあるのかな
  • なんか最近全てがつまらないし、何も感じなくなってきてる


このように仕事がプライベートにまで悪影響を及ぼしているのであれば、転職のサインと言えます。


恐らく、もう今の仕事で挑戦したいこと・成長したいことは無くなってきているかもしれません。


自分のことを責めてしまうような毎日になる前に転職をおすすめします。

他人の悪口・陰口・不満で盛り上げる


他人の悪口・陰口・不満で盛り上げるような職場は生産性が高められません。



誰かの足の引っ張り合いは聞いているだけでストレスにもなります。


結局、自分より下の人間がいることを認識して安心したいだけなのです。

仕事に置き換えても「できる理由」より「できない理由」を探すような人が多いのではないでしょうか。


矢印が自分ではなく他人に向かっている時点で、それは既に現実逃避です。



誰かのせいにして問題を解決しようとしない環境で働いても、モチベーションが下がる一方で将来のためにはなりません。


職場のレベルが低くて悩んでいる方
は以下を参考にしてみてくださいね。


本音で話せる人が誰もいない


困った時に何も言わずに手を差し伸べてくれる仲間が今の職場にいるでしょうか。


何気なく連絡ができる、相談できる相手がいないと自分を責めてしまうことにも繋がるのです。


  • 必要とされていないんじゃないか
  • 嫌われているんじゃないか
  • 会社に馴染めていないんじゃないか


このように間違った思い込みでモチベーションが下がってしまいます。


仕事で頑張りたくても、他のことに余計な意識が向いてしまうと悪影響と言えます。


もし仕事で疎外感を感じて人間関係が苦しいのであれば、以下を参考にしてみてくださいね。


ここ数年、成長が実感できない


ここ数年、成長の実感ができない人は今の職場で得るものがもうないのかもしれません。

  • 憧れる先輩や上司がいないから目指すものがない
  • 挑戦したい仕事も見つからない
  • 毎日同じことの繰り返しだけしている


やれるだけのことはやった、スキルが身に就いたのであれば次のステップを選んでも良いでしょう。


また目の前にいる先輩や上司はあなたの未来と言えます。


数年すれば辿り着く未来に憧れが持てないのであれば、尚更違う環境を選択すべきです。

本当は他にやりたいことがある


もし今の仕事ではなく、他にやりたいことが明確にあるのであれば挑戦すべきです。


もし「安定」を求めて今の職場を選んでいるのであれば、その基準も見直さなければいけません。

10年後にも今の会社が生き残っている保証はありません。


思い通りに描ける仕事自体がそもそも存在しないのです。


そしてどんな仕事であっても「嫌なこと」は必ずと言っていいほどつきまといます。


  • やりたくない仕事の嫌なことを耐えるか
  • やりたい仕事の嫌なことを耐えるか



自分の未来に必要なものを選択できるのが転職の良いところでもあるでしょう。


家に帰ると涙が出てくる


仕事で色々なことを我慢して、家に帰ったらホッと安心して涙が出てくる人は早々に転職を視野に入れましょう。

あなたの心は我慢したくない、疲れている、休みたいと感じているかもしれません。


メンタルが崩壊してしまってからでは遅いのですし、自分を守れる人は自分しかいません。


無理しなきゃいけない仕事はサイズの合わない靴を履き続けているのと一緒です。


少し休んで冷静になってから環境を変えることをおすすめします。

転職の前兆?絶対に働き続けてはいけない職場の5つの特徴とは

これからお伝えしていく職場の特徴に当てはまるのであれば、転職の前兆とも言えます。


それでは絶対に働き続けてはいけない職場の5つの特徴について下記を解説していきます。

  • 過去のやり方を今でも押し付けてくる
  • 成果や実績よりも好き嫌いで評価が変わる
  • 上司の指示が明確じゃない
  • 謝れない上司の下で働く
  • プライベートと境目がない


