転職希望先の人間関係を見極める面接の逆質問と良い職場の条件とは

転職活動
「転職を考えているけど、過去に酷い目にあったから人間関係が不安」
「転職先の人間関係を見極める方法ってないの?」
「安心して働ける良い職場の条件があれば知りたい!」


このように入社しなければ分からない人間関係が不安で転職を躊躇している方も多いのではないでしょうか。


できれば入社前に人間関係のリスクを減らしたいのが本音ですよね。


そこで当記事では転職希望先の人間関係を見極める面接の質問と良い職場の条件について徹底解説していきます。

さらに転職希望先の人間関係を不安にさせる職場の3つの条件も紹介しているので、事前に対策をしておきましょう。



スポンサーリンク




入社前に転職希望先の人間関係を見極めることは可能?不可能?


入社前に会社の人間関係なんて入らなきゃ分からないでしょ。


前に嫌なことも受けたし、また嫌な人がいたらどうしよう。

このように入社してみなければ人間関係は分からないと諦めている方も多いでしょう。


結論から言うと入社前に転職希望先の人間関係を見極めることは可能です。


  • 転職サイトにある求人情報
  • 会社HPの掲載情報
  • 面接の逆質問


これらの見方を知ることである程度、入社前の人間関係を想定することができます。


情報がきちんと整理することができれば人間関係で不安やストレスに悩むリスクを回避することが可能です。


また現職ですでに人間関係に疲れている方は以下を先に参考にしてみてくださいね。



まずは面接時にやっておきたい逆質問について確認していきましょう。

転職希望先の人間関係を見極める面接の5つの逆質問を紹介!

「最後に何か質問ありますか?」と聞かれたときに「大丈夫です」というのは勿体ないですよね。


せっかく会社の情報を手に入れる機会ですから、質問しないのは損です。



まずは転職希望先の人間関係を見極める面接の5つの質問について下記を紹介していきます。

  • 社員同士で休日に出かけるのか
  • どんな能力やスキルが身につくのか
  • 出世は年齢関係なくできているか
  • 同年代の給料はどのくらいか
  • やりがいを聞いて価値観と合うか


