仕事ができない20代前半・後半の人が30代までにやるべき3つのこと

仕事
「仕事ができない20代前半はどんなことを仕事で意識すればいい?」

「仕事ができない20代後半は将来に向けてどう考えて行動すべき?」

「30代までに何をすればいいのか知っておきたい!」



このように20代の仕事の過ごし方について危機感を感じている人も少なくありません。


徐々に周りとも差が出てきて、30代40代に向けて焦りも出てきますよね。


そこで当記事では仕事ができない20代前半・後半の人が30代までにやるべき3つのことについて徹底解説していきます。


さらに仕事ができない20代前半・後半の人が持つべき3つの考え方も紹介しているので参考にしてみてくださいね。



スポンサーリンク



仕事ができない20代前半の方が持っておきたい3つの考え方とは


結論から20代前半は個人能力への投資に力を注ぐ期間です。


学生時代から新しい環境に飛び出して、責任も伴う中ですぐに仕事ができないのも当たり前です。


それでは具体的な仕事ができない20代前半の方が持っておきたい3つの考え方について下記を解説していきます。

  • 貯金より自己投資
  • 稼げるスキルを見つける
  • 失敗は経験を凌駕する


貯金より自己投資


20代前半でやっておきたい一つ目のことは自己投資です。


将来のために堅実に貯金をしたい方もいるかもしれませんが、先々を見越した行動が大事。

知識や技術といった自分へのスキルに投資することでそれ以上の対価を得ることができます。



なぜなら終身雇用時代が終わり、会社が生涯にわたってあなたの面倒を見てくれるわけではないからです。


貯めるにしても少額の資産運用などにチャレンジすることで将来のリスクを軽減できます。


そしてスキルは誰にも盗むことができない唯一の財産です。

毎日Youtubeを見続けて10年過ごすより、1日30分でも知らないことを学んで過ごす、どちらを企業が採用したいでしょうか。


あなたの人生を豊かにする洗濯はどちらかと聞かれたら明白ですよね。


昨日の自分より明日の自分が少しでも成長できている感覚を持っておきましょう。


稼げるスキルを身につける


20代前半でやっておきたい二つ目のことは稼ぐスキルを身につけるです。


稼ぐ柱を一つの会社にしておくのはリスクが高いと言えます。



かつては大きな企業に勤めていたら安心という時代も、いまや自分自身のリスクマネジメントが必要な時代。

稼げる方法がいくつかあれば、会社に固執する必要もなくなります。



資産運用でお金に動いてもらうも良し、副業をコツコツやって本業と同じぐらい稼ぐも良し、稼ぐ力を身に身につければ働く場所は問わないのです。

勤め先の業績が悪くなれば、会社もあなたを守ることができません。


大手企業も副業を推奨しているぐらいです。


言い換えれば大きな会社であっても「何かあれば守れません」と伝えているようなものです。


予めあなたが準備をしていれば、稼ぐ力を身につけてさえいれば、選択肢に困ることがありません。



また既に転職を検討されている方は転職のメリット・デメリットを以下でまとめているので参考にしてみてくださいね。



失敗は経験を凌駕する


20代前半でやっておきたい三つ目のことは失敗は経験を凌駕するです。


あなたの先輩や上司との経験の差は挑戦した数でしかありません。



20代の特権は「失敗してもフォローしてもらえる」こと。

能動的に動くことで経験という財産を手に入れることができるのです。



失敗ができるのは挑戦できる人だけで、あらゆることに経験が蓄積されていくと新しいイノベーションが起こります。

失敗の経験は上手くいかない方法を人よりも知っているということ。



失敗が恐いと受け身になっている方も多いですよね。


失敗はうまく行かなかった方法が1つ見つかった、次の対策ができる貴重な情報であることを理解しておきましょう。


詳しい仕事の組み立て方・ゴールまでの向かい方について以下のまとめを参考にしてみてくださいね。



仕事ができない20代後半の方が持っておきたい3つの考え方とは


20代後半になると30代、40代に向けたステージの変化が訪れます。


「このままじゃいけない」「何か変わらないと」
と漠然とした焦りを頂いている方もいるでしょう。


では仕事ができない20代後半の方が持っておきたい3つの考え方について下記を解説していきます。

  • 人生の目標を逆算する
  • 責任あるポジションや役職を経験しておく
  • 新しいことにチャレンジするための資金を貯めておく


これからのキャリア、社会人としてどうなっていけばいいのか悩んでいる方は必見ですよ。

