モチベーションを取り戻す方法とやる気が起きない・寝てばかりの心理とは

モチベーション
「涙も出ないくらい悲しいことがあってからモチベーションも気力も失った」

「仕事も生活も何もやる気が起きなくて、どうすればいいのか分からない」

「失ったモチベーションが復活する方法があるなら知りたい」



このように何もする気が起きなくて無気力な方がも多いのではないでしょうか。



もともとあったモチベーションが失われたら日々のメリハリも無くなって悲しいですよね。



そこで当記事ではモチベーションを取り戻す4つの方法について徹底解説していきます。




さらにやる気が起きない・寝てばかりいる3つの心理も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。



スポンサーリンク


やる気が起きない・寝てばかりいる3つの心理とは



モチベーションを失うとやる気も起きないですし、休みの日も寝てばかりな状態が続きますよね。



気付けばスマホだけいじって夜中になっているなんて経験がある人もいるのではないでしょうか。



そこでやる気が起きない・寝てばかりいる3つの心理について下記を解説していきます。



  • 現実と向き合うのがしんどい
  • 過度なストレスで追い込まれている
  • 頑張っても何も変わらないという思い込み



現実と向き合うのがしんどい



今の状態になった出来事と向き合うことはよりかなりのストレスで向き合うのがしんどいですよね。




嫌なことには誰だって蓋をしたい気持ちがあります。



しかも問題が大きければ大きいほど、解決もしづらく身体も何かしらの拒否反応が出ることも。



その精神的負担から避けるために気力が低下している可能性が考えられます。



もしあなたが現実逃避している自分を何とかしたいのであれば、以下の解決法を参考にしてみてくださいね。





過度なストレスで追い込まれている


仕事でも日常生活でも自分のキャパシティを超えてしまうと過度のストレスで追い込まれてしまいます。



実際に私も仕事のストレスで耳鳴りが鳴りやまず、ベッドから起き上がれなくて食べ物すらのどを通らない時がありました。



精神的な負担はやはり身体にも負担が来ますし、そんな状態でモチベーションなど考えられません。



特に完璧主義で真面目な人ほど、きちんとやろうとするためストレスを抱える傾向が強いです。



上手くいけばホッとするけど喜べない、上手くいかなければ自分を責めるのでは苦しいですよね。



ある程度の許容や自分を甘やかせるポイントは必要でしょう。


頑張っても何も変わらないという思い込み



「どうせ」「頑張ったところで」が口癖になっていないでしょうか。



恐らく元々頑張ってきた方が理不尽や不都合に苛まれて、ネガティブな情報を優先してしまうようになったのでしょう。



周りの人や環境によって「頑張っても何も変わらない」という思い込みがモチベーションを失わせてしまっています。



まるで今自分がいる世界が全てだと感じてしまう方ほど、この傾向が強いでしょう。




やはり良くも悪くも人は周りの影響を受けるので、自分の環境を見直す機会かもしれません。




例えば愚痴や不満を言い続ける同僚がいたとしたら無意識に脳はストレスを感じ、合わせ鏡のように同じような発言や行動をしてしまうのです。


仕事で完全にモチベーション・やる気が失せた6つの実話




結論から言うと、モチベーションを失う多くの原因は自己肯定感を下げる現象にあります。



実際に私自身、いくつかの出来事の積み重ねによってモチベーションが失われた経験があります。



そこで本章では仕事で完全にモチベーション・やる気が失せた6つの実話を紹介。



紹介する内容は以下の通りです。


  • 行動と報酬が見合わない
  • 周りとの温度差
  • 聞く耳を持たないワンマン経営
  • 手柄を横取りする先輩と上司
  • できない人に合わせる社風
  • 成果より好き嫌いで出世が決まる



行動と報酬が見合わない



仕事で突き詰めて頑張って成果を出したのにもかかわらず、行動と報酬が見合わないとモチベーションを失います。



業務量と責任の重さに釣り合わないと「何でここまでしたのに」と期待を裏切られた感覚になったことを今でも覚えています。


対価と報酬は必ずしもイコールではないということです。


立場ある職についていても平社員と給料があまり変わらないと分かった瞬間にプレッシャーや責任感が無下にされた気持ちになります。




頑張っても頑張らなくても給料が変わらない
と分かった瞬間に、残業したり休みの日も仕事の対応するのが馬鹿馬鹿しくなりましたね。


周りとの温度差


こうやったら仕事がもっと効率的になる、この方法ならこれぐらい成果が出るなど仕事ではアイデアを巡らせますよね。



ですが、周りは「別にそこまでやらなくていいでしょ」の集団でした。



同じ目線で話せる職場の仲間がいないというのは悲しいものです。



「〇〇だからできるのであって、こっちは無理だよ」とやってもいないのに諦められる姿と何度も見ているとこっちのやる気も徐々に削がれてしまいます。


聞く耳を持たないワンマン経営



「俺が決めたことだから」と聞く耳を持たない経営者は多いですし、正しい姿なのかもしれませんが、信頼がなければただのワンマン経営です。



実際にあった内容として業務上必要不可欠なものを勝手になくすと社長が判断したので、「それがなぜ必要なのか、無くなった場合の代案」意見を伝えようとしました。



時間を貰っていざ話をした際に「いらないったらいらないんだよ!」と説明もなく怒鳴り口調の始末。



いい大人が怒鳴って相手を委縮させようとしている姿を見るとさすがに引きます(笑)



