仕事のストレスで部署異動がしたい人が希望を叶える3つの伝え方とは

仕事
「上司や同僚と合わないので部署異動したいけど無理かな?」

「今の仕事が辛くて部署異動したいけど、理由はどうしよう」

「部署異動を希望したいけど、正しい伝え方が知りたい!」



当記事をお読みの方はこのようにお考えではないでしょうか。



今の仕事が合わない、人間関係が辛いなど様々な理由で部署異動を希望する方もいるでしょう。



そこで当記事では仕事のストレスで部署異動がしたい人が希望を叶える3つの伝え方について徹底解説していきます。

さらにやってはいけないダメな伝え方も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。





スポンサーリンク



仕事のストレスで部署異動がしたい人が希望を叶える3つの伝え方



「部署異動したい」という決意が固まったら、次にやるべきことは相手を納得させるための伝え方が必要になってきます。


「今の仕事より●●をやりたい」では話は通りませんからね(笑)


「その意図なら部署異動させて成果を期待したい」と思わせなければなりません。



まずは部署異動したい時の正しい3つの伝え方について下記を解説していきます。

  • 決算期や繁忙期は避ける
  • 異動先で貢献できる意図
  • キャリアジョンを明確に伝える


決算期や繁忙期は避ける


まずは部署異動を伝えるタイミングを知っておかなければなりません。

決算時期や繁忙期は目標に到達するかどうかの瀬戸際のため、避けてください。



様々な部署が最後の追い込みをかけているので、あなた自身もそのタイミングでは今いる部署で成果を挙げることに集中しましょう。


なぜなら結果や実力が伴わないと仕事を選ぶこともできないからです。


決算期や繁忙期が終わった後に、自身の将来や今後のプラン、組織の活性化について具体的にゆっくり話した方が効果的です。

異動先で貢献できる意図


異動先の部署に所属した際に自分が何ができるのかを明確に伝えましょう。


どのようにして会社の利益に貢献できるのかメリットを説明することができれば、上司を納得させることも可能です。



そのためには異動先の部署リサーチや必要なスキルがあれば事前に取得しておく必要があります。

キャリアビジョンを明確に伝える


会社という組織の中で、異動することによってどのようにキャリアアップしていくのか将来のビジョンをきちんと伝える必要があります。

その際、説明に必要なポイントは「組織」や「環境」についてです。



異動先の部署であなたがキャリアアップすることで、組織の活性化や環境の変化ができることが理想的ですね。

上司を納得させるためには「異動先の部署にあなたが必要である」認識を持たせることが重要です。


最悪?仕事で部署異動したい時の印象が悪くなる間違った3つの伝え方



続いて新卒や新人の方にありがちな印象が悪くなる伝え方について紹介していきます。


本音で話すことが悪いわけではありませんが、ネガティブな話だけで異動を希望するものではありません。


紹介する間違った3つの伝え方は下記の通りです。

  • 今の仕事の不平不満
  • 与えられた仕事で成果を出せていない
  • ただの願望で伝えない


今の仕事の不平不満



組織に所属していれば、仕事について様々な不平不満はつきものです。

  • 上司の高圧的な言い方が嫌い、合わない
  • 和を乱すあの人と仕事をしたくない、生理的に無理
  • 今の環境のままでは成長できないと感じている



確かに感じている本人からすれば事実なのでしょう。


ですが、このようなネガティブ発言ばかりではあなたが損をする結果になります。

上司は「異動先の部署でも同じことを言うのでは?与えらえた環境でうまくできないのかな」と判断してしまう可能性が高いでしょう。



それに不平不満は上司からすると面白い話ではありません。


適応能力がないと変な目で見られないよう、ポジティブで建設的な意見が望ましいです。

与えられた仕事で成果を出せていない


現在の部署でそれなりの成果を挙げない限り望んだ意見は通りません。

現在の部署での実績が評価され、周りからも仕事ができる人認定を受ける必要があります。



厳しい言い方になりますが、どんな部署も使えない人が増えて余計な仕事が増えることは迷惑です。


「一緒に働きたい人」になれば、会社も優秀な社員を放っておきません。

ただの願望で伝えない



部署異動することで会社にどんなメリットがあるのか、具体的なプランもなく、ただ「異動したい」では話になりません。

異動を上司を納得させるだけの熱量と客観性が必要です。



準備もできていない人をプロのリングにあげるトレーナーがいないように、会社も利益にならない人を異動させることはありません。


願望だけ伝えたのでは、ただの我儘になってしまいます。



取引先や営業時にプレゼンテーションするように、上司に移動を売り込むぐらいの熱意や真剣さが伝わる内容を持っていかないといけません。

ストレスで仕事が辛い!部署異動を希望するよくある3つの理由は?



続いて部署異動を希望する際のよくある理由について解説していきます。


基本的には仕事内容と人間関係の悩みによって異動を希望する方が多いでしょう。



解説する内容は下記の通りです。

  • 上司や先輩、同僚とウマが合わない
  • 今の仕事でこれ以上の成長が見込めない
  • 希望していた仕事と違う



次節より一つずつ詳しく解説していきます。

上司や先輩、同僚とウマが合わない


配属先の上司や先輩、同僚など仲間と合わないことは多い理由の一つです。



一人ひとり性格も違うため、合わないのも当たり前ではありますが、以下のようなケースの場合には共に働く気も失せるでしょう。

  • 自分のやり方や意図にそぐわないと注意し怒る上司
  • 揚げ足を取るように細かいことばかり指摘して人間性を否定する先輩
  • 嫌な仕事を押し付けて楽して点数稼ぎをする同僚