社員同士で休日に出かけるのか


社員同士で休日に出かけるかどうか逆質問してみましょう。


仕事の勤務以外で会いたい人がいるということは人間関係の良好さが出ています。

社内に数人でも友人と呼べるぐらいの関係性が見込める環境は仕事の満足度も高いと言えます。


先輩社員や同年代の社員が面接にいる場合は、是非聞いてみてくださいね。


「特にそれはないな~」と微妙な空気感が流れればあまり関係性は良好じゃありません。

どんな能力やスキルが身につくのか


入社して数年後、どのような能力やスキルが身につくのか確認しておきましょう。



同じ目線で働ける人がいるというのは非常にメンタルに影響を与えます。

こんなことができるようになると分かると尊敬の念で相手を見れるので目指すべき人も見つかります。


先輩や上司は数年後の自分です、そこに憧れを持てるかどうかで接し方も変わるのです。

出世は年齢関係なくできているか


出世が年齢関係なくできているかどうかは正しい評価で見てくれるかどうかに繋がります。


結果を出しても上司の好き嫌いで評価が変わってしまうとストレスでしかありません。

また仕事ができない人が上司だった場合、どうしてこの人の下で働かないといけないのかとイライラも募るでしょう。


頑張っても報われない環境では在籍している社員のモチベーションがそもそも低いです。


いつしか一緒になって会社の悪口を言い始めてしまう関係性は良くありませんよね。


仕事の評価をきちんと受けたい方
は以下のまとめを参考にしてみてくださいね。


同年代の給料はどのくらいか


同年代の給料はどの程度貰えているのか聞いてみましょう。


ちゃんと給料が毎年上がっているのか、また貰える額として満足できるのかを知っておく必要があります。

「この仕事でこの給料じゃ割に合わないよ」という愚痴が出る会社では同じ目線で働ける社員が見つからない可能性があります。


せっかく希望を持って入社したのに会社の不平不満ばかり聞いていたらガッカリしますよね。


仕事が割に合わない場合、会社に使われないための対処法について以下でまとめているので参考にしてみてください。


やりがいを聞いて価値観と合うか


求人情報や会社HPにも記載があるかもしれませんが、改めて仕事のやりがいについて聞いてみましょう。


仕事の満足度や充実度は人間関係の良好さと比例します。

また既に在籍している社員のやりがいを聞いて自分の価値観に合うかどうか照らし合わせることが重要です。



価値観が合わない人間と一緒にいると、どこかで歪が生まれ理解し合えない出来事が起こります。



そうなった場合、立場の強い人間の言うことに従うしか選択肢がありません。


ですが、同じ価値観を持っていれば建設的で生産性の高い話し合いができるのです。

転職希望先の人間関係を不安にさせる職場の3つの条件とは

既に求人情報に掲載されている段階から「この会社は人間関係が不安だな」という条件が存在します。


本章では転職希望先の人間関係を不安にさせる職場の3つの条件について下記を解説していきます。

  • アットホームを売りにしている
  • 社長のワンマン経営
  • 家族経営の会社


アットホームを売りにしている


求人情報に「アットホームな会社」を売りしている企業があった場合は要注意。

一見、風通しの良い会社に思えますが社風に馴染めない社員にとっては苦痛でしかありません。


例えば空気感を作っている経営者や社員のルールに合わないと正しいことも間違ったことに書き換えられてしまいます。


「この会社なんかおかしいよ」
と人間関係に疲れてしまう機会を目の当たりにすることも多いでしょう。

社長のワンマン経営


「俺が決めたことが正しい」「右と言ったら右だ」という社長のワンマン経営はおすすめしません。

  • 評価よりも社長の好き嫌いで昇給や賞与が変わる
  • 業務上効率が悪くても意見を聞いてもらえない
  • 頑張っている社員が使い倒されて離職してしまう


このように優秀な社員がいなくなる一方で、社長に都合の良い人間関係だけが残ります。


周りに優秀な人間がいなければ、それが間違っていることでも正しいこととして進んでしまうのです。



時代の変化はとにかく早いですから、乗り遅れることで売り上げも下がり給料も減り迷惑を受けるのは社員でしょう。

家族経営の会社


中小企業にありがちな家族経営のオーナー企業の場合、仕事ができない息子であっても将来社長や役員にすることが決まっています。

血縁を途絶えさせたくない思いから、頑張っている社員がいても出世できません。


「あいつ親の七光りのくせに」と仕事ができない人が上司になったら精神的なストレスも受けます。


結果、上司の尻拭いをさせられ仕事へのモチベーションは下がるばかりです。

転職先の人間関係は仕事・私生活の満足度に大きく影響をする


退職する理由のランキング上位は恐らく「人間関係」です。


  • 上司が嫌な言い方をしてストレスが溜まる
  • 先輩は全然仕事をしないし嫌なことを押し付けてくる
  • 部下は成長する気概が見られないし、自分の権利主義主張ばかり



このような環境で仕事の満足度や私生活の満足度は得られませんよね。


「はぁ疲れた」「もう仕事行きたくない」と家に帰る毎日では休日も徐々につまらなくなってしまいがち。


仕事の人間関係は私生活にも大きな影響を与えるということです。


仕事の楽しさを感じる上で仲間が数人いることは非常に重要。



休日にも遊びに行く仲間がいて、何気なく仕事の相談ができたりお互いに助け合える環境があった方が精神的にも安定しますよね。


人間関係が良好な会社ほど社員の在籍年数も高いことが裏付けられています。



いくら仕事のやりがいが高かったとしても人間関係が悪かったら、「ここじゃなくていいや」となってしまいますからね。


それでは次節より人間関係を見極める良い職場の条件について確認していきましょう。

転職希望先の人間関係を見極める良い職場の5つの条件とは


せっかく働くのであれば良い人間関係、良い環境で長く安心して働きたいですよね。


最後に転職希望先の人間関係を見極める良い職場の5つの条件について下記を解説していきます。

  • 20代で活躍している社員が多い
  • 離職率が低く長い期間勤めている社員が多い
  • 求人情報がめったに出ない
  • 挨拶がきちんとしている
  • 社員の年齢層が様々


20代で活躍している社員が多い


20代で活躍している社員が多いということは機会やチャンスに恵まれる環境と言えます。


上司がきちんと責任を請け負って、若手社員に挑戦させる形ができあがっているでしょう。

チャレンジできる環境にいれば、経験と成長が手に入ります。


「これやっといて」ではなく「これやってみよう」と前向きな姿勢でモチベーション高く仕事に取り組めますよね。


頭ごなしにあれがダメこれがダメではなく、挑戦できる環境は頑張る社員へ正しく評価してくれる傾向が高いでしょう。

離職率が低く長い期間勤めている社員が多い


離職率が低く長い期間勤めている社員が多いということは優秀な社員が残っている証。

優秀な社員ほど、会社の状況や環境が自分の将来にプラスになっているかどうか見極めています。


会社に貢献したい、仕事のやりがい、人間関係の良好さなど様々な情報を天秤にかけて在籍しているということです。


逆を言えば誰でも入社できる会社であれば、出入りが激しいため人間関係も良くない傾向が高いでしょう。

求人情報がめったに出ない


求人情報を見るたびに「またこの会社求人出してるな」と一度でも思うことがあるでしょう。

年中求人募集をかけている会社は人間関係も悪く離職率が高いことが多いのです。



一方で求人情報がめったに出ない会社は離職率が低く社員の満足度が高いということ。


社員の貢献度が高い会社は業績も安定しているので、安心して働ける環境ですからね。

挨拶がきちんとしている


挨拶がきちんとしている会社は取引先との人間関係も良好なケースが多いと言えます。



笑顔で元気に挨拶されて嫌な人はいませんよね。

常日頃から社員同士のコミュニケーションも明るく活気があると言えます。


取引先も良い人が多く、「あそこの会社良いよね」というように評価が高いのです。


どんな人がビジネスパートナーになるか分かりませんし、社員それぞれが会社の顔であることを認識しています。

社員の年齢層が様々


人間関係の良い職場は社員の年齢層が様々です。

言うなれば40代50代であっても生き生きと活躍できる環境が整っているということ。


長く働けるだけの理由がそこにあって「この仕事をしていたい」という一定数の社員が残っています。


20代がバリバリ働くだけでは補えないことも様々な年齢層の社員がいればフォローが効きます。


互いに協力し合い助け合えるような人間関係が築かれている職場の可能性が高いでしょう。



スポンサーリンク
スポンサーリンク




まとめ ~長く働きたいなら価値観の合う会社を選ぶべき~


以上、転職希望先の人間関係を見極めることについて様々な情報を解説してきました。


長く腰を据えて働きたいのであれば、やはり価値観の合う会社を選ぶべきです。


価値観の合う会社を選ぶと価値観が近い人たちと出会える可能性も高まります。


結局のところ、恋愛関係でもそうですが何が好きで何が嫌いかを許せるかどうかが大事です。


同じような価値観を持っていれば許容できることがあっても、違う価値観であれば許容できないことが起こりえます。


会社の理念や社風といった掲げている信念に共感した人たちと働くことがベストでしょう。

コメント