仕事で疎外感を感じる、苦しい。人間関係を改善する3つの解決策とは

人間関係
「まるで存在感がない、存在していないかのように扱われる」

「自分だけ誘ってもらえない、教えてもらえないことが多い」

「孤立している気がするし、人間関係がうまくいっていない、どうすればいいの?」


このように職場内で自分の存在や価値を見出せない、一人ぼっちのような疎外感に苦しんでいる人もいらっしゃるかもしれません。


私だけ対応が違う、態度が変わるなど人間関係の悩みはメンタルも落ち込みますよね。


そこで当記事では仕事で疎外感を感じるし苦しい。人間関係を改善する3つの解決策について解説していきます。

さらに疎外感を感じる思い込みの原因や疎外感を与える人の心理も紹介しているので、参考にしてみてください。


スポンサーリンク



仕事で疎外感を感じる、苦しい5つの心理とは


結論から言うと、疎外感を感じてしまうのは主な心理として被害者バイアスのような思い込みが挙げられます。


意外と思っているのは自分だけというようなケースは珍しくありません。


そこで本章では仕事で疎外感を感じる、苦しい5つの心理について下記を解説していきます。

  • 必要とされていない
  • 他人と比較して自分がダメだと感じる
  • 評価されていない
  • 嫌われている
  • 会社に馴染めていない


必要とされていない


例えば職場で今後の活動計画や展開について話が盛り上がっていたとします。


その輪に入っていけない、知らないところで話がどんどん進んでいる、決定した話だけ聞かされると「当事者のはずなのに」という気持ちが生まれますよね。

意見を求められることもなく業務が問題なく進んでいると「聞かれない私って」と疎外感を覚えるでしょう。


自分がいなくても成立してしまう状況が多くなればなるほど居場所を確認できず、「必要ない」と思い込んでしまうのです。

他人と比較して自分がダメだと感じる


社内では先輩、同僚、後輩と様々な関係値がありますよね。


仮に仕事で結果を出している後輩を見たときに先輩としては「先輩なのに結果が出せない自分はダメなやつ」と感じてしまうでしょう。

自分自身にダメなやつのレッテルを貼り続けることで、自己肯定感が下がります。


何かにつけて「どうせダメなやつだから」と輪から外れて、勝手に疎外感を感じてしまう人も。


プライドが高い人ほど勝ち負けで物事の価値基準を持とうとしてしまいがち。



年齢関係なく、上手くいった人に方法や考え方、やり方を教えてもらい自分のプラスにした方が建設的ですよね。

評価されていない


自らの承認欲求が満たされないことで評価されていないと判断してしまう人は多いです。


望んだような評価が得られない、頑張ったのに認めてもらえない。

会社から見てもらえていないことに不安を感じる、疑問を感じる人は多いですよね。


ただ直接的な言葉がなくとも評価をしているコミュニケーション下手な上司もいるかもしれません。


声をかけられることで評価と感じる人もいれば昇給や賞与で評価を感じる人もいます。



会社内の評価がどこに出るのかポイントを押さえておくも必要でしょう。

嫌われている


仕事中においては相手も状況によって対応が異なりますよね。


忙しい時に話しかけてしまったらそっけなくなってしまう人もいます。


また機嫌が悪い時には感情的な反応を示す人もいるでしょう。

その瞬間だけを切り取ってしまうと、嫌われているような感覚になるもの。


人によっては攻撃的な言葉がスタンダードな人もいます。


確かに「そんないい方しなくても」と思い嫌われているような気持ちになるかもしれません。


そして本人自身が気を遣い過ぎている、気にしすぎているケースも多いのではないでしょうか。


言いたいことが言えない、伝えられないことに「嫌われているから」と理由をつけてしまうものです。

会社に馴染めていない


会社は組織という集団単位で行動をしますよね。


全体で決めたことはこうだけど、こっちの方が正解なのではないかと感じる機会が増えるほど自分の立ち位置に疑問を感じ始めます。


どうしても多数決になり、大多数の人間が指示したことが正解になるのが社会です。


少数派になって正解を唱えても大多数派が動くことは早々ありません。

会社と自分、集団と自分のベクトルが違う方向を向く機会が多いと「合ってないのかも」と思うきっかけになります。