このような環境では、共に働いてもメンタルが潰されるだけですよね。


話し合いの中で解決できることもありますが、年齢を重ねれば重ねるほど頑固になり変わることは難しいでしょう。

相手が変わるのを待つ前に冷静に自身の環境を変えた方が心機一転頑張れますからね。


今の仕事でこれ以上の成長が見込めない



一つの業種で数年経過すると「これ以上はスキルの伸びしろが少ない」と感じ始める方も少なくありません。


もっと様々な職種で経験値を積みたいと向上心を持つ方に多い理由です。


例えば営業職を数年していれば提案やコミュニケーション能力、プレゼンテーション力が身に付きますが、携われる仕事内容に限界があります。


経理や人事、企画など活躍の場を広げることで持っているスキルが掛け算されていくと「替えが効かない」人になれるでしょう。

さらにマルチに活躍ができると転職時にも経験値の高い即戦力社員として重宝されます。


希望していた仕事と違う



入社前に希望していた仕事と配属されてみたら全く異なる仕事に就く方もいます。


本当は営業職がしたかったのに、人事や経理など人員不足の部署に配属されてしまうなど意外とよくあります。


学びたいことや成長したいことがあって入社したのに、思っていた社会人ライフが送れないとなれば部署異動を希望する方も多いでしょう。


ただ会社も適材適所で選んでいます。

配属理由など聞いてみて納得できることもあるかもしれません。



仕事の部署異動希望が通らなかった際の3つの選択肢とは



会社のタイミングや人員等、様々な事象の中で必ずしも部署異動の希望が通るわけではありません。


準備をしてきちんと説明したのに、希望が叶わなかったらがっかりするものです。


本章では仕事の部署異動希望が通らなかった際の3つの選択肢について下記を解説していきます。

  • 諦めずに期間を空けて再チャレンジ
  • 現在の仕事を頑張る
  • 転職を検討する



諦めずに期間を空けて再チャレンジ


期間を空けて諦めずに部署異動を伝えることで熱意と本気度が伝わります。

現在の仕事できちんと成果を出し続けながら、決算期や繫忙期を避けタイミングを見て再チャレンジしてみてください。



その行動や姿勢を見て上司も心を打たれ、部署異動を前向きに捉えてくれます。


現在の仕事を頑張る


異動願いが通らなかったとしても、やりたい仕事ではないとしても、現在の仕事を楽しめる道がないか探してみてください。

視点を変えてみると、今の仕事でも小さなやりがいや目標が見つかることもあります。



仕事の中で、自分が生き生きとしている瞬間を見つけていくことがポイントです。


また周りから褒められたことはあなた自身が見つけられていない長所です。



腐らずに仕事をやり続けることで、きちんとした評価を得ることができるでしょう。



さらに20代のうちに持っておきたい考え方を以下で解説しているので参考にしてみてくださいね。



転職を検討する



異動部署以外にやりたい仕事が1つもないのであれば、転職も視野に入れていきましょう。



異動できる可能性があやふやで分からなければ期待を持ちながら働いても叶わなかった時の反動は大きいものです。


過去にどのようなケースだったら異動ができたのか例を調べてみることをおすすめします。



またある程度年齢を重ねてからの未経験では採用も難しいものがあります。

未経験職に挑戦するのであれば、20代のうちに行動した方が賢明です。



もし転職を検討するのであれば後ろ向きな理由は絶対に止めましょうね。



