モチベーション・向上心が高い人に疲れる心理とやる気に頼らない解決策

モチベーション
「モチベーションが高い人についていけないのは生まれつきの才能?」

「何をするにもやる気もモチベーションもないから劣等感を感じる」

「意識が高い・向上心が高い人を目の当たりにすると面倒くさいと感じるのはなぜ?」




このように「なんでそんなにモチベーション高いの?ちょっとついていけない」と思うことは誰にでもあります。



なぜモチベーションが高い人に「ウザさ」や「面倒くさい」と疲れを感じでしまうのでしょうか。




当記事ではモチベーション・向上心が高い人に疲れる心理とやる気に頼らない解決策について徹底解説していきます。



さらにモチベーション・向上心が高い人&向上心の低い人の特徴も紹介しているので参考にしてみてください。


スポンサーリンク




常にモチベーション・向上心が高い人に疲れる5つの心理



結論から言うとモチベーションが高い人に疲れてしまう心理は自分を否定されている感覚からきています。



まるで「ダメだから変われよ」と勝手に決められているかのような感覚に近いかもしれません。



本章では常にモチベーション・向上心が高い人に疲れる5つの心理について下記を中心に解説していきます。


  • 主語が「自分」語りばかり
  • 他人に同じものを求める
  • プライドが高くて扱いづらい
  • すぐにマウントを取ろうとしてくる
  • 自分と比較して落ち込む