会社や集団と意見が共感できないと自分がいるべき居場所なのか疑問を抱いてしまいますよね。

仕事で疎外感を与える上司の3つの心理とは


他人に疎外感を与える人は自分に自信がないため、大きく見せて尊厳を保ちたい人が多いです。


また優越感に浸ることで、プライドを保ちたい、安心したいのでしょう。


本章では仕事で疎外感を与える人や上司の3つの心理について下記を中心に解説していきます。

  • 自分と同じ状況を与えたい
  • 自分より下にいる人間を見て安心したい
  • ストレスや感情のはけ口にしている


自分と同じ状況を与えたい

疎外感を与える人は疎外感を感じたことがある人、もしくは進行形で感じている人です。


自分だけだと損した気持ちになるため、同じ状況にいる人間を増やして安心したいのでしょう。



同じ思い、同じ状況を与えることで自分の中にある寂しさや孤独を埋めようしているのかもしれません。

そして優しく声をかけることで悪意のある善意を見せきます。



その人とは必要最低限の会話以外、時間を取らないことがメンタルを落とさないためにも必要です。



このようにどの職場にもずるい人はいるので、以下の撃退法を参考にしてみてくださいね。


自分より下にいる人間を見て安心したい


他人がなぜ人の悪口や陰口、不満を言うかと言うと自己肯定をしたいからですよね。



「私は間違っていない」と証明するための一つの道具にしているケースが多いでしょう。

自分よりも下の人間を見ることで、自分の立ち位置や優位性を把握し安心したい気持ちがある人もいます。


要するに本人自体に自信がないから、誰かを比較の材料にしているにすぎません。


友人や家族など思いやりを持って話す相手であれば、言い方や態度は変わりますからね。

ストレスや感情のはけ口にしている


誰かをターゲットにしてストレスや感情のはけ口として立場を利用する人もいます。


プレッシャーや言葉で詰めたりしながら、追い詰められていく様子を見て発散しているのでしょう。

特に部下や後輩など年功序列で下の立場の人間が被害を被るケースが大半です。


しかも厄介なのは人によって態度が異なることですよね。


仕事の良し悪しではなく、何となく好き嫌いで判断して嫌いなタイプの人間には冷たく高圧的な態度で接してきます。


プライべーどが充実していない、また過去に自分がやられた経験からこういった行動を取る人が多いでしょう。


またモチベーションを下げてくる上司の言動への対処法については以下で解説しているので参考にしてみてくださいね。



仕事で疎外感を感じて孤独になると得られるメリットとは

孤独と疎外感がどこか混同されているように見えますが、全く異なるものです。


まずは両者の大きな違い、そして疎外感を感じている人が孤独を選ぶメリットについて下記を解説していきます。

  • 疎外感と孤独感の大きな違いとは
  • 疎外感を感じて孤独になるメリット


疎外感と孤独感の大きな違いとは


周りが楽しそうにしている、自分だけ輪に入れないことに孤独感を感じる人もいますよね。


これは孤独感ではなく「疎外感」です。


孤独とは一人で自分自身と向き合う際に使うべき言葉と言えます。

そこまで関わりたいわけではないけど、どこか寂しい気持ちや周りが気になる場合など中途半端な状態になると疎外感を感じます。


どこか除け者というか仲間はずれな感覚がモヤモヤしてしまいますよね。


周りの反応にも敏感になってしまったり、無理をしてしまっている時ほど心が疲れてしまうものです。

疎外感を感じて孤独になるメリット


疎外感を感じて、嫌なことを我慢してまで作る人間関係は長続きしません。


メンタル的にも落ち込んだりイライラしたりするケースが増えてしまい、いつかは疲れ果ててしまいます。

孤独になると聞くと一人ぼっちというイメージもありますが、裏を返せば自分のために使える時間が増えるということです。


孤独を利用して仕事の休憩時間など資格やスキルを高められることに時間を費やしましょう。


求められる力を身につければ、特定の場所に固執する必要がなくなります。



誰かの悪口や陰口、愚痴を聞きながら気分が落ち込むよりよっぽどマシです。


職場の人間は選べませんが努力で環境を選ぶことはできますよ。


孤独感を利用して時間の使い方を意識してみましょう。

仕事で疎外感を感じる人ほど優秀な人が多い!