過去のやり方を今でも押し付けてくる


「俺たちの時代は~」と過去の栄光や「昔からうちはこうだ」と過去のやり方を今でも押し付けてくる職場はおすすめできません。


例えば社員が効率の良い方法を取ったとしても、既存のやり方と異なることで反感を買う可能性もあります。

さらに問題なのは時代の流れについていけないことです。


同じことを続けていることを美徳とするのは、そもそも論としては間違いなのです。



同じ手法を取り続けることは進化ではなく退化とも言えるでしょう。


変化を受け入れて、状況に合わせながら取り組むことが進化です。

成果や実績よりも好き嫌いで評価が変わる


私が勤めていた会社もそうですが、成果や実績よりも好き嫌いで評価が変わることはよくあります。

  • 同じミスをしているのに怒られ方が全然違う
  • その人よりも結果を残しているのに、先に昇進された


このように仕事の成果よりも個人の私情を優先する上司や経営者は多いのです。


その結果、自分の意向を支持する、また文句を言わない組織が形成されてイノベーションも起こりません。


間違ったことは間違ったまま進み、気付いたときには取り返しのつかない状況すら考えられるでしょう。


そして問題の尻拭いをさせられるのはいつだって現場の人間で、上の立場の者は社内でコーヒーを飲んで口だけ出しているのです。


仕事が割に合わないと感じている方がすべき行動
について以下でまとめているので参考にしてみてくださいね。


上司の指示が明確じゃない


指示系統がハッキリしていない、上の立場の人間の指示に一貫性がないことは部下にとって非常にストレスを感じめるのです。


指示が明確でない状態だと社員は以下のように仕事を捉え始める傾向にあります。

  • 何のために作業をしているのか分からない
  • 本当にこの仕事をする意味があるのだろう


このような感情はメンタルも不安定になりますし、振り回されている感で心身共に疲れます。


結局、やらなくてもいい仕事の負担も増え続けますし、イライラすることばかり増えていいことがありません。

謝れない上司の下で働く


「それは違うんじゃない?」と上司に自分の意見を伝える機会もありますよね。


部下の意向が正しい時もあるわけで、素直に謝れない上司の元で働くことにメリットがありません。



自らの判断ミスや誤りを認めることができない上司は、いつかあなたを守ることなく見放すでしょう。


同じように経営者だった場合、社員を道連れに会社を潰す可能性も否めません。


本来、ミスは認めてはじめて正しい行動に移ることができるのです。



それに気付けずに、自分のプライドを優先してしまう上司の元で働くことは避けましょう。


またこの手の人ほどウザいぐらい仕事の口出しをしますから、以下の対処法を参考にしてくださいね。



プライベートと境目がない


仕事に追われてしまい、プライベートと境目がないと心が休まりません。


  • 休み中も会社支給の携帯に連絡が来る
  • 休日にも関わらず、業務ラインが入ってくる
  • 取引先からどうでもいいことで電話がくる


仕事をしている最中ならまだしも、プライベートの時にも仕事のことがちらつきます。


多くの方が仕事はプライベートを充実させるための手段として捉えているのではないでしょうか。


ただプライベートにまで影響を与え、犠牲にしなければならない状況が続くと「いったい私の人生って何なんだろう」と思い悩んでしまいます。

転職せずに踏み留まってもいい条件は2つだけ!

今の仕事を続けるべきか、転職すべきか判断がつかない。


まぁ我慢していれば毎月お給料も貰えるし、転職って失敗しそうで恐いよね。

このように現職を続けるべきか否か迷われている方は多いのではないでしょうか。


不平不満はあるにせよ、新しい場所でチャレンジすることに一歩勇気が出ない人がいるのも確かです。

今の仕事を続けるべきか、新しい場所にいくべきか、基準が欲しいですよね。



転職せずに踏み留まってもいい条件は以下の2つになります。

  • 仕事では嫌なことも沢山あるけど、成長できる余地がある
  • 仕事仲間には恵まれて、何でも相談できる人が3人はいる


まず自分が向上できる・成長できると思えるものがあれば、今の仕事を続けてもあなた自身の価値を高めることに繋がります。


そして仕事の幸福度に大きく関係してくるのが人間関係です。



仕事上、嫌なことがあったとしてもお互いで励まし合ったりフォローし合える関係はメンタル面が安定します。

自分のことを理解してくれるということはそこに居場所があるということ。


その人数が3人はいてくれるだけで、仕事の幸福度が上がるのです。


「成長できる余地がある」「良好な人間関係を築けている人が3人以上いる」とこの2点がある場合は、現職に留まる価値があります。


ただどちらも当てはまられないのだとすると、辛い時間が続くだけかもしれません。


もし今現在、転職する勇気が持てずに行動ができないのであれば、以下を参考にしてみてくださいね。




すでに転職する前兆!優秀な部下が退職する6つの前兆行動を解説!