主語が「自分」語りばかり



何か話をするたびに「自分だったらこうする」「自分の場合はこうだった」と主語が「自分」語りの人と話すと疲れてしまいます。



しかも話を聞くと才能や個性の自慢話だったという経験がある方も多いのではないでしょうか。


仕事のアドバイスが欲しかっただけなのに、また自慢話かよ。


聞きたいこととずれてるし、話長いなーー



このように求めてもいない、聞いてもいない自慢話を聞き続けるのは疲れます。



話の論点も自分の話ばかりになると「また褒めなきゃいけないのか」と扱いすら厄介です。


他人に同じものを求める


向上心が高い人は様々なことに率先してチャレンジするため、経験値が蓄積さえるペースが速いです。



そのためある程度やり方が分かると「いやいや効率悪いよ」「時間勿体ないから」と自分が上手くいった方法論を押し付けようとしてきます。



しかもこだわりが強いため、少しでもうまくいかないとアドバイスよりも指摘ばかりで嫌味に聞こえてしまいますよね。




本来はそれぞれの能力にあった方法で進めていけばいいのですが、自己発信を優先してしまい他人を事情を無視しがち。



その結果、やらされている・振り回されている感覚は心身共に疲弊してしまいます。


プライドが高くて扱いづらい



モチベーションが高い人の中には「自分のやることは正しい」と自己中心的な考え方を持っている方もいます。



そんな人が何か間違いやミス、問題が起こるとプライドが許さないためカッとなり他人を攻撃する選択を取ることも少なくありません。


  • お前が上手くできなかったせいで迷惑がかかる
  • 周りのせいでこんな目に合っている



このように認められないことから正当化を図ろうとします。



指摘をしようものなら機嫌が悪くなって面倒なだけなので、上手に合わせてあげるのも神経を使いますからね。

すぐにマウントを取ろうとしてくる



モチベーションが高く向上心の高い人は方法論を見つけたり分析することが好きな傾向が高いです。



そして自分独自の理論を形成して、周りの人より優位に立ちたがります。



  • この仕事の場合はその方法じゃうまくいかないんだなー
  • ちゃんと分析しなきゃ、何も見つからないよ
  • 勿体ない、それやり方がおかしい



このように周囲に対してプレッシャーをかけるような言動をしてしまいます。



しかも厄介なのは「良いことをしている自分」と認識していることです。



結局、話を聞かざる得ない状況になりますから、こちらの気持ちや状況が無視されてしまうと疲れますよね。


自分と比較して落ち込む



向上心がある人はどんどん前に進むため、まるで置いていかれている感覚に陥ります。




「そこまで行動できない」「そんな方法思いつかない」「やり切る力がない」と比較すればするほど自分自身にがっかりしてしまうのです。




このように「何でそこまで頑張れるの?」と劣等感を覚える方も少なくありません。



「やっぱり駄目な奴なんだな」と現実逃避に走ってしまい、余計に重い腰が上がらなくなります。




以下で仕事で現実逃避してしまう原因と解決策について解説しているので、無意識にネガティブになっている方は参考にしてみてくださいね。




モチベーション・向上心が高い人&向上心の低い人の特徴とは



続いてはモチベーション・向上心が高い人&向上心の低い人の特徴についてです。



どのような違いがあるのか、向上心が高い人と低い人に共通するものを下記を中心に解説していきます。


  • モチベーション・向上心が高い人の4つの特徴
  • モチベーション・向上心の低い人の4つの特徴


モチベーション・向上心が高い人の4つの特徴



まず モチベーション・向上心が高い人の4つの特徴

  • 外交性が高く、好奇心が強い
  • 自分には成長の余地があると考えている
  • 失敗を失敗と捉えない
  • 同じことを繰り返すより工夫する



次節より1つずつ詳細をお伝えしていきます。

外交性が高く、好奇心が強い



1つ目の特徴は外交性が高く、好奇心が強い人は躊躇なく新しいことにチャレンジします。



チャレンジすることで新しい景色が見たい、もっとスキルを身につけたいなど現在の立ち位置からどのように行動すべきかを考えているのです。




さらに他人の観察能力が高いため、必要な情報を手に入れるためにどんな人とでもコミュニケーションが苦になりません。


自分には成長の余地があると考えている



2つ目の特徴は自分には成長の余地があると考えていることです。



なぜモチベーション・向上心が高いかというと理想の自分像があるからですよね。




そして叶えたい自分がいるということはまだまだこれからやれることがあると気付いています。



「まだ」という言葉を口癖にしてして、自分に満足していません。

失敗を失敗と捉えない


3つ目の特徴は失敗を失敗と捉えないことです。



多くの方が仕事やプライベートで失敗してしまうと「やってしまった」と肩を落としますよね。



一方で、モチベーション・向上心が高い人は「うまくいかない方法が1つ見つかった」と考えます。




捉え方によって起こった結果の良し悪しが変わっていくのです。


同じことを繰り返すより工夫する



4つ目の特徴は同じことを繰り返すより工夫するです。



例えば一般的に同じことを日々繰り返すことを努力と言う人もいますが、これは進化しているわけではないので努力とは言い難いでしょう。



自分が行った行動や方法にどのような結果をもたらすのかを見たいため、様々な工夫を凝らします。




理論が正しかったのか、間違っていたのか検証してエビデンスを取りデータを経験値として蓄積していくのです。


モチベーション・向上心の低い人の4つの特徴



続いて下記のモチベーション・向上心の低い人の4つの特徴について紹介していきます。


  • 「けど」「でも」「だけど」「もう」の否定文から入る
  • 他力本願で自己責任感がない
  • 現実逃避をして被害者でいる
  • 客観的に判断できず、同じミスを何度も繰り返す


「けど」「でも」「だけど」「もう」の否定文から入る



モチベーションが低い人は新しいことにチャレンジすることを望んでいません。




基本的には想定できることの連続で満足なのです。



向上心が高い人が提案してきたとしても 「けど」「でも」「だけど」「もう」の否定文でやらない理由を作りたがります。



自分のテリトリーからは出たがらないので、一生懸命アドバイスをしたとしても自分流のやり方で物事を進めていくでしょう。

他力本願で自己責任感がない



向上心が低いと問題やミスが起こった際に、外的要因に目を向けがちな人が多く見られます。




「まぁこうなったのは仕方ないよね」「上司の教え方が悪い」「環境や仕組みが甘い」など自分で頑張れない分、何かのせいにして納得しようとします。



また成長することを求めていないので、上手くいかせるための工夫を思案することも少ないでしょう。



本来全て自己責任なのですが、自分でない誰かに目を向ける方が楽なことを知っています。


現実逃避をして被害者でいる



モチベーションが低いと「 どうせ自分なんて 」みたいにどこか投げやりです。




向上心が低い人に周りもよってきませんから、現実逃避に走る傾向があります。



なぜなら現実逃避すれば、原因を自分に向けて解決するための算段を立てなくて済みます。



その結果、部屋で落ち込んで「あーぁやっぱりダメやつだな、とりあえず寝るか」という具合に向き合わないので苦しむこともありません。


客観的に判断できず、同じミスを何度も繰り返す



向上心が低いと自己分析能力が低下してしまうため、なぜミスをしたのか根本を理解できてず何度も同様のミスを繰り返しがち。



向き合うことを基本的に避けるため、ポジティブな情報よりもネガティブな情報を好むため状況が好転しません。



「またぁ?」と言われるたびに自尊心が傷つき、「できない人」と自らレッテルを貼って行動するのです。


そもそもモチベーションが高いとはいったい何?意味は?