話し合いにならず、否定されたからなのか図星だったのか、話をきちんと認識できない経営者に自分の生活が握られているかと思うと底が抜けたような気持ちになりました。



この人についていくのは止めようと決意した瞬間にモチベーションは無くなっていきますよね。


手柄を横取りする先輩と上司


恐らく同じような経験をされた方は多いかもしれません、手柄を横取りする先輩と上司にはやる気も失われますよね。



私の場合は以下のことを横取りされました。


  • 粘って商談した企業との契約を先輩の手柄にされた
  • 会社の半期プロモーションの企画書を提出した翌週、上司が考えたことになっていた
  • アイデアをt提案した際に、自分が考えたかのように実行する先輩



本当数えるときりがないぐらい何度も続いたのです(笑)



ずる賢さは仕事上必要ですが、人の物を奪ってまで成果を上げる集団と仕事をしている自分にもガッカリしましたね。



何か結果を残すたびに横取りされてしまってはモチベーションも何もなくなります。

できない人に合わせる社風


できない人にシステムや流れを合わせる社風の会社も多いかもしれません。




例えば同じ仕事をしていてA君がミスをしてB君はミスなく取り組んでいたとしましょう。



本来であればB君のミスなく取り組む方法にフォーカスすべきです。



ですが、A君がミスしないように仕事が構成され、A君に合わせた仕事のやり方に変えなければならないとなったら真面目にやっていた人は「何で合わせなきゃいけないの?」となります。



できない人のレベルに合わせて仕事の全体が変わって手間も増えると、工夫してやるだけ損な気持ちが芽生え始めます。



全体の底上げを図るのであれば、上手くいっている人を真似するのが一番なんですけどね。

成果より好き嫌いで出世が決まる



経営者や上司がどんな人間を横に置きたいかと言うと「快適に過ごせる相手」です。



例えば成果を上げて上司にこびない人間より、成果は上げられないけど上司の懐にはいる人の方が出世する確率が高いと言えるでしょう。



簡単に言えば飲み会に参加できる、上司を気持ちよくさせられる人が出世する傾向は高いですよね。




成果を出すことが評価を上げる近道と考えている人にとっては、成果を出してない人が出世してはモチベーションもやる気も失われてしまいます。



結局会社も人なので、成果よりも好き嫌いで報酬を決めることは多いです。



真面目に働けば働くほど、組織内で損をし続けてしまってはモチベーションもやる気も奮い立たせることは無くなっていきますよね。

モチベーション・やる気のなくなった人生からモチベーションを取り戻す必要性



私がモチベーション、やる気を失ったときに以下のことを毎日考えていました。


  • 人生楽しくないし、終わるまで長いな
  • なんかもう疲れたし、何もしたくない
  • 行動する気にもなれず、本気になれることも見つかれない
  • 毎日変わらない生活に一体何の意味があるのか
  • ダラダラとYoutube見てネットしてご飯食べて寝るだけでつまらない