すでに転職先が決まっている、または転職活動中の方にはある前兆行動があります。


もしかしたらあなたの同僚や部下、または自分自身もしているかもしれません。


それでは具体的にすでに転職する前兆!優秀な部下が退職する6つの前兆行動について下記を解説していきます。

  • 会議やミーティングは聞くだけの受け身
  • 仕事中にスマホをチェックする回数が増えた
  • デスク周りが綺麗になっていく
  • 定時になったらすかさず帰宅する
  • 指示された以上の仕事はしない


会議やミーティングは聞くだけの受け身


転職間近、また転職活動が順調な方は今の仕事に対してもやる気も低下していきます。


かつては積極的に発言していた社員だったとしても、もう今後の自分には関係のないこと。

会議やミーティングは聞くだけの受け身状態でメモを取ることもなくなるでしょう。


自発的に行動できる社員の積極性が低下してきたら、転職の前兆かもしれませんね。

仕事中にスマホをチェックする回数が増えた


業務中にスマホをチェックする機会が増えているのであれば、転職の前兆の可能性も高いでしょう。

  • タイムリーな求人情報を検索している
  • 転職エージェントと連絡を取り合っている
  • 面接日程の調整や選考通知を確認している


転職活動中は小まめに情報を確認しておきたいものです。


特に人気の企業では求人も早々に応募が終了してしまいます。


また面接を受けた企業の合否は、そわそわして仕事に手がつかなくなるぐらい気になりますからね。

デスク周りが綺麗になっていく


上司から注意されたわけでもないのに、身辺周りが綺麗になりだしていたとしたら退職日も遠くないでしょう。

  • 退職日に向けて必要な備品を自宅に持ち帰る
  • 退職がスムーズに進むように整理している


既に転職先の目星がついて、次に向かう準備が進められているかもしれません。



退職までの段取りも大方終わり、上司にどのように話そうか考えているのではないでしょうか。

定時になったらすかさず帰宅する


在職中の転職活動はとにかく忙しいものです。


  • 業務終了後の面接に急いで向かう
  • カフェや家で履歴書作成
  • 企業リサーチや面接対策
  • 求人への応募・エージェントとのやり取り


このように次の職場を決めるためにやることが山積みになっています。


さらに言ってしまうと、優先順位は仕事よりも転職活動の方が優位です。


自ら忙しくなるような仕事の段取りや設計はしませんし、1秒でも早く帰りたいでしょう。


何なら休憩時間すら転職活動に充てたいのが本音ではないでしょうか。

指示された以上の仕事はしない


特に転職先が決まった人は、もう今の仕事への気持ちは無くなり、新しい環境ことでいっぱいになります。

  • 残った有休をどう消化して締め日に合わせて辞めようか
  • 休みの最中は何をしようかな~
  • 次の職場の準備しなくちゃ


このように気持ちは上の空、既に違うことで頭を巡らせているのです。


既に在職先の仕事への気持ちは離れつつあるため、指示された以上の仕事はしません。



何か価値を生み出す、生産性を求めることは厳しいでしょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク



まとめ ~部下の前向きな転職は応援してあげようを誰かのせいにして転職を選ぶのだけは止めよう~


以上、転職する前触れ前兆について様々な情報を解説してきました。


多くの方が人間関係、業務内容、評価制度など今の会社に対して不平不満もあるかもしれません。

「今の会社の〇〇が気に入らないから転職する」という部下がいたら諭してあげましょう。


上記の選択は後ろ向きな理由だけでなく、環境のせい、他人のせいにして成長が止まってしまいます。


転職理由はあくまでも自分を高める、成長させるための前向きな自己決定にしましょう。



逃げの転職は後悔しか生みだしませんからね。


コメント