人生の目標を逆算する


まずは自分の人生の終着点、何を得てどうなりたいのかの目標を立てていきましょう。



分かりやすいところで言うと、30代半ばで年収1000万欲しいとしましょう。


会社に入社してから昇給額も大方分かってきてますし、現在の職場で難しいのであれば転職や企業も視野に入ります。


こうなりたいという目標に対して自分の行動を逆算していくことで現実にさせていきます。


1日の行動の積み重ねが未来を創っていくことを意識しておきましょう。



キャリアビジョンの考え方や作り方
については以下でまとめているので参考にしてみてください。


責任あるポジションや役職を経験しておく


あなた個人を証明しやすい責任あるポジションや役職を経験しておくことをおすすめします。


いざ転職活動をした際に履歴書にも書けますし、即戦力として貢献してくれる人と見られるメリットもあります。

中途採用で重要視されるのは「すぐに活躍してくれるか」という即戦力人材です。


人柄で見てくれる会社もありますが、年齢が上がれば上がるほど経験がものを言います。


ただ役職には席数が決まっているので、全員が責任ある立場を経験できるわけではありません。


その場合は、携わった大きなプロジェクトや自分の頑張りで利益を上げた内容など個人の成果についてフォーカスしていきましょう。

あなた自身のプロフィールを作成できることで、市場価値を高めていきましょう。



個人の価値が高まれば仕事をもっと自由に選ぶことも可能です。

新しいことにチャレンジするための資金を貯めておく


20代後半になると、基本給も上がってくるため生活に少し余裕が出てきます。


良いところに食事に行ったり、洋服を買ったりと趣味や生活にかけられるコストを上げられます。


また反対に貯金額が少ない年代でもある20代後半。



30代以降、自分の人生の意義を考え新しい選択肢を見つけたときに資金がないと何もできません。



「お金がないから」と諦めなければいけない人生はまっぴらですよね。

いざ行動しようと思っても元手の資金がなければ貯金に時間を要します。


実際に私自身もやりたいことがあっても貯金が全くなかったので、2年間貯金に時間を使いました。


うるさい上司に従い、満員電車に乗ってお金のためと我慢するのは正直苦痛でしたね。


結局のところ、選択肢を増やすためには活動できる資金がなければ始まらないのです。


20代の仕事探し・転職の基準は?何してる?


20代の方がいざ転職しようと思った際に「みんな何を基準にどうしているんだろう」と周りの動向が気になる方も多いはず。


本章では転職を希望する20代の仕事探し・転職の基準について紹介していきます。


解説する内容は下記の通りです。

  • 話題性・盛り上がっている業界を選択
  • 未経験の職種や業種を選択
  • 専門的な自分の強みを作れる・活かせる環境を選択



20代が意識しているトップ
3
になるので、参考にしてみてくださいね。

話題性・盛り上がっている業界を選択


20代で転職するのであれば話題性・盛り上がっている業界を選択するのも一つです。


世の中の流れや社会の需要がある中で仕事ができることは早々経験できるものではありません。


多くの会社が何とか前年比を超えようとあるものから試行錯誤していきます。

盛り上がっている業界は資金も潤沢でやりたいことを実現させてくれる会社も多いです。



日常に「新しい価値」を生み出しライフスタイルの一部になりえる可能性も秘めています。


後悔しないための転職選択術
については以下でまとめているので参考にしてみてください。



未経験の職種や業種を選択


違う職種や業種に挑戦したいと思う20代の方は多いのではないでしょうか。


今まで経験したことがないこと、新しい環境はあなたの経験値や価値観を豊かにしていきます。


30代以降は経験値をもとにした転職が成功のポイントなので、自身の土台となる職種や業種を見極めるには20代は最適です。


専門的な自分の強みを作れる・活かせる環境を選択


既に専門的な知識をスキルを持っている20代であれば強みを生かせる環境を選びましょう。


またこれから一つの業界を極めたいのであれば専門的なスキルを学べる環境が良いでしょう。


知識や技術といったスキルを必要とする現場だどの業界や職種にも存在します。


社内には一つの業種や職種に精通した人間が少ないのです。


あなたが将来的に変えの効かない存在になってしまえば、日本だけでなく海外でもどこでも稼いでいけるでしょう。



20代の仕事は「がむしゃらに挑戦」「失敗を恐れない」こと!