疎外感を感じてしまう理由の中で「誰かと共有や共感ができない」ことが挙げられます。


特に仕事で結果を残せる人、出世する人の方が疎外感を感じるかもしれません。

  • 同じレベル、同じ目線で仕事の話ができない、噛み合わない
  • 頑張ってもどうせ感で仕事をしている人間ばかり見ている
  • 〇〇さんだからできると言い訳に使われて努力しようともしていない
  • 結果を出しても同じ感覚を共有できる仲間がいない
  • 誰かができない難しい仕事ばかり振られて周りが楽をしている


このように結果を出す人、出世する人は先に進むために努力をしているため停滞している人たちと噛み合わなくなります。


いわば相手がまだ算数の足し算引き算をしているけど、こっちは掛け算が終わっている状態です。


この疎外感を感じてしまうと、職場にいるメリットを見失い始めてしまうでしょう。



ただ今の仕事や職場の環境から離れたいわけではなく、疎外感を何とかしたい人もいますよね。


次節から具体的な疎外感への対処法について徹底解説していきますね。

仕事で疎外感を感じる、苦しい。人間関係を改善する3つの解決策


週40時間は仕事をするわけですから、できることなら人間関係で悩みたくありませんよね。


ただ人を変えるのは最も難しいことで、自分が変わることが一番の近道です。



それでは具体的に仕事で疎外感を感じる、苦しい。人間関係を改善する3つの解決策について下記を徹底解説していきます。

  • 期待と見返りを求めない
  • 他人の目を気にしても意味がない
  • 仕事上の関係と割り切る


期待と見返りを求めない


相手に期待してしまうことで見返りを求めてしまう人は多いですよね。

  • ここまでしたのに何で?
  • お礼がないんだけど
  • もうちょっと感謝しても良くない?


見返りを求めることは結局のところ、自分の承認欲求を満たしたいからです。



他人の評価を自分の評価に反映させる、いわば自信がないための行動ということです。


そして期待したような結果がもたらされてなった時に裏切られたような気持ちで疎外感を感じてしまいうでしょう。


この積み重ねによって「求められてない」という感覚が大きく育ってしまいます。



人に自分の評価をゆだねる、期待するのではなく、アドバイスや面倒を見た自分だけを褒めて終わりましょう。

他人の目を気にしても意味がない


疎外感を感じてしまう人は周りからどう映っているかを気にしがち。

  • 会社に馴染めていないと思われているんじゃないか
  • いつも輪に入れていない、一人ぼっちだと思われているんじゃないか
  • 社内で仲間がいないと思われているんじゃないか


このように感じてしまう人も多いですが、実際周りの人はそこまで誰かを気にしていません。


なので周りに合わせて自分の行動を決めるのではなく、自分のための行動を素直にしましょう。


他人に合わせすぎることで、自分を見失ってしまいますからね、

仕事上の関係と割り切る


疎外感を感じやす人の特徴として八方美人があげられます。

  • 嫌われたくない
  • 認めてもらいたい
  • 評価されたい
  • 好かれたい


ハッキリ言ってしまうと全員から好かれようと言動や行動を考えるほど嫌われます。


「都合のいいことばっかり言ってるな」「人を見て発言や態度を変えている」と見抜かれてしまうものです。


万人から好かれようとするのではなく、あなたの素直な人間性で接してみてください。



作り込んだあなたを受け入れる5人よりも、本当のあなたを理解してくれる1人を見つける方が幸せです。


たった一人と考えるのでなく、何かあったもこの人は味方をしてくれると思えるだけで安心できますよ。


スポンサーリンク
スポンサーリンク


まとめ ~嫌われることで人生が楽になることも多い~


以上、仕事で疎外感を感じている人が状況を改善する考え方について様々な情報を解説してきました。

疎外感を感じる根本は「嫌われているんじゃないか」という不安感からきています。


ただ仮に嫌われたからと言って人生が終わるわけではありません。


そして全員に嫌われることは不可能です。

「嫌われたから何?」というマインドを持っておきましょう。


能力やスキルがあればあるほど、人は勝手によってくるものです。


そしてレベルが合わない、仲良くしたくない人と過ごす方が時間の無駄になってしまうこともあります。


疎外感を感じることで余計な人に時間を使わず、自分が会いたい、話したい人とだけ繋がれるメリットを忘れてはいけませんよ。

コメント