何が面白くて嫌な仕事し続けなきゃいけないのかとモチベーションを失ったことばかり考えていました。


ですが、人生が面白く楽しくないのは世の中でも他人のせいでもなく自分のせいです。



周りの評価、周りの目、周りの環境、周りの人間など自分以外の様々なことに原因を求めていたんですよね。



それって結局、他人の人生を生きていることであって自分の人生を生きていることにはなりません。




そこに気付いてからというもの、モチベーションとやる気を低下させてしまう出来事の共通点を調べていきました。



自分の性格上何がモチベーションを下げてしまうのか分かったら、まずはモチベーションを下げない努力から始めていきます。



そして次に始めることはモチベーションを取り戻す仕組みづくりですね。




次節よりモチベーションを取り戻す方法について徹底解説していきますので、最後まで読むことをおすすめします。


実話!モチベーションを取り戻す4つの方法を紹介



モチベーション、やる気を失ったといっても元々は何かを頑張ったり真剣に取り組んだ経験があるはず。



結論から言うと失ったモチベーションを取り戻すことは可能です。



それでは最後に実際に私が失ったモチベーションを取り戻した4つの方法を紹介していきます。



下記の内容に沿って解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


  • 人生の「終わり方」を考える
  • 選択肢の基準をもって決断を減らす
  • 後悔の重さで物事を決める
  • 嫌い、ネガティブな人との時間を減らす



嫌い、ネガティブな人との時間を減らす



学生の頃は付き合う人間を「気の合う人」で選べたのに社会人になるとそうはいきません。



仕事によっては理不尽な要求をしてくる取引先、無理難題を押し付けてくる上司など付き合いたくなくても関係を持たないといけない人ばかり。



でも考えてみて欲しいのですが、嫌な人と関係を持つことを決めたのは自分です。




嫌な人やネガティブな人と関係を持たないと決められるのも自分しかしません。



そして会社の不満ばかり言っている、誰かの文句を言っているネガティブな人と一緒にいて自分の人生が豊かになることはないでしょう。



自分にとってネガティブでマイナスな情報は受け取りたくないですよね。



職場を変える、異動希望を出すなど良い環境を自ら選択していけばいいのです。




「〇〇があるから」と理由をつけて動き出さないと決めていることも自分であることを理解しておきましょう。



もし「職場は今のままがいいけど、どうしても人間関係が・・・」と感じるのであれば部署異動の希望の叶え方を以下で解説しているので参考にしてみてくださいね。






人生の「終わり方」を考える



人の人生が終わる際に後悔する多くの原因は「やらなかった」ことへの無念です。



人によって様々ですが、今の仕事ではなくやりたいことをやればよかったと思うケースが大半。



仮に今の状況のまま仕事も生活も進んでいって「人生楽しかったな」と心から思えるでしょうか。



もしそうでないのであれば、自分の人生の終わり方を設計することをおすすめします。



なぜおすすめするかというとポジティブな情報や発想に触れる機会が増えるからです。




ゴールを決めて逆算することで、現在足りないものを補うことに時間と労力を費やします。



どんな過ごし方をしたら笑って人生を終えられるのかを考えたときに、私の場合は以下のようなことを考えました。


  • 仕事する時間よりも家族と過ごす時間が多い方がいい
  • いつでも行きたい場所にいたい、もっと知らないことを沢山知りたい
  • 生活費のためにストレスを抱えてつまらない仕事をしない



このように幸せの定義付けをより明確にしていくことで、選択肢をはっきりさせます。



家族と多くの時間を過ごせる仕事を調べ始めたり、知らないことを知れる環境を求めたり、ストレスを抱えないための手段を探したり全ての行動が前向きになるのです。



自分の人生を自分で作っていく感覚が芽生えると、他人の目がどうでもよくなります(笑)


選択肢の基準をもって決断を減らす


生きていると日々多くの選択を迫られますよね。



迷って思い悩む、悩む時間が長いとどうなるかというと選択した後も後悔の時間が長くなります。


あっちを選んでいたらどうなったんだろう・・・



このように選択肢が多すぎて悩む時間が長くなるほど不幸になりやすいのです。



解決方法はシンプルで選択の基準を明確に決めておきましょう。



例えばミシュランのイタリアンレストランに行ってパスタが10種類あるとしましょう。



どれが美味しそうかなと初見から悩むと好みに合わなかった時にガッカリします。



選ぶ基準を3択から5択ぐらいに絞りましょう。




以下のような基準を持っておくと瞬時に選択肢がハッキリします。



  • 食べたことがないメニューにする
  • 彩の良い健康的なメニューにする
  • 本日のおすすめメニューにする



このように基準が決まっていれば、選択肢も減り後悔する振り幅も少なく済みます。


後悔の重さで物事を決める



モチベーションを下げてしまった原因の中に「後悔の重さ」があります。




例えば仮に告白して後悔するのと告白しないで後悔するのはどちらが後に残るでしょうか。



告白しなかったら「どうなっていただろう」と考えるでしょうし、もし相手が結婚していたら余計に「横にいたのは自分だったのか」などと後悔します。



人間関係でも仕事でも同じことですよね。



「あれを言えていたら」「あの時行動できていたら」と今こうなっていなかったと後悔の重さに比例します。



後悔の重さが少ない方を選択していくことで、モチベーションを低下させる原因を減らすことができます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




まとめ ~モチベーションより習慣化がはるかに大切~


以上、失ったモチベーションを取り戻す方法でやる気のなくなった人生を復活させた実話について様々な情報を解説してきました。



前途に解説した失ったモチベーションを取り戻す方法で今ではモチベーションに悩むこともなく自分のやりたいことを優先的にできています。



そもそもモチベーションっていつ必要かと言うと自分のやるべきことが見えた時と考える人が多いですよね。



ですが、習慣化さえできてしまえばモチベーションは別になくても問題ないです。



やる気がない時にどう習慣化できるかを考えることは非常に重要です。




つまりモチベーションがあるから行動できるではなく、モチベーションがなくても行動できる習慣化を身につけた方が落ち込んだりせずに精神的に安定します。



やる気に頼らない解決法についても以下で解説しているので、合わせて参考にしてみてはいかがでしょうか。






コメント