30代40代と年齢を重ねたときに後悔することは「勉強」や「挑戦」です。

あの時もっと勉強していたらこんなことには・・・


若いうちから色々なことに挑戦してれば人生変わったかな~


このようにたらればの人生を過ごしている中高年層って本当に多いです。



「人生の時間は有限で貴重だ」ということを20代に意識していれば変化があった方もいるでしょう。

会社や誰かの愚痴を肴のエサに飲み会をしたり、行きたくもない会に参加する時間が果たして有意義と言えるでしょうか。



自分の時間を大事にできないと将来後悔する未来が待っているということです。



20代のうちは分からないことや経験したことないことを優先的に挑戦することをおすすめします。



年齢を重ねると色々なことに理由をつけて動きたがらない人が多いです。


20代のうちにその免疫があれば30代40代と年齢を重ねても、きちんと新しい価値観に蓋をすることなく共存していく道を選べます。


そして20代の失敗は「若さゆえ」で済みますが、30代以降はそうはいきません。


「何もしてこなかった人」と捉えられてしまいます。


挑戦した数だけ、あなたの生涯年収が変わると言っても過言ではありません。


20代で「仕事ができない」と悩んでいる人が30代までにやっておくべき3つのこと


学生時代が終わって社会人が始まると様々な課題や壁に直面しますよね。


「自分に向いているのだろうか」と悩み始めるタイミングとも言えます。


本章では20代で仕事ができないと悩んでいる人がやっておくべき3つのことについて下記を解説していきます。

  • 過去に人から評価されたことをピックアップ
  • 自分が成功してきたプロセスの方程式を知る
  • 時間と成果の価値を見つめ直す


過去に人から評価されたことをピックアップ


まずあなたがこれまで経験の中で人から評価されたものをピックアップしてみてください。


頭の中だけで考えずに紙に書きだすことがおすすめです。


「準備をしっかりしてくれて助かった」「計画してくれて面白かった」など学生時代から振り返ってみてください。


自分のことは予想以上に分かっていないものです。



他人に評価されたことは自分が気付かない「強み」であることが多いですよ。

ポイントは自分が勝てるフィールドで力を発揮していくことです。


自分が成功してきたプロセスの方程式を知る


「強みを最大限生かせる仕事を」というフレーズを耳にします。


目に見える専門的なスキルがあれば分かりますが、一般的な仕事をしている場合は分かりづらいです部分もあります。


強みを理解するためには今まで自分がうまくいった、成功してきた道のりを再確認しましょう。



ある過程が共通してあなたの成功を支えています。



例えば以下のような経験を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

  • 誰よりも早く行動はできている
  • その場を盛り上げるために率先してコミュニケーションを図る
  • 形にするために情報を徹底して調べる



このように日常的に行っていることもあなたにとって十分な強みであり過程でもあるのです。

過去に自分が成功してきたプロセスの方程式を知り習慣化させることで結果も付いてきます。


時間と成果の価値を見つめ直す


仕事が上手くいかない方の特徴として一つの成果に対して時間をかけすぎな場合が多いです。


例えば1時間かかってしまう仕事を30分で終わらせるために、できる工夫を徹底して考えます。


そうすることで1時間で一つだけだった仕事量が二つに増えますよね。


これが時間と成果の価値を見つめ直すということです。



あれもこれもで時間がないという方もいますが、時間を作り出すための工夫が足りません。


無駄なことはとにかく省く、同じ成果を出す回数を増やしていけば、どんどん新しいことにチャレンジすることもできます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク



まとめ ~今遊んで楽をするか、勉強して後で楽なるか~




以上、仕事ができない20代前半・後半の人が30代までにやるべきことについて様々な情報を解説してきました。


20代前半と20代後半とでは持ち合わせる考え方が異なります。



その期間の過ごし方によって人生をどうマネジメントしていくか変わっていくでしょう。


それでは当記事の振り返りをしていきます。


まず20代前半で仕事に持っておきたい3つの考え方はこちらです。

  • 貯金より自己投資
  • 稼げるスキルを見つける
  • 失敗は経験を凌駕する



続いて20代後半で仕事に持っておきたい3つの考え方です。

  • 人生の目標を逆算する
  • 責任あるポジションや役職を経験しておく
  • 新しいことにチャレンジするための資金を貯めておく



最後に転職を希望する20代の仕事探しの基準についてです。

  • 話題性・盛り上がっている業界を選択
  • 未経験の職種や業種を選択
  • 専門的な自分の強みを作れる・活かせる環境を選択



20代は最もチャレンジができる年代で、且つ30代以降の生き方を選ぶための準備期間とも言えます。


会社員だけが全てではなくなった今、働き方も多種多様です。


どのフィールドに身を置くことで人生を豊かに過ごせるのか、個人を高めながら納得いく選択ができることを応援しています!

コメント