仕事の部署異動のメリットとデメリットを把握しておこう



最後に仕事の部署異動のメリットとデメリットを解説していきます。


良い点、悪い点それぞれを見極めて部署異動願いを希望してみてくださいね。

3つメリット



まずは部署異動をする3つのメリットから紹介していきます。

  • 転職することなくキャリアアップが望める
  • 慣れた職場環境で未経験職にチャレンジできる
  • 今までの社内評価をもって異動できる



やはりメリットの大きな点は同じ会社で未経験職にチャレンジができ成長が望めることでしょう。


転職活動にかける時間や労力、ストレスを感じることもありませんし、同じ会社であれば仕事に対して大きなギャップも生まれづらいと言えるでしょう。


さらに今の評価そのままに部署異動が実現できるということです。



部署が変わったとしてもあなた自身が積み上げてきた成果や実績といった評価が消えるわけでありません。


一から自身の力量を証明する必要もなく、ある程度周りが性格や特徴を把握してくれた上で仕事に集中することができます。


またもしあなたが30代以降であれば中々未経験職で採用される壁は高いと言えるでしょう。



ですが、会社の今後を担っていく方であれば様々な経験を積ませてゆくゆくは上層部と考えるのが自然な流れです。

4つのデメリット



メリットが存在するということはデメリットも理解しておかなければなりません。


部署異動に伴う4つのデメリット
は以下の通りです。

  • 自分のペースで仕事を進めることができない
  • 既に固まった雰囲気の人間関係に飛び込む
  • 新しい仕事の専門知識を覚え即戦力にならなければならない
  • 給与や時間など勤務形態が変わる



デメリットとしては全ての業務において一からのスタートであるが、新人採用ではないため結果が求められることでしょう。


部署異動ができたということは何かしらの成果を期待してのことでしょう。


そして既に雰囲気が決まっている中で新しい人間関係を築き上げなけれいけません。


人によってはこのような環境の変化にストレスを感じてしまうことも少なくありません。



また全く違う職種に配属されることで今までの給与や時間形態が変わる人もいます。


例えば営業職から人事に異動されたときに、営業職時代に付いていた「営業手当」は貰えませんよね。

希望する異動部署によっては年収が下がることもあります。



スポンサーリンク
スポンサーリンク


まとめ ~部署異動が叶ったらゴールではありません~



以上、部署異動を希望する際の理由や伝え方について様々な情報を解説してきました。


部署異動を叶えるために「成果・評価・実績・熱意・ビジョン」の5つの要素があると上司も納得しやすいでしょう。


改めて部署異動を希望する際の正しい伝え方と間違った伝え方について振り返っていきます。


まずは正しい3つの伝え方です。

  • 決算期や繁忙期は避ける
  • 異動先で貢献できる意図
  • キャリアジョンを明確に伝える



続いて印象も悪くなる間違った3つの伝え方です。

  • 今の仕事の不平不満
  • 与えられた仕事で成果を出せていない
  • ただの願望で伝えない



自分本位な伝え方だけでは足りないことが分かりますよね。


会社や組織は利益を前提に動いているので、あなた自身の部署異動がプラスに働かなければいけません。


なぜあなたが部署異動をすべきなのか、その根拠をきちんとまとめた上で異動願いをチャレンジしてみてくださいね。

コメント