果たして何をもってモチベーションが高いと呼ぶのか疑問に思う方もいるでしょう。



そこで本章では「モチベーションが高い」の意味合いについて解説していきます。


「モチベーションが高い」を辞書で調べてみた



「モチベーションが高い」を辞書で調べてみると以下のような回答が見つかりました。



士気が高い・モチベーションが高い・やる気に燃えている・やる気が漲っている・やる気満々の意気込んでいる・高邁な志を持つ・野心的な上昇志

【引用】Weblio 辞書




モチベーションは「動機」を意味するので目指すべき目標を叶えるために邁進、突き進む精神状態を示します。



普通ならめげてしまいそうなことでも思考方法によってポジティブにもネガティブにもなることを理解しているので、前向きな情報に触れる方が多いでしょう。



仕事はモチベーションが高い人じゃないといけない?管理職が語る「低い人で問題ありません」



管理職の立場から言うと、ある条件を満たしてくれればモチベーションは低くても問題ありません。




継続的に成果を出し続けて会社に利益をもたらす社員であればモチベーションは関係ありません。




会社は利益を求めてる場所で、その利益の一部が社員に給料として支払われる仕組み。



逆にモチベーション高い人で成果を出せなければ、基本的には「考えていない使えない人」になってしまうのです。



モチベーションが低いと「ネガティブ」という印象を持たれるかもしれませんが、捉え方を変えたら悪いことではありません。








ネガティブな方は不安や心配など悪化した状況を想定しますが、「リスク回避」能力が高いです。





私自身、管理職をやっていますがモチベーションは低い方だと言えます。


  • 出世なんて考えたこともない
  • 趣味や生活のためのお金を稼ぐだけの感覚
  • 仕事に喜びや感動を感じた記憶がほぼない
  • モチベーションが高い人を見ていると「うわぁー」と引いてしまう



こんな私でもなぜか最短で管理職に抜擢されていて謎です(笑)



もともとモチベーションがあって仕事を始めたわけではありません。



ただ、人に命令されたり行動を管理されるのが嫌だったので結果さえ出せば何も言われなくて済むし面倒なことに巻き込まれないと思っていただけです。




何か崇高な志がなくても毎日ダラダラと楽に過ごしてそれで幸せを感じるなら、それがその人の一番です。



わざわざ違う人のテンションに合わせて疲れていては本末転倒。



人に合わせてもらえる方が楽なので、結果だけは出しておくことをおすすめします。


モチベーション・向上心・やる気に頼らない3つの解決策



なんか今日は気が乗らない。あー面倒くさい。


やる気でないなー、モチベーション上がらない。


職場に一人はこのような人たち居ますよね。



でもその発想を持ち合わせながら仕事をするのは精神的にも疲れてしまいます。



本章ではモチベーション・向上心・やる気に頼らない3つの解決策について下記を中心に解説していきます。


  • 仕事を習慣化させる
  • スマホの通知機能をオフにする環境作り
  • 1日のスケジュールを時間ごとに設定



仕事を習慣化させる


モチベーション、やる気によって「やらされている」「やりたくない」と思いながら仕事をするのは疲れますよね。



感情に左右されないためには仕事を習慣化させましょう。




朝起きて顔を洗う、外に出るために靴を履くなど日常生活でしていることに疑問を持たないですよね。



要するに考える余地を無くして、ただ目の前のことに集中する状態を作ります。





この超集中状態「ゾーン」の簡単な作り方
については以下を参考にしてみてくださいね。




スマホの通知機能をオフにする環境作り


LINEを仕事で活用されている方も多いですよね。



例えば以下のことでイライラしたり疲れることは無いでしょうか。


  • グループラインの返事が沢山通知されてウザイ
  • 自分に関係ない内容なのにチェックさせられる無駄さに疲れる
  • 休みの日もなりふり構わず通知がきて気が休まらない




このようにLINE、そしてどんどん入ってくるメールに目を通しているだけで精神的に追い込まれている感覚に陥ってしまいます。



確かに便利かもしれませんが、便利がゆえに使い勝手を間違えると集中できる環境が妨げられてしまうのです。



何度もチェックすることであれもやらなきゃ状態のマルチタスクになって余計なミスをしてしまいかねません。



基本的に「スマホ」「PC」の通知はOFF、チェックする回数は3回と決めておく。




LINE、メールのチェック回数をとにかく減らしてください。



シングルタスクにすることでモチベーション、やる気に関係なくただ仕事に没頭する状態を作ることが重要です。



LINEだからメールだからと「早く返信しなきゃいけない」ということはなく固定概念です。



1日のスケジュールを時間ごとに設定する



やる気やモチベーションで仕事の遅い早いが決まらないよう1日のタスクを時間帯ごとに分けましょう。



例えば「9:00-10:00はメール返信」「10:00-11:00はMTG資料作成」など学校の授業割のように設定していきます。


時間帯ごとにタスクを分けることで目の前のことを処理するだけの環境ができます。



感情に左右されるような仕事にはならないよう、ルーティンワーク化を図りましょう。



感情に左右されないタスクマネージメント術
については以下を参考にしてみてくださいね。





スポンサーリンク
スポンサーリンク




まとめ ~モチベーション・向上心を復活させたいならコレだけ意識して~



以上、モチベーション・向上心が高い人に疲れる心理とやる気に頼らない解決策について様々な情報を解説してきました。



一方でモチベーション、向上心の低下は日々の疲労感や精神的な何かではなく「単なる思い込み」という可能性もあります。



ですから裏を返せば考え方を少し変えればスイッチが入るということ。



「やりたくないな」と感じたら終わった後のご褒美について以下の3つを考えましょう。


  • この作業が終わったら〇〇ができる
  • この作業が終わったら〇〇が喜ぶ(人など)
  • この作業が終わったらどれぐらい楽になるのか




この3つを仕事や日々の取り組み時に意識するだけで、あなたの失われていたモチベーションが復活する可能性が高いです。



結局、面倒なことや嫌なことでも捉え、考え方によって自分にとって良い情報にも悪い情報にもなることを理解しておきましょう。

コメント